バージンドゥカティ編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年06月17日  comments (2)

さてはて、ドゥカティのニューモデル『ストリートファイター』。
先日、ドゥカティジャパンから車両を借り出し、ロケをしてまいりましたよ。
んでもって、私もその片鱗を味わわせてもらったのですが…!
うひゃー、これがドゥカティの街乗りバイクなのか!

詳しくは7月24日発売の『DUCATI BIKES 04号』にて、八代俊二さんのインプレッションとともに詳細をお伝えしますが、僭越ながら私がその初印象をお伝えするとですね…。

エロいっす。
これは男を磨くためのバイクですね、きっと。

なので私にとってはヤスリのようなもので、あちこちがヒリヒリしてます。
…なんて書くとまるで転んであちこちが擦過傷みたいだけど、そんなことないですよ。


というようなことを感じたこの日のロケの模様はこんな具合。
天気はイマイチでしたが、なんとか雨が落ちる前に無事終了しました。
ストリートファイターにヤスラれちゃった私は、いまライダーの間で大流行の兆しを見せているエアバイク『BHOONS』で悔しさをまぎらわせてるのです。
ぶぅ?ん!
とにかくすんごいバイクなのです。

コメント一覧

ゆうぽさん

06月20日(Sat)

09時29分

ロケ隊に出会って、ステッカー貰いたいです!
この路上での写真を見て、前々から思っていたことがあるんですが、やっぱバイクは走っている姿が一番いいと思うんです。中学生の頃から読んでいた2輪誌が10数年くらい前から大したインプレッションも書かずに停まっているバイクやエンブレムなんかの写真をデカデカと記事に載せるようになったんですよ。読むべきとこがない&想像力を膨らませる写真が無いみたいな。バイクが普段止まっているのが、当たり前の物ならばそんなんでもいいでしょうが、やっぱ走っている姿が最高にカッコイイと思うんです。
いろいろな意見の人がいるのでしょうが、僕はそんな写真を見たくて買ってる訳じゃなかったんですよ。バイクに乗れない中学生の頃から大型に乗っている今でもその記事を読んで、バイクが走っている姿の写っている写真を見て、想像するのがとても楽しいんです。だからインプレッションでのバイクの姿勢変化や路面から伝わる印象やそのバイクから見える景色やらエンジンの感触やらバイクで走った道であったことやらもろもろ知りたかったんです。
ただのひとりの読者の意見ですし、好き勝手なこと書いてしまいましたが、つまりは、ドカバイクスにはマンゾクしているっつーことです。編集の皆さんにはできれば、毎月ドカバイクスの締め切りに追われてもらいたいところですが、季刊発行だからこれだけの内容が保てるのかもしれませんね。
これからも読者の想像力と好奇心とバイクに乗りたい衝動をかき立てる専門誌を作ってください、超!期待しています。

ヤマシタ@DBさん

06月22日(Mon)

00時19分

ゆうぽさん、はじめまして。
ご意見、ありがとうございます。
やっぱりバイクは走ってナンボです。走りの写真は欠かせませんね。
このエントリーに使った写真は、ロケ中にスタッフのダン君が撮影したものです。
もちろん、誌面ではズバッとワインディングを駆け抜けるストリートファイターの写真をドカーンと載せますよ?。
ライダーは八代俊二さん、撮影は大谷カメラマンですからもう言うことなし!のカッコいい写真になってます。
ご期待くださいねー。


コメント投稿




雑誌紹介

VIRGIN DUCATIVIRGIN DUCATI

「ユーザーとバイクとの関わりを通じて、ドゥカティの魅力、おもしろさを伝えたい」とウェブサイトから飛び出した雑誌版 VIRGIN DUCATI。各企画にドゥカティオーナーが愛車とともに登場&現行モデルラインナップ、ニューモデルなど、モデル情報も盛りだくさん。ドゥカティの「今」をお伝えします。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ