絶版バイクス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2008年10月23日  comments (5)

暑くもなく寒くもないこの時期はバイク系イベントがアチコチで開催されます。先日もこの先行われるイベントを紹介しましたが、ひとつ大事なものを忘れておりました!

それは11月2日(日)に東京は南青山、ホンダビルで行われる『カフェカブミーティング』です。これは名前の通り、スーパーカブからスポーツカブまで『カブ』と名の付くホンダ車が数多く集う、年に一度のカブ祭りなのであります。

 
左:言わずと知れたOHVのC100。今見てもオシャレなデザインです。
右:8月に受注生産にて発売を開始した『スーパーカブ50・50周年スペシャル』。お値段は20万4750円なりー。
50年もの歴史があるカブってスゴイですね。絶版好きな僕でも、スーパーカブだけは絶版になって欲しくない。

ご存知の通り、スーパーカブは1958年のデビュー以来、エンジン形式がOHV→OHCへ変更されたり、外装や車体周りに細かな変更を加えながら多くの人々に愛され、21世紀の今日でも新車で買えるという立派な現行車。でもカブシリーズの派生モデルの中には、とうに姿を消してしまった絶版カブも存在します。

きっと今度のカフェカブミーティングでは、そんなスポーツカブやハンターカブなどカブ系絶版車も数多く集ることでしょう。

つい先日、別の編集部のお手伝いでホンダ青山本社へ立ち寄ったのですが、1階のウェルカムプラザでは珍しいカブが展示されていました。それがコレ。↓

HONDA C310 1963

見た目はは『ツンダップ』とかのモペットなどに通じるデザインですが、とってもカワイイ?。
Rフェンダーの網はサリーガード?きっとママチャリなどに付いているスカートなどの巻き込み防止網ですね。

なんでもこのC310は日本の二輪メーカーでは初となる、現地法人による海外生産車とのこと。「へぇ??そんな時代から海外生産してたのか!」などと思っていたら、もう一台とっても珍しそうなカブがありました。

HONDA SUPER CUB C102<ロードスターキット装着車> 1967
 
左:うぉっ!見るからにスパルタンなデザイン。ピンッ!と跳ね上がったフロントフェンダーがカッコイイですね。
右:エンジンを撮ってみました。僕は昔のカブを知らないのですが、変わったキャブですね。コック一体式?

このカブも初めて見ました。車両解説ボードによると、アメリカ向けC100/C102に『カスタムキット』を組み込んだモデルらしいです。SS50風タンク・シート・サイドカバー・パイプハン・フェンダーを装備し1970年まで販売されていた、とのこと。スペックには4.5PS/9500rpmとありましたが、OHVなのに結構回るんですね。ちょっとビックリ。

ところで、上記2台の車両はカフェカブミーティング当日までホンダ・ウェルカムプラザ青山で展示しているようなので、お近くの方は足を運んでみてはいかがでしょう。多分写真も撮り放題(・・・のハズ)ですよ。

残念ながら僕は今までカブを所有したことはないんですが、昔から欲しいのはやっぱりCT110!

「なんだよ、結局は土系かよ・・・」とか言われそうですが、なんと言われようとCT110のスタイルは最高です。
オシャレ且つちょいスパルタンな雰囲気がイイですね。街乗りにはこういうバイクがいいんだろうなぁ。

改めてCT110のカッコ良さを確認しつつ、ホンダさんのWebサイトでCT系の歴史を紐解いていくうちに、ハンターカブの初代モデルを発見しました。いやーこれはカッコ良すぎ!

HUNTER CUB C105H 1963

もはやカブとは思えないほどスパルタンな雰囲気・・・。
UPマフラーのカッコ良さもさることながら、圧巻は超ビッグなリアスプロケ!!

タイヤだってトライアルユニバーサルではなくって、立派なブロックパターンのトレールタイヤです。さらにはフロントフェンダーを取り払われて、イカツさ満点。でもやっぱりカブだから?ちゃんとリアキャリアが(笑)。カフェカブミーティング当日はC105Hも来たりするのかな?。一度実車を拝見したいものです。

もしかしたら、このブログを読んでいただいている方の中にも、カブミーティングに参加される方がいらっしゃるかもしれませんが、道中はくれぐれもお気をつけてイベントを楽しんでくださいねっ。


では最後に、「OHVカブは欲しいが、今は無理だ!」という方のためにミニチュアを紹介しておきます。
EBBRO: http://www.ebbro.co.jp/index.html

スケールモデルマニアの方々の間では有名なEBBRO(エブロ)。精巧な作りも人気ですが、そのマニアックなラインナップには要注目です。ホンダ車はZ50Mに始まり、C100、CR110 カブストリート、CL72など60年代のホンダマニアにはたまらない車両が揃っています。四輪でもF1のRA272があったり・・・。巷では人気のモデルですから、欲しい人は模型店に問い合わせましょう。

<Zeppan BIKES>でみなさんに送って頂いた読者ハガキは全て読ませていただきましたが、意外と「模型やミニチュアが好きです」と書いてくださる方がいて嬉しかったです。実は僕もプラモ大好きなんですよねー。部屋には作りかけ・未組立のプラモが結構あるんです。今度機会を見て、「絶版バイクプラモ」でも紹介しまーす。



コメント一覧

naoさん

10月23日(Thu)

22時04分

はじめまして。
いきなりですが質問です。
やっと、待望のマッハを買おうと思うのですが、初心者なのでどこをどう見て買ってよいのやら・・・。
ポイントを教えて頂けないでしょうか?
宜しくお願いします。

たぐちさん

10月24日(Fri)

01時17分

naoさま
カブミーティングの話題の中でマッハ‥‥ 場違いのような気が‥‥ あわてないでカキコお願いいたします。
ポイントといわれても、正直、この場では書ききれません。
まずはバイクを買う前に「信頼」できる人探しをすることが、何より近道だと思います。慌てないで下さいね!!

たぐちさん

10月24日(Fri)

18時36分

いくつかのご意見書き込みをいただきありがとうございます。みなさん熱いです!! ゆうさんからは、以下のようなご意見が届きました(一部転載です)
「割り込み失礼します。マッハに限らず旧車購入にポイントなんか無いです。欲しかったら買うしかない。つぶれてたら直すしかない。出物が無かったら待つしかない。100台あれば100台とも状態が異なります。いくら出せるか、どこまで直せるか、いつまで待てるか。これによって買うものが変ってきます。」
まさに的を得ていますね。過去に苦労なされているのだと思いますが、私もその通りだと思います。他にもいくつかのご意見がありましたが、ほぼ同様の内容=アドバイスでした。絶版旧車好きの初心者さんにとって、参考になれば幸いです。みなさん楽しみましょうね!!

CBX研究所さん

12月03日(Wed)

00時20分

もしかしたら私の母親はスーパーカブ歴50年になるかもしれません。少なくとも40年以上はあるはずです。スーパーカブ一筋で何台乗りつぶしたか・・・。オドメーター一回りどころか数回りは当たり前。貧乏性のためか新車を買っても古いのをそのまま使って、新車なのに錆びだらけになるはバッテリーはだめにするわで・・・。実家に帰るとカブのオイル交換をするのが決まりとなってます。ちなみに我がH2はセンター火花弱い病にかかってます。原因がわからず、頭にきて点火系をダイナ3000(ヨークアッシー付き)に丸ごと交換しても直らず・・・?の毎日です。CBX(SIX)のエンジンも2台OH中のため大変なことになってます。

つちやまさん

12月08日(Mon)

20時35分

>CBX研究所さん
アハハハ。でも本人が意識していないだけで、カブ暦ン十年!という人は世界中にたっくさんいるんでしょうね。僕のおじいさんもずーっとカブ乗ってましたし、ゴールドラメ?のシャリーにも乗っていました。

H2の不調ですが、その後調子はいかがでしょうか??マッハのことは自分には分からないんですが、もしアレでしたら、モトメンテナンス誌宛に質問を頂いてもOKですよ。症状など詳しく書いて送ってくださいね?。


コメント投稿




雑誌紹介

絶版バイクス絶版バイクス

「モト・メンテナンス」誌スタッフが送る、新コンセプトの旧車専門誌。70〜90年代まで多くの愛好家を魅了した「あの時代のバイクたち」と末永く付き合うために不可欠な情報を掲載。大型空冷4発はもちろん単気筒、レーサーレプリカ、原付2種、トレールなど魅力の絶版車ワールドがここに。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ