絶版バイクス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年03月31日  comments (2)

ありそうで無い!? 無さそうである??


絶版バイクス3の締め切りを乗り越えたとたんにモトメンテ本誌の佳境を向かえ、
気が付けば締め切り週間に突入してます? @@;)
「マッハな田口」時代は時間的に余裕があって(とは言っても真夜中系……)、
気が付けばいじりんぐしてましたが、絶版バイクスの定期化が決まって以降は
さすがに真夜中はバタンキュ?系です。それでも「夢の世界」で部品探しの旅に出掛けてます。



その部品とはAR80用のビッグキャブレター。
時代的にはおそらくKX80用スーパーバイカーズ系(ターミネーターズ時代かも?)として
作られたであろうダウンチャンバーをイイ感じで装着しましたが、
これが想像以上にサイレントかつパワーフィール良好!! 僕としては大満足です。
現状でも不満はありませんが、せっかくここまでイイ感じに仕上がったのだから、
ビッグキャブでググ?ッと深呼吸することで、それはもう
トッカンパワー(と言ってもそこそこだと思いますが)になってくれたりして…… 
な?んて夢を、現実的に見ているのであります。
そこで関連機種用パーツから調査開始。

すると、同型エンジンを搭載した…………

KS-?はキャブクランプ式ではなくラバーインシュレーター式で、


あわよくばビッグキャブが「ゴム筒に刺さったりして!?」なんて思いましたが、
どうやらこのKS系マニホールドを流用したところでビッグキャブには縁遠い感じ。
次に確認したのがKS-?用マニホールドと似た感じのデザインだった水冷KSR80用。
上野パーツセンターでパーツオーダーするとスムーズに入荷。


しかし、ゴム筒の太さはKS系と同じで残念な結果でした。エンジン側リードバルブの
フランジ寸法は若干大きくドンピシャではありませんが、長穴加工で取りつけ可能、
気密性も良好なので、KS系ユーザーさんがすでに販売中止になっている
KS純正マニホールド代わりに流用するにはもってこいのパーツだと思われます。

ところでキャブには何を使うの? となりますが、ガレージでスタンバッているのは
ケーヒンPE20もしくはPE22。AR/KS系純正キャブレターと比べると、


そのボディーサイズはふた回りほど大きく、マニホールドのゴム筒が対応できても、
マニホールドの角度が合わなくてはフロートチャンバーがクランクケースと干渉してしまいそうなほど大きい。

ということで、なかなか前に進みませんが、必ず「深呼吸」してみたいです。
で、ガレージ2Fの整理をしていたら、ベンチュリ径φ22(くらい)のキャブレターを発見。


たぶんKH250用の1個だと思いますが、やっぱり旧式=キャブクランプ式にして、
マニホールドを自作するのが近道なんですかね……。マニホ自作は決して難しく有りませんが、
クランプ式でいくのならデロルトPH系20φという手もあります。あまり一般的ではない
デロルトキャブだと思いますが、僕はデロルトとの付き合いが長いので、そんなに拒否反応はありません。
いずれにしても、なんとか「深呼吸」してみたいです?

コメント一覧

goさん

04月01日(Wed)

21時31分

はじめまして
モトメンテは毎号購読しておりますが、
このブログは今日気がつきました。
AR80大好物です。
僕のARはKS-IIの純正マニにTM24を、
シリコンぬるぬるで押し込んでます。
キャブ外周を少し削れば尚良いのですが、
真円に仕上げる技術も無く、そのまま使用してますけれど、
今のトコ無問題です。

たぐちさん

04月01日(Wed)

21時56分

goさん 情報ありがとうございます。
僕はまだ大好物にまで届いていませんが、今後の計画に成功したら、大好物になってしまうのかも‥‥
ヌルヌルで押し込みですね?♪ 了解です。でももう少し部品観察してみます。次はカワサキに限らず、モトクロッサー用で確認しようと思ってます。そのうち見つかるでしょ!? 


コメント投稿




雑誌紹介

絶版バイクス絶版バイクス

「モト・メンテナンス」誌スタッフが送る、新コンセプトの旧車専門誌。70〜90年代まで多くの愛好家を魅了した「あの時代のバイクたち」と末永く付き合うために不可欠な情報を掲載。大型空冷4発はもちろん単気筒、レーサーレプリカ、原付2種、トレールなど魅力の絶版車ワールドがここに。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ