絶版バイクス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2008年10月04日  comments (2)

 ただ今帰宅しました??@@;)。
本日は、モトメンテ本誌80号の編集担当ページの校了でして、
先ほどまで全編集ページとにらめっこしていました。
人間がやることだからいろいろ起きてしまい反省の日々ですが、
今後の展開がスムーズに運ぶことをお祈りしつつ‥‥
多少気分が晴れましたので(でも明日からZeppan BIKES 2に取り掛かります。
が、その前にD本のお手伝いがあった‥‥ はぁ?)、

先日、原稿書きの真っ最中に「気分転換」してみました。
その内容はAS3のエンジン載せ換え(正確には腰下交換)。
所用時間は真っ黒だった腰下洗浄から始めて3時間弱でした。

AS3のフル磨き込みに取り掛かって、気がつけばすでに3ヶ月が経過してますが、
現状で、気分的には90%くらいの進行状況でしょうか?
車体的にはほぼ完成なんですが、エンジンがどうも‥‥。
実は、メタルフィラの異常磨耗がいまだに尾を引き、
どうもしっくり来ない日々が続いていました。
磨耗してしまった分は0.5mm厚のパッキン紙を挟んで対策したつもりですが、
応急処置に変わりは無く、それでもやっぱりメタルフィラ周りのメカノイズが気になっていました。
中古のメタルフィラを見つけたらエンジンを全バラにして、
パーツ交換しよう!! ちなみにAS3用メタルフィラは、
RD125の初期型404エンジンのみ共通で、その他のモデルは部品が異なります。
AS2用は外寸が同一で、掃気ポート部分の形状が異なってます。
AS2用をベースにAS3レプリカを作ればどうにかなりそうな感じ(見た目では)。
でもやっぱり、AS3用もしくはRD125の初期型404エンジン用メタルフィラが
欲しいな? なんて思っていました。


そんな矢先にマッハ関係の知り合いからご連絡をいただいた。
その内容は、今のところ利用予定の無いエンジン腰下があるから
「使いませんか?」とのお話だった。ご連絡を下さった関西方面に住む
Kさんは、僕と同じAS3を所有。エンジンは好調だそうで、
おそらく腰下を使う機会は無いからとのありがたいお話。
僕は本当にシアワセ者です。
そして、申し出をありがたく受けさせていただき、
AS3の腰下を送っていただきました。

その腰下に‥‥‥‥


組み込まれていたメタルフィラは僕のAS3用とは異なり、上部が平面。
指先でつまんでも揺れないし、引っこ抜くこともできない。
少なからず正常状態の部品が組み込まれている感じ。


ということで、まずはクランク室内をガソリンで徹底的に洗浄し、
クランクベアリング周辺をクリーンナップ。
何となくゴロゴロ感があるような気がするが、この際、クランクベアリングは
目をつぶって、まずはエンジンコンディション確認を優先。
もし、クランクベアリングがダメだったら、将来的に全バラにして交換すればいいし‥‥。
そんなことを考えながら、仕上げにゾイルスプレーをブシューッとベアリングへ。


次に、やっぱり友人から譲って頂いた最終RD125用のエンジン腰下から
クラッチユニット&キックギヤ周りをバラし、新たなるAS3用腰下へ移植した。
クラッチユニットは、最終RD125用が何となく頼もしく見えるような気がする‥‥(右RD125)。


ちなみに、さすがに最終RD125用パーツは進化していて、キックはギヤ比が異なり、
AS3と比べて1回のキックでクランクシャフトが多く回る設定となっていた。


思いの他スムーズに組み換えができたので、腰上パーツも移植し作業完了。
あとはエンジンを載せて火だし確認するのみです?♪


ところで、ダメ腰下のエンジンでブン回し続けたので
(カブリ症状が治らず調子が悪いから、いつしか全開につぐ全開でした‥‥)
ピストン&シリンダーのコンディションが気になってましたが、
さすがにプラトーホーニングはスバラシイ!! ピストンに気になるキズは特に無く
シリンダーに至っては、ボーリング完了時と大差ナシ!!
井上ボーリングさん のプラトーホーニングには、ホントに助けられてますね。


ということで、走行確認が楽しみな今日この頃。
明日(もう今日か‥‥)は早起きして、近所を走り回ってみよう♪







コメント一覧

X4さん

10月09日(Thu)

23時06分


初めまして!!リトルツイン最終型のHX90を地道にレストアして遊んでいる高一の者です。^^

今日偶然HXの記事を探していたところ、以前のブログを発見しこちらのサイト様に行き着きました!!


しかし、こんなにバラしてしまうなんてすごいですね♪
ツインエンジンの中見るのは初めてです。

そして何よりボディーが美しいこと☆
とても70年代のバイクには見えません!!

5年ほど前までは親父さんと二人でRD90でお出掛けしたりとツーリングをしていましたが、事情により手放してしまいました。

でも、やっぱりその頃の思い出が強く、今は無きRDの代わりに『HX90』のレストアを中3になった頃より自分なりに進めてきました。

案の定、絶版の土壺に入ってしまってますが(笑)来年の夏頃にはエンジンのかかる位まで出来る

たぐちさん

10月10日(Fri)

07時04分

X4さんへ
はじめまして♪
こちらのブログが参考になるかどうかは???ですが、
楽しんでいただければ幸いです。
取り敢えずAS3はフツーに走るようになったので、
折りを見て、まずはダメエンジンから完全バラバラにして、
いじり倒そうと思っています。

それとみなさん、どうやらこのコメント欄は
「20行」までしか書けないようですので、
溢れないようにまとめてカキコお願いします?♪


コメント投稿




雑誌紹介

絶版バイクス絶版バイクス

「モト・メンテナンス」誌スタッフが送る、新コンセプトの旧車専門誌。70〜90年代まで多くの愛好家を魅了した「あの時代のバイクたち」と末永く付き合うために不可欠な情報を掲載。大型空冷4発はもちろん単気筒、レーサーレプリカ、原付2種、トレールなど魅力の絶版車ワールドがここに。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ