モトメンテナンス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年04月30日  comments (0)

昨日は祝日ということもあり、早速各地へお出かけしたサンメカのみなさんも多いのではないでしょうか。

僕はというと、何も予定はなかったので長らく駐輪場に放置していたエルシノアに手を入れることに。
ネタバレというか前フリですが、実はエルシノアのエンジンは先日編集長のガレージで無事に組み上げたのであります!!

つまり、あとはエンジンを載せるだけ! 部屋には組みあがったコンプリートエンジン、そして駐輪場にはエンジン搭載を待つ車体が・・・となれば「ヨーシ!エンジン載せちまうかっ!ウヒヒヒ」となるのは必然でございます。ってことでいざエンジンを積むべくいそいそと準備を始めたのですが・・・

車体が汚い!!!

先日のブログでもお見せしましたが、シート下のオイルタンク周辺は2ストオイルまみれ。そんな状態の車体を見れば、再塗装こそしていないけど、せっかくキレイに掃除して組んだエンジンを載せるなんて出来ません! 最初はエンジンを搭載してから掃除しようと思っていましたが、そうなると掃除したくても出来ない部分がどうしても出てくるワケで。

ってことで『エンジン搭載ウヒヒヒ計画』は潔く諦め、掃除することにしました。

●とりあえずフロント周り以外は余計なものを外しました。

あぁー、外しちゃった。フレームの普段見えない部分に目をやると油とサビだらけです・・・。

シート、オイルタンク、エアクリーナー、リアフェンダーなどフレームに載っかってる余計なものを外し、掃除しやすい状態に。いや?改めてフレームを観察すると、もうね、あちこちサビだらけです。いつも田口さんや栗田さんのキレイに整備された車両を見ているだけに、エルシノアのフレームにはほんとガッカリです(泣)。
しかし残念ながら予算や場所の都合でフレーム全塗装やフルレストアはできません。でもせめて、出来る範囲でキレイにしてあげたいなと。
さぁどうしようかな?。でも、せっかくのゴールデンウィークですし、僕はエルシノア化粧直し計画を実行することにしました。ズバリ、コンセプトは、


『ビッカビカじゃないけど、ちゃんと手を入れている雰囲気が醸し出される車両』


であります。「なんか言い訳くせーコンセプトだな」と感じたサンメカ大先輩の方も多いとは思いますが、各部の磨きこみやタッチアップを行って、組みなおしたエンジンにふさわしいパリッとした車両に仕上げたいな??。

●先は長いっス。

エアクリボックスはドロドロ、リアフェンダーは塗装がパリパリ。なんとかしなきゃ。


ということでゴールデンウィークの予定は、『どこへも行かずに自宅でメンテ!』に決定。
がんばりマース。

コメント一覧

コメント投稿