モトメンテナンス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年04月14日  comments (7)

中身はいつものモトメンテ風味、

「表紙のデザイン」がちょっとだけ変わりました!!


本日14日、次号83号が納品されました。
いつものモトメンテ流でまとめていますが、
今号から表紙デザインがちょっとだけ変わってます。

4ミニエンジンの「いじりが大好き」なサンメカには特に気になる一冊!!
6ボルト電装の絶版旧車を「本気で12ボルト化」したい方には、
間違いなく永久保存版!? になるのではないかと思います。

明後日は書店さんへGo!! そしてレジまで本誌をお持ちいただき、
「お買い上げありがとうございます?♪」って感じはいかが?

乞うご期待!!

コメント一覧

ももパパさん

07月20日(Mon)

16時49分

我が家のST70の電装系の修理に 今月号の購入いたしました、何分と6ボルトのバッテリーが近所のDIYから追放されてしまい 正規にメーカーから購入の憂き目に会ってしまい 6V2Aのバッテリを5千円で購入と相成り これは12Vに変更しないといかんと乗り続けられん の結論になりました

たぐちさん

07月21日(Tue)

16時05分

パパさんへ
6Vは肩身が狭いワケではありませんが、確かに常時在庫率は減ってますね。お値段は昨年の金属材料高騰のあおりを受けて、一気に値上がりしましたが、なかなか下がりませんね。僕も6Vモデルをゲットしたので、純正流用にてバッテリーレス12V化しようと思ってます。

鈴木音吉さん

10月15日(Thu)

13時47分

発売から数ヶ月経ってからのコメントで申し訳ありません。(大汗)
発売当時、知り合いから記事の掲載を聞いて書店へ走った1人なのです。

数多くの方がHPで12V化を実践、公開しておられますがそれぞれ配線方法が違ったりしていて、イマイチ自分ではそれらの方法では踏み切れませんでした。
その後YB-1の純正部品流用で12V化を果たしたのですが、電圧高い&安定しないのでスッキリしていませんでした。

そこで定評ある笹崎さんの12V化記事を参考にしようと思い立って、読み返してみたのですが…。

せめて配線図とか付けていただけないものでしょうか?
コイルから出る配線が3本から2本になっているのに、接続の説明がないです。
後ろのエイプの記事には配線図付いてるのに何故でしょうか。
同じポッケにYSRエンジンなのに、細部が判らず施行出来ません。
(もし続巻に掲載されてましたら申し訳ございません)

すみません、今頃の愚痴&長文で失礼しました。

たぐちさん

10月17日(Sat)

07時11分

エイプの配線図は12V化が目的ではありません。「バッテリー搭載」および「回路変更」が目的なので変更箇所をもとに新規回路図を敢えて制作する必要がありました。逆に回路図が無ければまったく意味不明な展開になります。ポッケの12V化はコイル巻き直しによる12V化で、それによりGPz250F用レギュレートレクチファイアの追加で電圧制御しております。つまりこの部分を抑えてバルブ類を12Vに交換すれば、12V化は可能で、メインハーネスなどの大きな配線変更は無用だと思います。

鈴木音吉さん

10月18日(Sun)

13時22分

度々申し訳ありません。
質問をもう1つ忘れておりました。
ポッケのノーマル状態でメインハーネスの充電回路に組み込まれていますレクチファイヤは外さない方が良いのでしょうか?

本来こちらへ質問するべき内容ではないとは思うのですが、申し訳ありませんがアドバイスいただけましたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

たぐちさん

10月18日(Sun)

20時10分

12V化と同時にGPz250Fのレギュレートレクチファイアで交流⇒直流への整流および電圧制御しているので、ノーマル6V時代のレクチファイアは不要になると思います。ちなみに誌面展開したポッケのメインハーネスはその他のカスカタマイズと併せて完全に作り変えられていました。仮に、ノーマル回路ベースで12V化する際には、不要な部分(旧発電系)は廃止し、その他を生かしつつ12V対応する必要があります。例えば12V系のバルブは交換し、ウインカーリレーなども12V化しなくてはいけません。この企画の趣旨が「巻き直し実践」にあるところをご理解いただけると幸いです。

鈴木音吉さん

10月26日(Mon)

05時34分

ご回答ありがとうございました。
自分なりにトライさせていただきます。


コメント投稿




雑誌紹介

モトメンテナンスモトメンテナンス

日々のメンテナンスから不動車の再生、そしてレストアまで「バイクいじり」を幅広くカバーするメンテナンス総合誌。あると便利な工具・ケミカルの紹介から、業者への発注の仕方、そしてアッと驚く工作テクニックまで、いじり好きの編集スタッフが自ら実践し分かりやすく紹介。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ