クラブマン編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

 post : 2009年04月24日  comments (8)



今日、書店に並んだクラブマンを見て驚いた方も多いと多いと思います。

残念ながら、今号をもってクラブマンの休刊が決まりました。


しかし一つの本が休刊になったからとって、バイクに乗れなくなるわけではありません。

読者のみなさんの、そして編集に携わった僕らの、これからも走り続けたいという気持ち。

そんな気持ちを、最終号の巻頭特集のテーマである「もっと、もっと、乗ろう!」に込めました。

ぜひ、お手にとってご覧ください。


いままで支えてくれたみなさん、どうもありがとうございました。

またどこかでお会いしましょう。


クラブマン編集部一同

コメント一覧

igaさん

04月25日(Sat)

15時10分

残念です。
いままで、ありがとうございました!

スパイラルさん

04月25日(Sat)

17時56分

そうでしたか、先月、モトルネの方が、プログに載せていたので、心配してましたが。残念です。また、改めて復活の日を、お待ちしております。私の製作したバイクも、掲載していただき有難うございました。99号のガンマ500、フランコ・ウンチー二カラーです。ホワイトハウスとは、塗装だけでしたけど、足回りからカウルの加工など手がけていました。また、楽しいバイクを作っていますので、よろしくお願いします。最近は、片持ちスーパーカブの制作に意欲を燃やしています。スタッフの皆さん、ご苦労様でした。

Go-1さん

04月25日(Sat)

23時51分

とても残念です。

Buell S3 (とオレ)をあんなに載せてくれた雑誌は
当然ながらCLUBMAN以外にはありませんでした。

きっとまた新しい形の雑誌になって帰ってくると信じています。
長い間ご苦労様でした。

高城一磨さん

04月27日(Mon)

02時49分

皆様、これまで本当にいろいろとありがとうございました。
編集者が一番にお礼を言うべきは、やはり読者の皆様です。
叱咤激励、好き嫌い、そのいろいろが重なり合い、
それでも支えてくれてきた皆様のおかげで
ここまでたどり着けました。

編集部も離散状態ですが、僕個人としては
当然ながら一生バイクに乗り続けていくと思いますし、
新しい場所で皆様とお会いすることもあると思います。
そのときは気軽に声をかけてください。
雑誌業界の裏話も含め、いろいろと笑ってお話できるように
これからも遊び続けます。

本当にありがとうございました。

Tomoさん

04月30日(Thu)

14時02分

ここ最近は内容もページも薄くなって正直面白くなかったけど 休刊は残念です シュナイダーとクラブマンだけは 買い続けてたのに 両誌ともに裏切られた気分です ティーポ スクランブルカーマガジン みな最初の2年くらいは面白かったのに!! 

わんださん

05月01日(Fri)

12時54分

ブ?マンミーティングいけなかったぁ。
遊ぶ、笑う、バイクと。
ずっと心に刻みます。

石橋 智さん

05月10日(Sun)

03時55分

がんばれー!

スパイクさん

05月11日(Mon)

07時37分

初めて書き込みます。
確かにここのところ迷いが感じられました。
だから好きな雑誌だけど欲しくならないときもあった。

けど、
今までの本はたくさん持っている。
80年代後半から90年代はじめのシングルが盛り上がって
いた頃の紙面は、業界は、盛り上がっていた。
となるとやはり世間の状態が業界の状態が、盛り上がらないと出版も盛り上がらないんだろうな。

好きだったクラブマン
多くを学んだクラブマン
またいつか濃ゆーい内容で帰ってきてください。
そのときまで俺のバイクにはクラブマンのステッカーを貼っておくよ。


コメント投稿