絶版バイクス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2008年10月15日  comments (14)


↑あらためて思いますが、写真映りってコワイですよね。一見ではピカピカですが、
現物はそれなりのヤレヤレ状態ですよ?

 AS3の「カブリ症状」原因のひとつと思われたのがエアエレメント。
絶版旧車オーナーさんの中には、パーツが見つからないから
汚れたままのエレメントを装着していたり、面倒だから取り外してしまったりなどなど、
そんな方が想像以上に多いのでは!? と思いますが、いかがです???
 そんなエアエレメントは「積極的」に修理&再生しませんか!!

ということで‥‥‥‥



AS3のエアエレメントを再生してみた。
使ったのはパーツ量販店で販売されていたパイパークロスという商品。
そもそもスポンジ式フィルターならば、旧パーツに近い形状でパターンを起こし、
それをホットボンドで接着すれば完成ですが、AS3は濾紙式フィルターだったので、
まずはエレメント本体をチカラずくでバラバラにして、
それをホットボンドで接着。スポンジ+金属でも、ホットボンドならば
強力に接着できるのでお勧めですね。

完成したエアエレメントで走行すると、
明らかに空気を多く吸って=深呼吸している様子が伝わって来る。


そして、全開走行試運転後にガレージに戻り、空吹かしするとマフラーから
黒い固形物が飛び出した!? もしやと思い確認すると、それはカチカチに乾燥したカーボンでした。
全バラ&磨き込み時に、マフラーのエキパイ内部は取り除いたつもりでしたが、
本体内部にはまだまだカーボンが溜まっているんですね。
そこで、マフラーが熱いうちに、ゴムハンマーでブッ叩き、
固着しているのであろう乾燥固形ガーボンを叩き落してみたところ、
出てくる出てくる!!
これもカブリ症状の原因のひとつだったと思われます。


ドラム缶の中でマフラーを燃やしてしまえば、おそらく固形カーボンは
ポロポロと出てくると思われますが、そうするとキレイなメッキがダメになってしまう‥‥。
あとはバイブレーターしかないですかね!? 
コンクリートの流し込みのときに使うようなバイブレーターで、
エキパイの中に入るようなサイズのものってあるんですかね?
そんなのがあれば、マフラー内はキレイになるのではと思ってますが‥‥
ちなみに、AS3のバッフルは何故か抜けない構造のようです。
バッフルの外し方をご存知の方、いらっしゃいませんか??
固定ボルトが無く、パーツリストにも部番設定が無いので
圧入なのか溶接なのか? 謎です‥‥


コメント一覧

みつまささん

10月15日(Wed)

14時26分

こんにちは田口様、あのカーボンの固まりは手ごわいですよね、私もウルフ90で悩まされました、出来るだけ全開で乗る様にして(自車の振動を利用して)適当なところでヨシとしましたが、CLOSE-UP2ストロークでGさんのH2のマフラーでやったワイヤー作戦?が利用出来ないでしょうか、ウルフは形状からして難しいけどAS3なら・・・。

たぐちさん

10月15日(Wed)

17時42分

みつまささま
こんばんは。情報ありがとうございます。
実は、↑↑↑のレポート内容以外にも、パイプ内洗浄用ワイヤーブラシを使ったり、播線でワイヤーブラシを作って押し込んだり、いろいろやってますが、やっぱりバッフルが抜けないのが大問題で、上手にブラッシングできませんね。無理やり引っこ抜いてブッ壊してしまっては、スペアパーツが無いですし‥‥。まぁ、たまにマフラー外して、落下した化石状カーボンをエキパイ側から抜き取ろうと思ってます。取り敢えず現在はフツーに走れるようになってますので、年内に原2ツ?召集かけようかとも‥‥ みなさんいかがですか???

sinさん

10月17日(Fri)

01時13分

こんにちは、田口様 以前ウルフのピストンリングを作った
SIN です。
私の所有しているAS3 は、バッフルパイプが、取り外せるようになっていますよ。
最中あわせのマフラーですが、いろいろあるのかな?
ただし、錆びて中で折れてしまっていますが
どうやって取り出せばよいのか?思案中です。

たぐちさん

10月17日(Fri)

06時01分

SINさま
AS3のバッフル外せますか?
国内仕様のパーツリストにもバッフルの存在が明示されていないのと、
マフラーエンドの内側に固定ボルトを抜き取るための穴はあっても、
その内部にボルトは無い‥‥ 僕の友人のAS3も同じ構造でした。
ちなみに輸出AS3は、AS2やHS90やRD125と同様、バッフルはボルトで固定されていて、パーツリストにもその存在がありますよね。
ん?、コマリマシタ‥‥

川口第3基地さん

10月17日(Fri)

09時38分

え?AS3のバッフルの構造を探るべく、切開したところ
バッフルは溶接?ロウ付け?されていましたよ!

たまには基地にお寄りくださいまし。
新ネタ有

たぐちさん

10月17日(Fri)

10時02分

やっぱり冶金的に固定されていましたか……
多分、ロウ付けですかね。
新ネタですか? また何か買っちまったのでしょうか???

たこんぶさん

10月20日(Mon)

17時54分

昔いた会社には大きな超音波洗浄槽があったのですが、
マフラーを超音波で洗ってくれる業者さんって
いないんでしょうねぇ。
洗浄剤と超音波を組み合わせれば落ちるような気が
するのですが。

たぐちさん

10月24日(Fri)

01時11分

たこんぶさま
いずれにしても、ロウ付けされたバッフルを抜き取らなければ、はじめの一歩に届かないですよね‥‥
メッキの程度が良いので、炙る気分にもなれませんし‥‥
やっぱり走り込みしかないですね。頑張ります!!

みつまささん

10月31日(Fri)

15時20分

田口さま、あるサイトに換気扇用のクリナーを利用する方法が出ていましたがケミカル用品(バイクように限らず)の中には良いものが有るかもしれないですね。

たぐちさん

11月01日(Sat)

06時41分

みつまささま
情報ありがとうございます。
どうやらすでにカチカチに乾燥していて、完全に固着状況のようですので、実走行でバイブレーションを与えつつ、ゴムハンマーでカッツンやって、地道に除去しようと思ってます。
ベットリ汚れ系ならば、アルカリ系洗剤を温めて流し込み(液の漏れ止めをして)、温度が下がらないような手段を取れば、イイ感じなのだと思いますが、それとて大変ですよね‥‥

みつまささん

11月02日(Sun)

11時11分

田口様、ホームセンターとかにある熱帯魚よう?のヒーターなんかどうですか、ある程度の温度を変えられるタイプもあるし、直接じゃなく水入りのビニール袋に入れて使うとか、上手くすれば他にもつかえるんじゃ・・・。

たぐちさん

11月02日(Sun)

16時42分

みつまささま
アイディアありがとうございます。温度は70℃くらいを保ちたいような気がしますので、お魚ヒーターではちょっと力不足のような‥‥。テキトウに頑張ってみますね?

goroさん

12月27日(Sat)

16時55分

はじめまして
僕が所有しているAX125のバッフルはボルト固定で、AS1やHS1と同じ構造で抜き取れますよ。
3台のAXを所有していますが、2台はボルト固定のため抜き取ることが出来ました。
もう一台は、近づけないので未確認ですが・・・

たぐちさん

12月27日(Sat)

18時55分

国内のパーツリストを見るとバッフル表記が無く、輸出だとHS-1/HS90と同様にバッフル表記がありますよね。そのボルト留めAS3は国内ですか? もしそうなら、種類があったんですね‥‥ 羨ましい!!


コメント投稿




雑誌紹介

絶版バイクス絶版バイクス

「モト・メンテナンス」誌スタッフが送る、新コンセプトの旧車専門誌。70〜90年代まで多くの愛好家を魅了した「あの時代のバイクたち」と末永く付き合うために不可欠な情報を掲載。大型空冷4発はもちろん単気筒、レーサーレプリカ、原付2種、トレールなど魅力の絶版車ワールドがここに。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ