絶版バイクス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年04月11日  comments (0)

雰囲気を残した「補修」が人気


絶版車のレストアやリフレッシュの際に、
外装パーツのペイントと言えば「丸塗り」が当たり前ですが
本誌でもリポートした「補修ペイント」がブレイクの兆し!?
本日、ドリーム商會さん へ次号Zeppan BIKES 4の取材打ち合わせに
行って来ましたが、絶版車の外装パーツペイント依頼が多いこと多いこと。
特に、程度の良いタンクの部分補修が想像以上に多かったですね。
一般的にペイントのプロショップでは、このような補修、
特に、キャンディーカラーが多い70sバイクの外装補修は
まったく引き受けてくださらないショップさんが多いと聞きますが、
ドリーム商會では、状況に応じて「これならば」というパーツに関しては、
引き受けて下さっている。
本当に程度バツグンで、当時の雰囲気が残っている外装は、
できることならそのまま生かしてあげたいのが本音ですよね。
でも、凹みがあったりキズがあったりすると、
仕方ないから「丸塗りで‥‥」となりますが、
状況に応じて、もしも直せるようなケースであれば、
補修で直したいものです。
コスト的には、補修でも丸塗りでも変わりないケースがあり、
逆に補修と言いつつも、結果的に丸塗りに近くなってしまうようなケースが
想定できる際には、オーナーさんに事情をお話しして、
お断りしているそうです。

とは言いつつも‥‥‥‥

やっぱり「丸塗り」は魅力的ですよね。
鈑金工房には、いつものようにサンドブラスト直後の
絶版車用タンクが数多くありました。



ZB2の付録ポスターのマッハは、ドリーム商會さんのお仕事です。


昭和の時代が大好きな代表の小島さん


ドリーム商會は、ハーレーにドゥカティ、MVアグスタにビモータのペイントが、実は得意なんです。
高級外車のディーラーの仕事って、大変なんでしょうね‥‥

コメント一覧

コメント投稿




雑誌紹介

絶版バイクス絶版バイクス

「モト・メンテナンス」誌スタッフが送る、新コンセプトの旧車専門誌。70〜90年代まで多くの愛好家を魅了した「あの時代のバイクたち」と末永く付き合うために不可欠な情報を掲載。大型空冷4発はもちろん単気筒、レーサーレプリカ、原付2種、トレールなど魅力の絶版車ワールドがここに。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ