バージンドゥカティ編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年04月21日  comments (4)

さてさて、BMWBIKESのブログからの続きということですが、
写真の脇の日付、1991年10月30日を調べたところ、
水曜日、思い切りド平日ですね(笑)。
学校サボって一人で行く自分もなんなのですが、
それをほっとく親も…。
いやあスクスクと育ちました(爆)。


ピアジオブース。べスパもいいですね、一台欲しいです。にしても写真の的が不明です(笑)。なにが撮りたいのか。


「なに撮ってんのよオーラ」が爆発しています。それとも晩御飯のことで頭がいっぱいなのか。


ボンネットの形状がちょっと違いますが、たぶんF40。これが究極のフェラーリだといまだに思っているのって、古いっスかねえ。写真入りきってないし。


ロールスロイス コーニッシュ。デラかっこえー(笑)。こんなの乗り回したいと今でも思っているのは、おかしいでしょうか(爆)。これも写真に入りきらないし。


たぶんメルセデス・ベンツのコンセプトカーですね。多少古めかしさはありますが、細かい部分のデザインを変更するだけで今のマーケットでも全然通用しそうです。


こちらはBMWのコンセプトモデルですね。上のベンツに似ています。時代ですかね。ルイジ・コラーニさんあたりのデザインでしょうか。ベンツよりもこっちのほうが好み。


超かっこいいピニン・ファリーナのデザインも、ワタクシの手にかかればごらんの通り、ほとんど写真に収まりません(爆)、かっこいいのに?。


ここでやっとドカ登場。うわ?、888だあ。今見ても、ものすごくかっこいい。これはSPSかな?ムラヤマモータースさんで11台だけ上陸させたと聞きます。


こちらは851スーパーバイク ストラーダ。91年ということと、ミラーが車体同色ということからたぶん4型と思われます。でももう少しバイクがわかる角度とかで撮らんのかね?。


ここからは国産車ブース特集。ヤマハさんのコンセプトモデル。TDMっぽくもあり、R1100RSっぽくもあるアッパーカウル。意外と好きかも。


あーこれ確実にキャンギャルねらいですね(笑)。当時の国産モデルは今見てもフルさを感じない仕上がりですね。OKIカラーナツカシス。


ゼファー1100が発表されています。このキャンギャルが一番好み。新しいと思っていたゼファーも、もう名車と呼ばれる時期になってきました。


ネイキッドブームの火付け役が次々の登場してきている時期でした。バリオスも250ネイキッドとして人気ありましたよね。スズキさんだったらバンディットとか。

ダン・コマツ@DUCATIBIKES

コメント一覧

神戸の ふ?ちゃんさん

04月22日(Wed)

04時17分

こんばんは。

懐かしい写真に思わず見行ってしまいました。
写真を見ていてドゥカティの歴史を紐解くような
内容に、思わず感心してしまいました。
最近、当時行きつけのバイク屋さんに展示されて
いたが到底手が届かなかった綺羅星の如き851や
PASO等に、今だから乗ってみたいなと思う時が
あります。大型二輪に乗って今年で20年になり
ますが、ドゥカの所有歴はゼロ。一度くらいは
乗ってはみたいと思う反面、未だ手の届かない
存在です。

ゼファ1100は1991年に発表だったんですね。
1992年に初めての欧州ツーリングをした時に
スイスのバイク屋で借りたマシンがゼファ1100
でした。ドイツでは『ゼフュー』と発音していた
事を思い出します。欧州仕様のゼフュー1100は
トルクはあるが大食いで、アウトバーンでの走行

ダン・コマツ@DUCATIBIKESさん

04月22日(Wed)

17時58分

ふ?ちゃんさん

どもです。

いまだったら当時のドゥカに、
手が出るかもしれませんものね。
でも苦労が多いかもしれないなあ、とか、
現行の気持ちよく走れるモデルも捨てがたいとか、
悩んでしまう…。

ゼップ1100は、国内販売開始が確か92年からだった気がします。
その年にスイスで借りれたというのは、タイミングよくニューモデルを楽しめたということですね。

ふ?ちゃんさん

04月22日(Wed)

19時16分

こんにちは。

おっと、途中で文章が切れてますね。
欧州仕様のゼフュー1100はトルクはあるが大食いで、
アウトバーンでの走行を含む燃費は14Km/L程度だったと
記憶しています。なんて感じでした。

今のドゥカ、スポクラとかいいですね。
でも、ベベル&contiの組合せは今でも魅力的だし・・・
で、結局悩んでしまうんですよね。
ま、まずは金策なんですがね(笑)

キアさん

03月24日(Wed)

16時11分

今更ですが91年の東京モーターショーの写真ありませんか?


コメント投稿




雑誌紹介

VIRGIN DUCATIVIRGIN DUCATI

「ユーザーとバイクとの関わりを通じて、ドゥカティの魅力、おもしろさを伝えたい」とウェブサイトから飛び出した雑誌版 VIRGIN DUCATI。各企画にドゥカティオーナーが愛車とともに登場&現行モデルラインナップ、ニューモデルなど、モデル情報も盛りだくさん。ドゥカティの「今」をお伝えします。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ