絶版バイクス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年06月20日  comments (0)

みなさん、こんばんは…。若干疲れ気味のツチヤマです…。

昨日はZeppan BIKES Vol.4の取材や挨拶回りで朝から愛知に行っておりました。日付が変わる頃に編集部へ戻ってきたのですが、ご挨拶に伺った絶版系バイクショップさんでとても面白いものを見つけたので、みなさんにお伝えしようと思います。イヤ、マジすごいっスよ……



まるで真夏のような日差しが照りつける中、向かったお店は名古屋市天白区にあるコンボイさんです。コンボイさんはZやCBなど、特に70年代の国産ビッグバイクに強?いお店ですが、ビックリするほど極上車両がたくさん並んでいます。
●お店はこんな感じ。

目の覚めるようなグリーンとイエローのショップは目立ちます。
というか、すでにかなりアヤシイバイクが写っていますねぇ。

●近づいて見てみましょう。

ウヒョー!!日本では珍しいCB750Kのチョッパーです!! しかもマネキン付き。なんだコレ??

のっけから度肝を抜かれました。普段のコンボイさんのラインナップからは全く想像できない車両です。
一体なぜこんなチョッパーが……とは思いながら、近くにいたスタッフさんに「変わったマネキンですね、コレ」と声をかけたところ、信じられない返事が返ってきました。



『それ、タンクですから』

エェェーーーッ??

●おっしゃってる意味が全く分かりませんが…

これってフレームにマネキンを寝そべらせているだけじゃ?

『イヤイヤ。よーく見てください、そのマネキン』

●あぁぁぁっ!

ちょっとセクシーなレディの胸元には丁寧な彫金が施された丸いフタが。
これは紛れも無くタンクキャップ。んじゃガソリンはこのレディの上半身に注がれる仕組み?

●ホントだ……

背中に燃料ホースが…

身体をかがめながら、給油口の真裏つまりレディの背中にあたる部分を覗くと、ちゃんと燃料ホースが取り付けてあるじゃないですか。
もちろんそのホースはキャブレターへと接続されています。

そうです。このマネキンレディは、フレームに寝そべる単なるオブジェではなく、れっきとした車体構成部品だったのです! 

「んじゃ、ライダーはどこに座るの?」
そう思った方も多いでしょうが、もう一度写真を良く見てください。
みなさんの推測通りですから。

●ポジションを確かめてはみたいけど…

別にコレで街を流そうってワケじゃないけど、躊躇してしまいます。

●でも勇気を出して跨ってみました。

誰ですか、こんなマシンを考えたのは。



以前からアメリカ人はどんなバイクでもチョッパーにしてしまうとは聞いていましたし、実際にそういう車両を見かけたこともありました。しかし、跨るだけで赤面してしまうチョッパーは初めてです。
そもそもなぜコンボイさんがこんなチョッパーを? そう尋ねると社長の志賀さんは

「明日から名古屋ノスタルジックカーショーに出展するんだけど、普通の車両だけじゃあちょっとねぇ。こういう車両を持ち込んでも面白いでしょ?」

と。なんでもカリフォルニアから日本に入っていたというこのチョッパーを、展示に合わせて入手したらしいです。いやーみんなに楽しんでもらおうっていうノリが最高です! きっとみんなビックリするんだろうなぁ?。特にCB750Kのオリジナルを愛する方々がこのチョッパーを見たら卒倒しそうですが、ここまで突き抜けたカスタムならアリでしょう。笑 

おそらく70年代のアメリカで製作されたであろうこのチョッパー(ビルダーは不明です)、細部までかなり手間をかけて作り込んであります。エンジンやキャブ、クランクケースは綺麗にバフがけされているし、ヘッドカバーやスプロケカバーにも手の込んだ彫金が施してあります。
また、オールドスクールスタイルに精通する方が見れば、「おおー!」と思うパーツが沢山付いているかもしれません。僕には何一つ分かりませんでしたが……。

とにかく、気になる方は是非とも「名古屋ポートメッセ」を訪れてそのディテールを確かめてください。『名古屋ノスタルジックカーショー』は日曜日までやってますよ!
 
■名古屋ノスタルジックカーショー■
■開催日時■2009年6月20日(土)?21日(日)10:00?17:00
■会場■ポートメッセ名古屋 2号館
愛知県名古屋市港区金城ふ頭2-2
ポートメッセ名古屋 名古屋市国際展示場
■Tel■ 052-398-1771
■主催■BP名古屋ノスタルジックカーショー実行委員会
■入場料金■ 当日2,000円


?おまけ?
●レディの着衣もビンテージだった!
このCB750Kチョッパーは、その佇まいもビンテージ感にあふれていますが、車両のハイライトであるマネキンレディの着衣もやはりビンテージなのでした。

●ジーンズは何気にBIG E!

【左】非常に見ずらいのですが、BIG Eでございます。
【右】もちろん赤耳。

かろうじて残っていた紙パッチを見ると数字は「50」で切れていました。もしやXXか!?と思ったのですがフロントを見るとZIPでした。たぶん505Eではないかと。
ちなみに、このマネキンレディですが、ショーの会場では少しお色直しをして登場するそうです。楽しみです!



コメント一覧

コメント投稿




雑誌紹介

絶版バイクス絶版バイクス

「モト・メンテナンス」誌スタッフが送る、新コンセプトの旧車専門誌。70〜90年代まで多くの愛好家を魅了した「あの時代のバイクたち」と末永く付き合うために不可欠な情報を掲載。大型空冷4発はもちろん単気筒、レーサーレプリカ、原付2種、トレールなど魅力の絶版車ワールドがここに。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ