絶版バイクス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2008年06月14日  comments (0)

 マッハなブログをお休みしている間に、白バイマッハ号とロケット☆マッハ号に関しては、試してみたいことをいくつか実践してみました。そのなかのひとつに、ロケット号の「マフラー交換」がありました。

↑薄っすらサビが出ているものの、凹みや腐りがまったく無く、程度抜群だったFBG製チャンバー。爆音ではなく静か過ぎることもなく‥‥ でもやっぱり目立つ音ですね。

 現在のマフラーはH2用カワサキ純正で、中古部品として購入したときは凸凹状態でした。それをベースに鈑金修理して再メッキを施し装着しています。色艶的には大満足の仕上がりですが、微妙な凸凹を取りきることができていないのが現状。仕方ありませんね。そんなこともあって、将来のためにドレミコレクションプロデュースによる純正リプレイスマフラー(数年前に数量限定で販売された商品)を、スペアパーツとしてゲットしておきました(ディーラー在庫だったものを購入しました)。

↑3チャン仕様にすると、メインスタンドが使えなくなるのが少々厄介。4スト4発絶版モデルでもそうですよね。せめてメンテナンス&磨き用にレーシングスタンドと言うか、メンテナンススタンドがあるといいですよね。

 そもそも、僕のH2-Aレストアベース車には3本チャンバーが取り付けられてきました。当初はどこ製? なのかわかりませんでしたが、最終的にはアメリカのFBG(ファストバイガスト)製だとわかりました。しかも表面に薄いサビが出ているものの、ほとんど走っておらず、マフラー内にオイルが薄っすら付いている程度。サイレンサーバッフルに巻きつけてある消音材にもオイルが染み込んでいない白い状況‥‥‥‥。そんなこんなで、その3本チャンバーを試してみたくなってしまいました。
 そこで取り付けてみたところ‥‥‥‥、


意外にも簡単にボルトオン!!(専用品だから当たり前と言えば当たり前ですが)完全にポン付けと言える状況でした。
 しかし、取り付け方法があまりにもよろしくありません。この取り付け状況は、デンコでもデンコタイプでもそうかと思いますが、チャンバーステーを直にフレームへ締め付ける仕様なんですよね。エキパイのマウントがフローティングだとは言え、ししゃものお腹の部分で干渉ポイントが無いとは言え、こんな状況だから振動でチャンバーにクラックが入ってしまう例が多いのではないかと‥‥ メーカーの設計指示通りに装着したいとは思いますが、これだけはどうにも気に入りません。明らかに要懸案項目ですね。
 そんなこんなで、とりあえずは3チャンを取り付けて走ってみましたが、このレポートは次の話題にして、ここではもうひとつのお試しである「集合管」についても触れておきたいと思います。


↑メッキタイプの中古ショート管をお試しで購入。低速域のトルクアップと軽くなった車体は特筆でしたが‥‥

 集合管というのは、4ストマシンなら当たり前のマフラーですが、2ストマシン用となるとかなり難しいのが現実だと思います。単に3イン1にしても速くなることは無く、膨張室の設計は相当難しいと聞いてます。
 僕の場合は、そんな「高性能化」への期待はまったく無く、「怖いもの見たさ!?」と言うか単純なる「興味本位」で集合管を試してみたいとは、かなり以前から(20数年前にH1-Dに乗っていた頃から)思っていました。高校生時代「マル走」な先輩が取り付けていた集合はものすごい爆音で、バッフルをカットしてあったように記憶している。しかし、もしもあのバッフルを詰めて消音効果を高めて普通に走ることができたら(パワーダウンは承知の助です)、僕としては嫌いな部類の音色じゃなかったんです。正直なお話。
 そこで、3イン1の中古ショート管を調達して試しましたが、結果的にはNGでした。まずはフツーに取り付けて走りましたが、爆音で近所迷惑間違いなし‥‥。次にグラスウールを巻いてみましたが効果無し‥‥。でも驚いたのは、クラッチミート直後から3000?4000rpm付近のトルク感はノーマルの比ではなく、もの凄く太くて乗りやすかった!! でも、5000rpmで頭打ち。ダメでした?。
 次に、消音を目的に様々なバッフルを自作しましたが、音量的な効果を得られないことが判明。僕なりの結論としては、おそらくチャンバー容量が少な過ぎるのではないか? もう少し容量アップすれば、どうにかなるのでは? という印象でした。


↑色々と試しては見ましたが、好結果には結びつきませんでした。ショート管は難しいですね。

 そんなバッフル改で走ってみましたが、やはり5000rpmで頭打ち。そこで、カスタム車を参考にエアクリーナーシステムを取り外したら、どうにか回るようになりました。抜けが良すぎる分、吸入空気量が圧倒的に少なかったのでしょう。いずれにしても、このショート管の採用はまったく考えてませんが、ジェントルな集合管があったら、是非、試してみたいような気がします。あくまで「怖いもの見たさ!?」的な発想ですが‥‥


コメント一覧

コメント投稿




雑誌紹介

絶版バイクス絶版バイクス

「モト・メンテナンス」誌スタッフが送る、新コンセプトの旧車専門誌。70〜90年代まで多くの愛好家を魅了した「あの時代のバイクたち」と末永く付き合うために不可欠な情報を掲載。大型空冷4発はもちろん単気筒、レーサーレプリカ、原付2種、トレールなど魅力の絶版車ワールドがここに。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ