絶版バイクス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年03月09日  comments (0)

先日、編集部へ自分宛の封書が届きました。見慣れない大きめの茶封筒には、手書きでしっかりと僕の名前が。

「ウーン?なんだろう。何か頼んだっけ・・・」

すかさず差出人の名前をチェックすると、

「あー!読者さんだ!」

そう、封筒を送ってくれたのは、モトメンテナンスとZeppan BIKESの両誌を愛読してくださっている読者の方でした(いつもご愛読ありがとうございますっ!)。読者のみなさんからのハガキを読むのが日課であり、楽しみになっているワタクシ、編集部に入ってもう一年以上経ちますから、常連読者さんのお名前はとっくに覚えております!(当たり前ですね・・・)最近では、多少レベルアップもして、書いてある字の癖や文面で「いつものアノ人だ?」と判るようになってきました。

でも読者さんが何を送ってくれたのか、サッパリ見当もつきません。早速中身を確かめるべく封を開けてみると、そこにはとあるビンテージトレール車のカタログと、古そうなステッカーが入っており、さらにご丁寧に手紙まで入っておりました。

手紙には「つちやまさんは、ビンテージオフがお好きですよね。掃除をしてたらたまたま出てきたので、コレ差し上げますetc...」というような事が書いてありました・・・。

・・・ううぅ・・・(泣)。マジでウレシイっす。涙でディスプレイが見えません・・・。本当に戴いちゃっていいんでしょうか?(戴く気はマンマンですケド)敢えてここでお名前は明かしませんが、Sさん、貴重なものを本当にありがとうございます。一生の宝にしつつ、カタログは3月18日発売のZeppan BIKES Vol.3の中でも有効に使わせて頂きます!!!(←楽しみに?)

せっかくなのでSさんに戴いたステッカーをお見せしましょう!

●ジャジャーーン!

このサインでピンと来た方はスゴイ。相当なWMXマニアです、きっと。


もちろん、僕はこのステッカーを見てもすぐには誰のサインかわかりませんでしたが・・・・・・コレは、1979年にWMX(世界モトクロス選手権)500ccクラスでGraham Noyce(グラハム・ノイス/イギリス)がチャンピオンを獲得したことを記念して作られた特別ステッカーみたいです!! コレはもしかすると超超・・・・・超レアモノなのではないでしょうか。

そもそも、WMXでホンダのライダーがチャンピオンを獲ったのは、クラスを通じてグラハム・ノイスが初めて。彼の活躍もあり、ホンダは同時に500ccクラスでのコンストラクターズ・タイトルも獲得したのであります。ロードでは60年代からGPを席巻したホンダですが、モトクロスのタイトルはなんと80年代直前までタイトルを獲れなかった。ということはホンダにとっては「悲願」ともいえるタイトルだったに違いありません!

このタイトルを皮切りに、ホンダは500ccクラスで81年までタイトルをホールドすることとなります(ライダーはアンドレ・マラーベ/ベルギー)。戴いた当初はコレにどんな価値があるのかも全く理解できていなかったワケですが、こうしたきっかけでまた少しだけWMXに関する歴史を学ぶことが出来ました。Sさん、改めてありがとうございます!!

コメント一覧

コメント投稿




雑誌紹介

絶版バイクス絶版バイクス

「モト・メンテナンス」誌スタッフが送る、新コンセプトの旧車専門誌。70〜90年代まで多くの愛好家を魅了した「あの時代のバイクたち」と末永く付き合うために不可欠な情報を掲載。大型空冷4発はもちろん単気筒、レーサーレプリカ、原付2種、トレールなど魅力の絶版車ワールドがここに。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ