バイクブロス・マガジンズ編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年04月24日  comments (0)


お久しぶりです。BikeBrosマガジンズのムラヤマです。
ご無沙汰のBrevaネタですが、実はえらいことになっていました。…自分のミスで。

先日エンジンまわりの配管を確認するためにタンクを外す作業をしていましたところ、なにやら「ぺきり」という音がコック付近からしまして、確認すると…フューエルポンプの出口部分が見事なまでに折れておりました。インジェクションは圧力が燃料ホースにかかるためロック式になっているのですが、グッツィのそれはたいそう外れにくくなっておりまして、いじっているうちにあっさりと折れてしまいました。

写真の部分(補修失敗中)ですが、ここは本当に弱いらしく注意が必要ですね。海外のモトグッツィメンテナンスサイトでも“Be gentle, though, tank-pipe is plastic, and probably quite easy to break.”と書かれているほど。まんまと折ってしまいましたよ。

とはいえ、やってしまったことは仕方ありません。ASSY注文するとポンプまるごと8万円コースなので、違う対処方法を検討中。はずしやすい燃料ホースを実現しつつ、耐久性もあげたいところ。完成したら(需要の有無はともかく)ご報告いたします!

コメント一覧

コメント投稿