BMWバイクス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2008年10月09日  comments (0)

みなさんこん○○は。ナガヤマ@BMWBIKESです。
昨日はブログに上げるタイミングを逸してしまいました。どうもすみません。



ツアラーさん、メタボRTライダーさんコメントどうも。
ご質問にあったK1200LTは、現状維持のままです。
小生もオーナーなのでこのモデルの動向はとても気になっているのですが
唯一の縦置きのKシリーズとして、今後も熟成する方向にあるということでした。
で、それに変わる動きがあるのか、異なるエンジン形式も含めた新しいLTの登場はあるのか、
という質問をすると、
これは今日に始まったことではありませんが、
「うん、やってるよ。でもどんなものがいつ出るかは、言えないよ。クビになるから(笑)」
というのが広報のルーディやリアンヌ嬢や開発のボス、ミューラー副社長の常套文句。
で、
「例のディーゼルのコンプレッサーエンジンはどうしたの?」
なんてカマをかけると、
「なんで知ってるんだ!」
と答えてくるのもいつもの冗談話。
ホントに今後どうなるんでしょうねえ。
それから現行ボクサー系も、現状では目立った変化はありません。
STがなくなって、次の動きがあるかも、と思っていたのですが
まずは足元をしっかり踏み固めようという感じですね。

個人的には、あんまり手を広げずにしっかり自分たちの道を進んで欲しいなあ、
という思いです。

SBKにS1000RRがエントリーするということは
来年の春までに所定の市販ベース車を生産販売しなければならないのですが
うまくいくと近々テストできるかも??
そしてスーパースポーツの領域にBMWが手を出すというのは
すごく画期的なことであると同時に
相当にタフな道のりでもあるということです。

今後も注視していこうと思います。

さて用品関係のほうも、ニュースがいろいろあります。
ブログにアップするよう努力しますけれども、手持ちの時間が限られてしまっていますので
もしできなかったときはごめんなさい。

これから某氏とランチに行きます。
マル秘情報は、BMWBIKES次号で。

じゃまた
RideSafe!
ナガヤマ@BMWBIKES

↓こんな感じで仕事してますよん





コメント一覧

コメント投稿




雑誌紹介

BMWバイクスBMW BIKES

テーマは「BMWバイクを慈しみつつも使い倒すビーマーのためのアシストマガジン」。世界で初めて創刊されたBMWバイク専門誌(季刊)です。ドイツ本国をはじめ、アメリカやヨーロッパ各国との強力な連携を持ち、BMWバイクに関する話題を、深く、広く、わかりやすく誌面展開しています。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ