バージンドゥカティ編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年04月22日  comments (0)

いよいよ発売間近のDUCATI BIKES Vol.03。
現在ガッチャンゴッチョン刷っています。



本屋さんに並ぶのは来週のアタマ、
4月28日でございますので、お待ちアレ!

ちなみに表紙はこんな感じ…。



オモロイ内容てんこ盛りですが、今回の巻頭特集は、
「シアワセのサーキット遊び」してみませんか?

そういえば自分もサーキットに興味を持つようになったのは、
オートバイに乗ってから数年後。
それまでは一切興味はございませんでした。
おんなじとこグルグル回って、何が面白いんだ?って。

でも、経験者はみんなサーキットを一度は走ってみたら?って勧めますよね。
「クローズドの安全性とか、路面のグリップがどーのこーの」とか、
「現代的マシンのポテンシャルを発揮しようとするとあーだこーだ」とか
「一般公道でギャンギャンにヒザ擦るのはナンセンスでドーヨ」とか、
まぁサーキット経験者がススメル理由は色々あると思うのですが…

やっぱり単純にサーキットは楽しいってことは共通意見であると思います。
「自分は遅いから」とか、「速く走ることに興味はない」とか、
そういう考えは一切ナシで。いやホントに。
古いです、そーとー古いですよそんな考え。

個人的にはサーフィンやスノボと同じ感覚でいいと思います。
自然の雪山でスノボなんてやろうとしたらアブないです。
登るのも大変だし、遭難するかも知んないし、崩れるかもしれないし。
それは一部のエクストリーマーに任せておいて、
自分なりに、仲間とワイワイ、滑るのを楽しむ、そーいう舞台が、ゲレンデでしょ?
だーれもタイムなんか計ってません。競ってません。
サーキットも一緒だと思いますよ?。

最低限のルールをまもれば、ライディングの楽しみがググっと判る。
そんなサーキット遊びをご紹介いたします。

…ね? ちょっと興味あるでしょ?
ドゥカティスティなら、やっぱり興味あるでしょ?
さぁ、皆さんもドゥカティに跨ってサーキットへGO!
その前にドゥカティバイクスを買いに本屋さんへGO!
って、フライング気味のアナタ、発売は4/28ですので。

コメント一覧

コメント投稿




雑誌紹介

VIRGIN DUCATIVIRGIN DUCATI

「ユーザーとバイクとの関わりを通じて、ドゥカティの魅力、おもしろさを伝えたい」とウェブサイトから飛び出した雑誌版 VIRGIN DUCATI。各企画にドゥカティオーナーが愛車とともに登場&現行モデルラインナップ、ニューモデルなど、モデル情報も盛りだくさん。ドゥカティの「今」をお伝えします。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ