モトメンテナンス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年03月21日  comments (0)

Zeppan BIKESは無事発売となり、ホッとするのもつかの間。いま編集部は4月16日発売のモトメンテナンス83号に向けてフルスロットルでございます。

そんな中、今日は久しぶりにエルシノアを触ってました。というのも、明日編集長のガレージにて次号用の撮影を行うので、その下準備としてメインハーネスを外しておりました。

●久々登場、My Elsinore!

エンジンがないのでスカスカです。ここまでバラすんならフレーム単体にしてキレイに塗ってしまいたい・・・

さてさて、今日の作業はというと、何か加工を行うとか取り付けるとかではなくって、『ただハーネスを外すだけ』のハズでした。

「まぁ外すだけだし、15分もいらんやろ?」

と当初は鼻歌気分で作業をしていたのですが、途中で僕の心をバキーッ!とへし折る光景を目にしてしまったのでした・・・。

カプラーがオイルと泥にまみれている!!!

●オエェェ・・ップ・・・汚い!!!!!!!!

食事中の方、ゴメンナサイ・・・。カプラーを触るだけで手がみるみる汚れていきます・・・。
2ストオイルやら泥やら埃やら色々混ざってドロンドロンです・・・・・・コレはヒドイ!

今回ハーネスを外す目的は、いつの間にか12V化されていたエルシノアの電装システムが、どういう部品構成になっているかを確認するため(モトメンテナンス82号参照)。そのためにイグニッションコイルやらCDIやらを取り外し、ハーネスを取り外していたんですが、オイルタンク周辺のカプラーがことごとくドロッドロッになっています!! 

元々オイルタンクのフタに純正でないものが付いていたので、実は口元からチョットずつ漏れていたんですね。定期的に目に見える範囲で掃除をしていたつもりだったのですが、サイドカバーに隠れていたハーネスまでこんなことになっていたなんて・・・。明日はこのハーネスを撮影しなきゃいけないのに、こんな状態では撮影できないヨ・・・ハーネス外してハイ、終了!という予定だった僕はかなり凹みました。

じゃ、どうするよ?

もちろんやれる範囲で掃除するしかありません。ココで僕は、カプラーの端子を全部抜いて全てのカプラーを掃除することを決意したのであります!(←当たり前です) 
早速端子を抜くか?と思っていたのですが、端子金具の「パチン!」となる部分を押す道具を持っていません。代わりになりそうな先端の平べったい精密ドライバーも見当たらず。しょーがないので細いタイラップの先端をカットして端子抜きに代用・・・。

●一応、端子抜きの役目を果たしてくれました。

【左】平べったくて、そこそこ剛性のある物・・・と白羽の矢がたったタイラップ。先を細くして挿入します。
【右】うまく行くか不安でしたが、キッチリ役目を果たしてくれました。ホッ・・・。

●端子を全部抜いたら、あとはひたすら掃除掃除掃除!

【左】汚泥はなんとカプラー内部まで入り込んでいました・・・。これはキレイにせねば。
【右】パーツクリーナーをカプラーに吹きつけ、ナイロンブラシを内部に突っ込んでゴシゴシ!

端子を抜いたあとはひたすらクリーンアップに努めます。爪楊枝つかったり、千枚通し使ったりあらゆる手を尽くしてカプラーに付着した泥を取り去ります。結果的にはパーツクリーナーをぶっかけてからブラシでゴシゴシやるのが一番効果大でした。もちろんカプラーをキレイにしたら、ハーネスや端子に付着した汚れもキレイにしなくちゃいけません。

今回は、こんな風に掃除してますが、手元に同形状のカプラーのストックがあったら、迷わず新品に交換していたでしょう。予想以上にメンドクサイ作業です。結局全部で9つあるカプラーを掃除するのに2時間近くかかりましたよ・・・。(←そもそも自分が悪いんですが)

●とりあえずはキレイになりました

カプラーの外側と内側、端子とハーネスもキレイになりました。気分的にはかなりスッキリ!

えらく時間はかかってしまいましたが、明日撮影するハーネスはとりあえずキレイになりました。良かった??。今回は『メンテやってて、イヤになる瞬間・・・』ってなタイトルをつけてはみましたが、そもそもこうなったのは僕の責任デス。普段から怪しい部分はすぐに修理し、さらに見えないところもきちんとチェックさえしてれば、こんなことにはならなかったハズ。オフ車だから、とか旧いからとかは関係ないですよネ・・・。

もしこのブログを読んでいる方で、「最近ハーネスとかの様子を見てないなぁ?」と思う方がいらっしゃったら、明日にでも一度チェックしてはいかがでしょう。まぁ僕みたいな状況になってる人は皆無だとは思いますケド。


おっと!最後にひとつお詫びです。
明日は川越でDIRT A.C.T.S. UNIONのVMXミーティングが開催されます。Zeppan BIKES Vol.3でも告知しましたし、去年の最終戦以降、お会いするVMX好きの方々に「3月は走ります、行きますから!」と言っていたにも関わらず、車両はご覧の通りの状態で出走できません。さらに撮影も入っていますので、会場にすらお邪魔できません!

約束を守れず大変申し訳ありません・・・・。夏はちゃんと顔出しますので、そのときまでにキッチリ仕上げておきます!!

コメント一覧

コメント投稿




雑誌紹介

モトメンテナンスモトメンテナンス

日々のメンテナンスから不動車の再生、そしてレストアまで「バイクいじり」を幅広くカバーするメンテナンス総合誌。あると便利な工具・ケミカルの紹介から、業者への発注の仕方、そしてアッと驚く工作テクニックまで、いじり好きの編集スタッフが自ら実践し分かりやすく紹介。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ