バージンハーレー編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年04月27日  comments (2)

いよいよゴールデンウィーク発動ですね。
ところで、ゴールデンウィークって何ですか?
美味しいんですか?
ども、バージンハーレー編集部のジャージーです。
 
昨日26日(日)、世界的な腕時計メーカーTISSOTさんの招待で、
ツインリンクもてぎ(栃木県)で開催されたmotoGP観戦に行ってきました。
日中、太陽にさらされていたため、顔がすごーく焼けてしまっています。
もてぎ焼けです。
 
さて、motoGP。
当日はクラブマン編集部のオヌマカオリ嬢と各々のバイクで現地へ。
常磐道の守屋サービスエリアで落ち合ったのですが、
この時点でバイクがわんさか。
水戸ICで高速を降りて下道でもてぎまで向かう途中、
豪雨に見舞われるという悲劇がありましたが、
とりあえずツインリンクもてぎ到着。


 
続々と集まるライダーの方々。
幸い、先ほどの豪雨の後、からりと空は晴れ渡り、絶好のレース日和に。
 

 
今回の招待枠ではパドック見学がオプションで付いていたので、
オヌマ嬢とパドックへ足を運びます。
 

【左】ドゥカティのチームスタッフが記念品を配布 【中】大破した125ccクラスのマシン 【右】パドック上からコースを眺めるオヌマ嬢

パドックまで入れると、興奮してきますなぁ。
で、ヤマハの控え室に行くと、バレンティーノ・ロッシ選手が出てくるのを待つファンの列に遭遇。


ロッシをひと目見ようと待ち構えるオヌマ嬢。

ロッシと言われると、サッカー大好きジャージーは、1982年スペイン・ワールドカップの得点王パオロ・ロッシと
セリエA・A.S.ローマの“エル・プリンチペ”(王子様)フランチェスコ・トッティの後継者と名高い
アズーリ(イタリア代表)のナンバー10、ダニエレ・デ=ロッシという2人のイタリア人が
すぐに頭に浮かんでしまうのですが、さすがにこのバレンティーノ・ロッシも知っております。
残念ながら、ロッシは控え室からスっとパドックに入っていったため、背中しか見ることができませんでした。
 

でもキャンギャルはきちんと撮る33歳独身のジャージー。
 
 
さて、motoGP決勝を観戦。
芝生の自由席からではなく、パドック内のフェンス越しに立ち見しておりました。
 
 
 


※写真提供:TISSOT
 
 
 
速っ! 速すぎるよ!
 
 
 
なんですかあれ?時速300キロを超えてる、と?
目の前をヒュインッ!って。
しかもGPライダー、あんなモンスターバイクを見事にコントロールしとります。
コーナーを曲がるとき、一体何キロで曲がっているんだ。
しかもライディングの姿勢を見たら、ぴったり寝てるんですけど。
すげぇ。

今回の観戦はあまり乗り気ではなかったんですが、
目からウロコがポロポロ落ちました。
自分が「食わず嫌い」だったことがよーく知りました。
バイク乗りにとっては、F1よりも楽しめるんじゃないでしょうか。
「バイクってこんなに速く走れるんだ」ってことをナマで体感できます。
メディアでの扱いが低いことからあまり目にすることがないのが残念ですね。
皆さんも機会があれば、ぜひ。
 
この後、NHK大河ドラマ「天地人」を見なければいけないジャージーはとっとと帰ろうと思ったのですが、
「もう一度、ロッシが見たい」というオヌマ嬢に引き止められ、パドック前で待ち構え。
 
 
待つこと30分…。
 
 
 
バレンティーノ・ロッシ登場!
 

 
本物のロッシだー!
ひたすらシャッターを切るジャージー。
後ろからは「ロッシー! ロッシー!」と黄色い声が飛んできます。
そして横からも「ロッシー! ロッシー!」と黄色い…
 
 
…って、叫び声の主はオヌマ嬢でした。
こんなところにミーハーなメディアが2名紛れ込んでいた、というオチで。
 
ほな。

コメント一覧

hi?goさん

04月28日(Tue)

17時27分

私もロッシ出待ちしました?サインGETはなりませんでしたが、写真はいただきました。
天才フレディーそしてキング・ケニーとは2ショットしてもらいました。
パドックはウロウロしてみるものです。楽しかった!

ジャージーさん

04月30日(Thu)

16時41分

> hi-goさん
パドック散策は面白いですね。
ロッシの人気が高いのはともかく、
「あれ?あの人って○○○○じゃない?」ってライダーと
しれっとすれ違うこともありましたし。
やはりレースはナマに限りますね?。


コメント投稿




雑誌紹介

VIRGIN HARLEYVIRGIN HARLEY

これからハーレーダビッドソンを買おうと言う方のためのハーレー専門誌。購入のイロハはもちろん、ハーレーが持つ独特のライフスタイル、さらには1000台以上もの中古車を掲載する初心者必読の1冊です。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ