絶版バイクス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年04月26日  comments (4)

やっぱり2ストは空気を如何に吸い込ませるか!? なんですね。


金曜日の晩からドッと疲れが出て、この2日間、ほとんど横になっておりましたが、
本日夕方になり気分が晴れてきたので、ARブラックボンバー号の調子見とともに
新エアインレットパイプによる実走行テストを行ってきました?

ここ一連の僕のブログでご説明しておりますが、直キャブ仕様で絶好調になり、
ノーマルキャブ時代と比べて低速域から高速域まで、モタつくことなくパワフルかつトルクフルで、
もう走っていてサイコーに楽しいAR号へと進化していますが、
如何せん直キャブ仕様では、お気楽に出掛けることができません。

特に、黎明期のユニトラックシステムの場合は‥‥‥‥


リアショックがキャブの真後ろにいるのが特徴で、
故にリアフェンダーというかマッドガード的なパーツが無く、
リアタイヤがハネ上げるゴミやジャリをキャブレター君がモロに吸い込んでしまいます。
将来的には、マッドガードも兼ねた純正エアボックス仕様にしたいと考えておりますが、
ビッグキャブに交換したことにより、そうは簡単にエアボックス仕様にできないのが実情です。
そこでパワーフィルター仕様になるのですが、スペースの関係で簡単に取り付けることができません。
そんな紆余曲折を経て出逢った部品が、ベベル時代のドゥカティ用パーツ。
デロルトキャブと接続されるドゥカティ純正エアインレットパイプです。


確実な固定のためにゴムパイプとキャブのあいだに入るアダプターに割りを入れ、
バンド固定時にしっかり締まるような策を講じます。この作業によって、PE24キャブレターは、
超ショートエアファンネルを持ちつつ、極太のエアインレットパイプを通じて
パワーフィルターを装備できる仕様になりました?♪


試運転に出掛けると、以前の細いエアインレットパイプとは違い、
確実に空気を吸い込んでいる様子!! 
懸案だった3速8000rpm以上もスムーズに回り、レッドゾーンへも簡単に突入!!  
試運転の途中でパワーフィルターを取り外し、吸入抵抗に変化が出るのか試してみましたが、
ほぼ変わらず!! ということは、かなりイイ感じ=吸入ロスが少なくエンジンが回ってくれているようです。


ということで、あたりが薄暗くなってきたので本日はここまで。やっぱり6V仕様は暗いっすね?
将来的なエアボックス仕様は今後の懸案として、
当面はこのドカエアパイプ+デイトナパワーフィルター仕様で走ろうと思ってます。

ところでイバガレのツボさん、今度一緒に原2☆ツ?しませんか?? 何いじってるの?

コメント一覧

イバガレさん

04月28日(Tue)

13時56分

ツーリングのお誘いありがとうございます。
一昨日イバガレの周りを軽く走ってきたんですが、最高に楽しいっすね。バイクって。
しかし、普通自動車免許しか持たない僕のバイクは、原付1種なんですけど、仲間に加えていただけるのでしょうか?
ちなみにいじっているのは85年式のRG50ガンマです。

たぐちさん

04月28日(Tue)

21時02分

残念‥‥ 一種ってことは法定速度30km/hですね‥‥
ってことは、原2集団と一緒に移動するのは難しいですね‥‥
現実的にRG50ガンマなら、4スト72cc黄尻よりも間違い無く速いですが、何かあったときに逮★級の処分を受けてしまう可能性も‥‥ 道交法の壁は分厚いっすね?
ということで、一発試験で普通二輪をゲットしましょう!!

tanago2003さん

04月29日(Wed)

00時45分

ARのチューンをしているので読んでしまいました。
私の周りにもARやks2の空冷で遊ばれている方もいるので
身近に感じました。
私もAR系をいじっているので参考にご覧ください。http://blogs.yahoo.co.jp/tanago2003/folder/1646640.html

たぐちさん

04月29日(Wed)

06時49分

tanagoさま
情報ありがとうございます。いじった分だけ良くも悪くも変化を楽しめるあたりに「昭和バイク」を感じますね。今後は純正エアボックスの復活に向けて頑張ります。もちろん現状のエンジン性能を落さないようにしようと思ってます?


コメント投稿




雑誌紹介

絶版バイクス絶版バイクス

「モト・メンテナンス」誌スタッフが送る、新コンセプトの旧車専門誌。70〜90年代まで多くの愛好家を魅了した「あの時代のバイクたち」と末永く付き合うために不可欠な情報を掲載。大型空冷4発はもちろん単気筒、レーサーレプリカ、原付2種、トレールなど魅力の絶版車ワールドがここに。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ