クラブマン編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

 post : 2009年02月28日  comments (2)

先日行われたホンダCBR1000&600RRのABS付き試乗会は、
生憎というか絶好というか、シトシト雨の降るフルウエット状態。
そこで感じた最新ABSは……すんごいザンスー!! 

冬の雨は寒くてキライ。中途半端に寒い雨なら雪になって欲しいと思うくらい。
でも、雨のもてぎではそんなことを思う暇のないくらい、感動しました。いやー、いまのABSって凄いです。
雨のブレーキングが、まったくと言っていいほどコワくない。





雨のサーキットで、しかもノーマルタイヤなのに、。09モデルのABS付きCBRときたら、
右手をぎゅ?っと握っても、フロントは滑る気配がまったくなし。
リアは荷重が抜け気味になると、軽くユラユラスネーキング(左右に振られることね)するくらい。

峠道ならまだしも、サーキットは雨でも周りを気にしなくていい分、やはり速度が出てしまう。
速度感覚を公道モードでスタートしないと、ノーマルタイヤでは痛い目を見るのが必至なのです。
…なので慎重に走リ始めたのだけど、直立状態でのブレーキングなら、
CBRはレバーのかなり奥まで握りこむことが可能でした。

「えっ? 路面ってウェットだよね!?」
と勘違いしてしまうくらいに、雨のブレーキングでも
タイヤのグリップの具合がわかるから、その後のコーナリングが大変……。
その通り、つい勘違いしてそのままバイクを倒しこむと……わかるでしょ?
ABSはブレーキングのためのもの。コーナリング中までその魔法は効きません。

<以下実況解説風に…>
結構速度に乗せてストレートエンド手前でブレーキング
「なーんだ、かなりグリップするじゃんか」
       ↓
ドライと変わらないレバーの握りこみで、続けざまにシフトダウン
「ケツが少し振られるけど、まだイケル、凄い凄い!」
       ↓
ABS作動時のレバーに伝わる反動もなく、見る見る減速
「なんだ、思ったよりグリップしてるな、そんじゃ…」
       ↓
調子に乗ってクリッピングを目指し車体を倒しこむ
「雨でもオレ様最強サイキョ……ギャー!」
       ↓
滑る!流れる、止まらない!


理屈ではわかっていてもライダーは感覚で走る生き物だから、
感覚的にブレーキングとコーナリングを分けて考えるのは相当難しい。
この辺り、使いこなそうとすると独自の乗り方が必要になるのかもしれません。

でもツーリング先で雨に降られて峠越え、なんてときには、
安心できるし心強いシステムだと思いますよ。
スポーツライディング以外でも効果が期待できるし、
公道の方が不意の出来事は多いワケだから、
ブレーキングが苦手なキャリアの浅い人にはとくに恩恵の大きいものだと思います。
乗り易い600なんて、女性にもいいんじゃないかなぁ。
ぶっ飛ばし組にとっても、興味津々のシステム。今度ドライで試してみよっと。

雨の伊豆スカ、最強かもしれんなぁコレ…

コメント一覧

さとるさん

03月22日(Sun)

02時39分

編集長!いつも楽しく拝見させてもらってます。
先週から・・・・・。
やっぱ、サボってないで乗らなくっちゃと、勇気を戴きました。走り続けてたら、どこかで会えるかな?

たかぎさん

04月07日(Tue)

23時41分

さとるさん
コメントのアップと返信、遅れてゴメンナサイ。
ブログの管理画面の使い方がわからず、
時間喰ってしまいました。

バイクはですね、乗りたいときに
気持ちよ?く乗るのがイチバンだと思いますよ。
好きで買ったのだから、それでいいじゃないスか。

でもですね、乗り続けていると見えてくるモノがね、
あるんですよ、バイクには。
だから、乗り続けている先輩方のコメントが
とても気になる今日この頃。
次回はそんな特集を試みたいと思っています。

どこかで、またイベント企みますので、
そのときには是非来てくださいませ。
一緒にいろいろお話しましょう。


コメント投稿