絶版バイクス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年07月21日  comments (0)

先日、御前崎で行われた部品交換会に潜入したレポートは、前のブログでチラっとお届けしました。

今日はそこでゲットしたモノを少しご紹介します。

●ジャーーン!

写真を見て「ショボっ…」とか言わないでくださいよ!
見つけた瞬間、ものすごく嬉しかったんですから。

多分これはアメリカのバイク雑誌の広告で、一枚100円くらいで買いました。
古いバイク雑誌の広告ページって、その時代の世相や風俗が反映されていて、大好きなんですよね?。
で、これは僕の好きなBELL HELMETの広告。

BELL HELMETS SCORE 1-2-3 AT DAYTONA

100枚以上あった切抜きの中から、このキャッチコピーにひかれて思わず手にしたのです。


で、写真をよーーく見てみると、3台のマシンの中に絶版バイク好きにはピンと来るマシンが写っているのが分かりますか?

●ちょい拡大。

一番上の#2のマシンに注目。こ、これは…

ホンダマニアな方なら、もうお分かりでしょう。そう、これはあのCB750Rなのです!!


●ウーン、カッコイイ!

ライダーはもちろんディック・マン。彼もBELLヘルメット愛用者でした。

そうです、この広告は、1970年にディック・マンがCB750Rに乗ってデイトナ200マイルを制した時のモノなのです!
いやーなかなかいい物を手に入れましたよ、ワタクシ。フフフ。
ヘルメットはジェットタイプですが、モデルは何でしょうね?
500TXやMAGNUMかもしれないけど、年代的に初期RT(ROAD TRAIL)かもしれません。

●このときのCB750Rが有名なコレ。

ご存知タミヤの1/6スケールモデル<CB750RACING>は、まさにこの時の仕様であります。
このモデルの詳細は<絶版バイクスプラモ部 第4回>くらいでお届けしましょう。(第2回目もまだですが…)
因みに現在発売中のZeppan BIKES Vol.4でもレストアされたCB750Rの「走る姿」も掲載していますのでチェックしてください!


ところで、この広告では『表彰台のライダーはみんなBELLヘルメットだったぜ!』と誇らしげに謳っているわけですが、他のライダーは誰なんでしょう。そう思いつつ名前を見てみると、

●ウーン、これは!

1位はディック・マン、2位ジーン・ロメロ、3位ドン・カストロ。

アノ映画が好きな方なら、もうピン!と来たことでしょう。
3気筒のトライアンフ・トライデントを駆って2位・3位に入賞したライダーは、映画「On Any Sunday」にも登場した彼らなのです。

「On Any Sunday」の中では、69年のAMA GNCチャンピオンであるマート・ローウィルが中心となってドキュメンタリーが進行しますが、もちろんディック・マンやジーン・ロメロ、ドン・カストロも手ごわいライバルとして登場します。

連休中は部屋で「On Any Sunday」を垂れ流しにしていましたが、映画が始まって12分50秒過ぎのところで、白いツナギに銀のBELLを被ったディック・マンのライディングする#2 CB750Rが一瞬出てきたのを確認!(同じシーンにH1Rらしきマシンも!#88)
さらに開始15分過ぎ位のシーンでは、デイトナバンクを駆け抜ける#3 ジーン・ロメロのトラ・トライデントもしっかりと映されていました!
(DVDを持っている人はすぐチェックしてみてください!)

おっと、話がすっかり逸れてしまいました。

70年のデイトナをCB750Rで勝ったディック・マンは、映画を見る限り「BSAのライダー」という印象でした。
ダートトラックでもBSAに乗っていましたし、翌年のデイトナ200マイルでは、BSA ROCKET 3で優勝しています。
なんでこの時はホンダに乗っていたんだろう??

そもそもこのCB750Rは、アメリカの有力チームである「チームハンセン」が走らせてたらしいのですが、彼はデイトナだけの助っ人だったのかなぁ。
(不定期連載でお届けしているカワサキF9Rをデイトナで走らせたのも、チームハンセンです)
とはいえ当時のAMAで、ホンダがどういう体制でレースと関わっていたのかが僕にはよく分からず、詳細不明・・・。

何気なく手に入れた切り抜きでしたが、ひょんなところで引っかかり、ここ数日モヤモヤが取れません。
あーやだやだ。もうちょっと時間をかけて調べてみなくては。

話は変わりますが、ROAD RIDER誌の連載コーナー「AMAライダー列伝」で、↑に出てきたライダー達も過去に紹介されてたハズですので、気になった方は読んでみてはいかがでしょうか。


?オマケ?
同じ切り抜きの中に気になる広告を発見!

●こんなパーツがあったんだ!

コレ、カンパニョーロです。こんなカスタムパーツを作ってたんですねぇ。

カンパってマグホイールしか知らなかったんですが、こんなハブASSYもあったとは。
実物を見たことはないけど、きっとキレイな形をしてるんだろうなあ。
「俺のバイクにつけてるぜ!」という方がいらしたら、ぜひ拝見したいのでツチヤマ宛に連絡くださーい。






コメント一覧

コメント投稿




雑誌紹介

絶版バイクス絶版バイクス

「モト・メンテナンス」誌スタッフが送る、新コンセプトの旧車専門誌。70〜90年代まで多くの愛好家を魅了した「あの時代のバイクたち」と末永く付き合うために不可欠な情報を掲載。大型空冷4発はもちろん単気筒、レーサーレプリカ、原付2種、トレールなど魅力の絶版車ワールドがここに。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ