絶版バイクス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2008年10月14日  comments (2)

みなさんこんにちはー。

先日、エルシノアが白煙モクモクマシンになってしまったことはお知らせしましたが、頼んでおいたオイルシールが今日手元にやってきました!!



クランクの左右両側のオイルシール、それと壊れてしまったフロントブレーキスイッチの配線、リアブレーキスプリングなどもついでに注文してました。いやぁー35年くらい前のバイクなのにこうやって重要なエンジン部品がメーカーさんから出るってホンットに嬉しいですね!ホンダさんありがとうございマース!これからもオイルシールの供給は是非是非お願いしますね。

ところでせっかく届いたオイルシール、クランクに使うシールは初めて見るので、一応形状を確かめるために袋を開けてみました。



右上のオイルシールはフライホイール側のシール。ここはミッションオイルの吸い込みには関係のない場所ですが、せっかくクランクまでバラすなら・・・ということでついでに交換する予定です。そして、左側の一回り大きなオイルシールがエンジン右側、懸案のオイルシールです。


まず袋を開けてから、オイルシールにある刻印を探してみます。シールの裏側を見ると、ありました、ありました。まずは懸案のエンジン右側のシールを確認します。


刻印には<FWJ 38 64 13.5 TS Ars D3>とありますね。

この数字についてはみなさんご存知の通り、オイルシールの呼び寸法です。このエルシノアのクランク右側オイルシールの寸法は「内径×外径×厚さ=38×64×13.5」という事になります。

お次はフライホイール側のオイルシールの刻印を確認。


刻印には<FPJ 25 55 10 TS Ars F8>とあります。つまり「内径×外径×厚さ=25×55×10」ということになります。


続いてリップの形状も見てみます。まずはクランク右側のオイルシール。

シール全体は黒いゴムなのですが、リップ(山になっている部分)の色が茶色くなっています。これは耐摩耗性か何かを考慮して表面処理がなされているのでしょうか??

写真の向かって右側がクランク室側で左側がクラッチカバー側となります。両端に茶色い山が確認できますね。


お次はフライホイール側のオイルシールリップ。

おっとこちらは茶色いリップが一つしかありませんね。

こちらのシールは向かって右側、茶色いリップのあるのがクランク室側で、反対側はフライホイール側です。ということは、茶色くなっているリップがオイルに対するリップということみたいですね。因みに、フライホイール側のリップ裏にはスプリングも付いていませんでした。


ところで刻印にはそれぞれ、FWJ・FPJという記号がありました。これはオイルシールの型の呼び名のようです。刻印のArsをヒントに調べてみると、オイルシールメーカーの荒井製作所さんにたどり着きました。このサイトではオイルシール種類や型番(おそらく荒井製作所での呼称)の一覧がありました。

そこでFPJ型オイルシールについて調べてみると、「AFシール」というところに分類されていました。
そこには下記のような特長が明記してあります。
●特長
AF付・ちりよけ標準型
AF:四フッ化エチレン樹脂

●用途
高温・高速回転用
圧力用・低トルク

オイルシールはその用途によって物凄く沢山の種類があり、それぞれ形状や特長が大きく分かれているのです。へぇ?なるほどね?。もしかしたら茶色くなったリップのことを<AF>と呼んでいるのかな??そうは思ったものの、その真相は分からず。そして茶色いリップが二つ装着されているFWJ型(クランク右側)について調べてみましたが、このサイトではその記述を見つけることができず・・・。「茶色いリップが二つだから、Wって文字があるのか?」とも思いましたが、確証を持てず。

残念ながらサイトを確認するだけではFWJ型オイルシールの特長を調べることはできませんでしたが、現物を見る限りオイルシールの表と裏両側にFPJ型の特長を持つのがFWJ型ではないのかな、と自分では想像してます。

ま、とにかく新しいオイルシールも手に入れたことですので、はやくエンジンをやっつけてしまいたい!と思ってはいるのですが、実はまだクランクケースセンターのガスケットを手に入れていないのです・・・。ここは形状が複雑なので、自作はできれば避けたいところ(時間が恐ろしくかかりそうなんです)。早いとこ手に入れなきゃ。

ガスケットが手に入り次第、エンジン修理に入りますが、その模様はモト・メンテナンス誌の方でも紹介したいと思っていますし、このブログでも報告する予定ですので、楽しみにお待ちください!


すんなり終わるといいなぁ??。





コメント一覧

J’sさん

10月16日(Thu)

11時25分

私のバイクオイルシールは欠品なんです(片側だけ)、今のところ大丈夫なんですが、これが駄目になると走れませんね

海外のリプレイス品なんかがオークションに出ることがありますが、なんと!1万円程の値段がついています。

今でも重要部品が出るとは羨ましいですね。

つちやまさん

10月16日(Thu)

14時21分

J'sさん
アラアラ、片側欠品ですか。それはイタイですね・・・。ダメになるとホントに走れたもんじゃありません。個人での製作が難しい部品だけでもメーカーさんが出してくれるといいんですけどね。

ただ海外にはリプロがあるならまだ良いほうですね。確かに1万円は高いけど、本当に直そうと思ったら、飯代をガマンして僕は買うと思います(笑)。

エルシノアは国内でもまだまだ部品が手に入りやすくてそんなに困らないんですけど、カワサキのF系は全くダメですね。当時売れてないからしょうがないんでしょうけど・・・。


コメント投稿




雑誌紹介

絶版バイクス絶版バイクス

「モト・メンテナンス」誌スタッフが送る、新コンセプトの旧車専門誌。70〜90年代まで多くの愛好家を魅了した「あの時代のバイクたち」と末永く付き合うために不可欠な情報を掲載。大型空冷4発はもちろん単気筒、レーサーレプリカ、原付2種、トレールなど魅力の絶版車ワールドがここに。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ