モトメンテナンス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年04月18日  comments (2)

娘の保育園の送り迎えと駅までの通勤手段として
5年に渡って活躍しているお母さん自転車。
最近「前輪から変な音がする」と修理の要請です。
前輪を浮かせて回してみると、確かにリムとブレーキパッド(パッドと表現して良いのか?)が
周期的に触れているようで、異音が出ています。
駅の駐輪場やスーパーの自転車置き場での転倒は数知れずで、
変形したブレーキレバーホルダーがレバーの動きを阻害して
ブレーキワイヤのアウターチューブもピキピキにヒビが入って
ワイヤ自体の動きも悪そう。
ということで、ワイヤが戻りきらずにパッドとリムが干渉していると判断し、
ホームセンターで298円也のワイヤを買ってきます。

で、ワイヤ交換をしようと袋を開けると
ワイヤセットの中に、カギ状に折り曲げられた針金が入っています。

説明書きを読むと、キャリパーから古いワイヤを外す前に、
パッド取り付け部分の長穴に針金を引っかけておくと、
ワイヤを抜いた時にキャリパーが大きく広がらないとのこと。

このように、キャリパー左右の長穴に針金を引っかけます。

確かに、キャリパーからワイヤを抜いた途端、
リターンスプリングでキャリパーがビヨンッ!と広がると、
開いたキャリパーを縮めながら新しいワイヤをセットするのは
難しいですよね。以前はタイラップを開き止めに使ったりしましたが、
最初から専用工具が入っているなんて! とただのワイヤ交換なのに
軽く感動。

で、その針金を引っかけてワイヤを抜くと、キャリパーが
グインッ!と広がろうとするのを針金が押さえて……という展開を
期待したのですが、あまり元気良く開きません。
ピボットが固着してるのかしらん、とグイグイ動かしていると

ポロッ……とスプリングが折れてしまいました。
いや、そもそも折れた状態で挟まっていたといった方が正解でしょう。
つまり、リターンスプリングが折れていたから、ブレーキレバーを解放しても
片側のパッドがリムに擦れ続けていたのです。

主たる運転者に言っても、多分ピンと来ないとは思いますが、
ブレーキにまつわるトラブルはかなりコワイですよね。
というか、私が中学生や高校生の時分に使っていた自転車で、
こんなところが壊れたことはありませんでしたが、
送迎用として二人乗車の機会が多い分、ブレーキへの負荷が
高いのでしょうか(でも、リターンスプリングが折れるってのは
荷重の大きさとはあまり関係ないような気もしますが)

というわけで、再びホームセンターに出かけて
今度は698円也のキャリパーASSYを購入します。

本当はリターンスプリングだけ欲しかったのですが、
単品パーツは売っていないようなので、アッセンブリーで買って
分解してスプリングだけ元のブレーキに移植します。
なぜ全面交換しなかったかというと、そんなこと、
買ってきて見比べるまで気にもしていませんでしたが、
ワイヤーの取り出し方向が逆だったから。

ワイヤとスプリング交換を終えて、元通りスパッとパッドが開くようになり
異音が無くなってオーナーさんは満足のようですが、
今、保育園&幼稚園児を持つお母さんの中でちょっとだけ話題の
3人乗り自転車については、さらにブレーキへの負担が大きくなるんだろうか。
もしそうなら、いわゆる軽快車と同じようなキャリパーブレーキで良いのかどうか
考える余地があるかも知れませんね(もうとっくに考えているかも知れませんが)
というより、我が家のお母さんのブレーキングが激しすぎるのかしら??

コメント一覧

Bobbyさん

04月18日(Sat)

23時25分

今やホームセンターで、新車が数千円で買えますが
そのクオリティーの低さが、少しずつ問題に
なってきているようです。
我が家では自転車は日本製を、自転車屋さんで
買うことに決めていますが、
メンテをしつつ長く使おうとすると
あっという間に「新車が買える」金額になり、
わかっていても複雑な気分です。

あと、ホームセンターで売ってる部品って
合いそうで合わないことが多いですね。

モトメンテ栗田さん

04月19日(Sun)

23時02分

>メンテをしつつ長く使おうとすると
>あっという間に「新車が買える」金額になり、
Bobbyさん、まったくそのとおりですよね。
前後タイヤとチューブ交換を自転車屋さんにお願いしたら
数千円の新車の方が安上がりってこともあるでしょうね。
我が家の自転車は、手荒な使い方を棚に上げても
シート表皮の劣化の早さや変速機の作動不良など、
作業工賃抜きの部品代でも余裕で諭吉さん級です。


コメント投稿




雑誌紹介

モトメンテナンスモトメンテナンス

日々のメンテナンスから不動車の再生、そしてレストアまで「バイクいじり」を幅広くカバーするメンテナンス総合誌。あると便利な工具・ケミカルの紹介から、業者への発注の仕方、そしてアッと驚く工作テクニックまで、いじり好きの編集スタッフが自ら実践し分かりやすく紹介。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ