ガルル編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年04月09日  comments (0)

こんにちは、ガルルのたじまです。

最近はお手軽気軽なデジカメのお陰で、
写真が撮りやすくなったと思いませんか?

ガルルではオフロードフォトコンテストで力作を募集して
4月号(3月6日)で発表しました。

ここで改めて! ひと月前の号で掲載した
泥んこフォトをご紹介したいのと、
誌幅の都合で掲載しきれなかった
力作も追ってアップしていきます。




金賞
「びっくり」
トミコ☆相方さん (33歳) 徳島県

(編集部コメント)
バイクの後方跳びは、エンデューロのヒルクライムでときどき見られる風景です。
ただこの写真は撮った位置、タイミングとも瞬間を写し取った写真らしい力作だと思います。
そして、なんといっても驚いているような体勢ながら冷静ともとれるライダーの表情が良い。





銀賞
「難関突破」
菅田 勝さん(43歳)兵庫県

(編集部コメント)
最初は崖から落ちたバイクを引き上げているのかと思いましたが、よく見ると下ろしている。
実は台風の影響で崩落している部分を仲間全員で1台ずつ通過したとのこと。「8人もおるからなんとかなるわ!」
という先輩のひと言で2時間の格闘がはじまったそうです。もう20年以上昔のことらしいので
菅田さんの勢いあふれる若さを感じます。無事に渡れてよかったですね。





銅賞
「菜の花畑」
ケイエルエクスさん(26歳)徳島県

(編集部コメント)
河川敷での写真だそうです。バイクの奥にも菜の花などが広がっている素晴らしいロケーションですね。
うらやましい限りです。
やはり草花の新しい息吹は、春の訪れを色鮮やかに感じさせてくれる風景です。あえてバイクではなく、
手前の菜の花にピントを合わせていることからも「河川敷は春が一番」という気持ちが伝わってきます。





ガルル特別賞

「この道どこまで行くのかな?」
渡並秀喜さん(37歳)愛知県

(編集部コメント)
林道で迷ったときに思い浮かべるのがタイトルの言葉でしょう。写真を見る限りKDX125SRに荷物満載、
ゼッケンが貼ってあることから草エンデューロにも使っていそう、そんなオフ車を使い倒している雰囲気を感じた写真です。
でも、実際は人気のない林道で迷子になり、景色も覚えていないほど心細かったそうです。
いっしょに行った友人の表情などが入っていたらその場の空気感が出たのでしょうが、
そんなことを考える余裕も…。良い思い出ですね。


追って佳作を含めた応募作をぞくぞくアップしていきます。

また「これはよく撮れた」という写真があったら
この場でご紹介しますのでメールをいただければと思います。
g-photo@nekobros.co.jp

ではでは。

コメント一覧

コメント投稿




雑誌紹介

ガルルガルル

オフロードバイクにまつわるすべてを網羅する、オフロード総合誌。世界トップレベルのレースシーンから、街乗り・林道ツーリングといった一般ライダーの視点に近い企画ものまで、すべてのオフロードライダーの味方となる1冊です。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ