モトメンテナンス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年05月07日  comments (4)



さて、先日のブログでGW中にエルシノアを・・・と予告していました。休みの日を有効に利用しつつ、洗車・フレームの補修ペイント・エンジン搭載を敢行し、最終日には試運転・近所ブラブラツーリングを行う予定でした。

まずは補修ペイント。家に転がっていたシャシーブラック(本当はちゃんとした塗料で塗りたかったけど、なんせ2本もあったので・・・)を数回に分けて吹きつけ。結局フレームを丸塗りするに近い作業でした。ただ、うす暗い駐輪場で塗ったので、明るいところで見るのが怖いっス。。

●結局ほとんどバラして補修ペイントを実行。

スイングアームを補修ペイントするのに、車載状態ではムリ。結局バラしました・・・。


この後、スキッドガードやエンジンハンガー、トルクロッドなど小物をプシューっとやって、いよいよエンジン搭載です!さて何分で積めるかな??

●軽いといえば軽いけど、重いといえば重いエンジン。

重さは30kgくらいですかね?ヘタすると腰をやってしまう重さかも。でもバイソンよりは全然軽い!

やる前は少し手こずるか?と思っていた搭載作業ですが、やりだすと10分足らずで作業完了。いやぁ?単気筒っていいなぁ! エンジンを積んだことで一気にテンションが上がり、始動に向けての本格作業に手を付けたのですが・・・。

結論から言うと実はまだエンジン始動できていません! 実は、ショボイミスをやってしまいまして・・・・。
というのも、昨日車体へハーネスなどの電装系をある程度車体に取り付け、さぁエンジン始動! ・・・でもその前に前日バラバラにした足周りのボルト類を増し締めしようと、フロント周りをチェック、リアアクスル周辺をチェック、そしてドライブスプロケットの固定ボルトをチェック。
いつものように10mmのTレンチでスプロケの2本のボルトを締め付けているとき、久々にやってしまいました。


●あちゃーー・・・

締めすぎてボルトを折ってしまいました・・・(泣)。 今までネジ切ったことなんてないのに!

うーん、自分ではそんなにきつく締めたツモリはなかったのですがねぇ。Tレンを持つ手にニュルッというかポキッというかなんとも言えないイヤ?な感覚が伝わってきました。でもドライブスプロケットは貫通穴ですんで、裏側にちょっとだけ顔を出したネジ部をプライヤーでつまみ、残ったボルトを抜き取りました。

●引き抜き完了。

あっけなく抜けましたが、あいにくこのサイズのボルトが手元にない!

正直、この時点で僕のテンションは一気にダウン。部屋や工具箱をひっくり返して一時間近く代わりのボルトを探しましたが結局同じサイズのボルトは見つからず。試運転は諦めるしかありませんでした(雨が降ってましたが、やるつもりでした!)。

ということで、エンジン試運転(オイルポンプのエア抜きも!)は今週末に持ち越しです。折ったボルトはしょうがないので純正部品を注文することにします。次こそは失敗しないように慎重にやらなくては。


??おまけ??
ボルトを折ってすっかり意気消沈した僕、「もうこれ以上作業は進まねぇよ・・・(気分的に)」と現実逃避気味にドリブンスプロケットを掃除していると、なにやら変なマークを発見!!

●な、なんじゃこりゃ!?

ペ、ペンギン??

なんとスプロケの表面に、かわいらしいペンギンが刻印してあるじゃないですか(笑)。よく見ると、ペンギンマークの下には『 sunstar.Inc 』の文字。おぉぉ、コレはOEMスプロケットで名高いサンスターのスプロケだったのです。

先ほど田口サンに聞いてみると、

「そりゃー70年代のサンスターのマークだよ。お前のは純正スプロケだな」

とのお答え。へぇ???なるほどネェ?。いわゆる現行のサンスターロゴしか知らなかった僕にはかなり驚きでした。それにしてもかわいらしいロゴだなぁ。

でも、ボルト折りのショックから立ち直っていなかったせいか、じーっと見ているとなんだか↓のように言われてる気がしてきましたよ・・・。










コメント一覧

ナカさん

05月08日(Fri)

17時49分

へぇ?かわいらしい!僕も知りませんでした。
山減って要交換でもこれ付いてたらちょっと
躊躇っちゃうかもw

つちやまさん

05月08日(Fri)

18時21分

ナカさん
コレ、むちゃくちゃカワイイですよね(笑)。ふと見ると和んでしまいます。田口サンに聞いたところ、このペンギンは『初期ペンギン』ではないか、とのこと。なんでも『後期ペンギン』になると、より簡略化されたデザインとなるそうです(笑)。

僕のスプロケももう寿命ですが、こんなロゴがあったら当然捨てられないので、交換しても取っておこうと思います。使い道はありませんが・・・。

かずきんさん

05月11日(Mon)

16時53分

いいですねぇ?、エルシノア!初めての投稿!!ですが、MT125を「美車」にする計画で早5年超・・・、全く進行の気配なし、されどフレームの補修ペイント完璧!も、EGは5年前のまま(ほったらかし)125ccでも、ペンギンいるんですかね?これからも参考にしてます。

つちやまさん

05月11日(Mon)

20時38分

かずきんさん
MT125をお持ちなんですね!エルシノア仲間ではないですか??。
しかし5年も寝かすと自分の場合ほぼ間違いなく元に戻せないと思います(部品紛失とかで・・・)。フレームの補修ペイントが完璧だなんて羨ましいです。今回はシャシーブラックでの塗り重ねですが、ダートを走ったら一発で剥がれるんじゃないかなぁ。
ペンギン、チェックしてみてくださいね!あまり役に立たないブログかもしれませんが、今後ともどうぞよろしくお願いします!(モトメンテナンス誌も!)


コメント投稿




雑誌紹介

モトメンテナンスモトメンテナンス

日々のメンテナンスから不動車の再生、そしてレストアまで「バイクいじり」を幅広くカバーするメンテナンス総合誌。あると便利な工具・ケミカルの紹介から、業者への発注の仕方、そしてアッと驚く工作テクニックまで、いじり好きの編集スタッフが自ら実践し分かりやすく紹介。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ