モトメンテナンス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年02月23日  comments (0)

何とかなりそうな気はしますが、詳細は不明です。


あくまで可能性のお話しではありますが‥‥
以前、マッハ用ブレーキマスターを純正標準仕様のΦ14mm⇒Φ5/8インチサイズに加工依頼したときに、
CB750Kシリーズ用(K0?K2あたり)のブレーキマスターも同じく5/8インチサイズに加工依頼しました。
CB用はガレージにあったので、「ついでに」と思っただけですが、

加工後のパーツを比較して、何となく‥‥‥‥

インナーパーツを流用できるかも!? なんて思いました。
2個のマスターシリンダーを比較すると、厳密にはエア抜きポートの位置が若干違うものの、
ピストンコアのセット位置やブレーキレバーの遊び調整次第で、
どうにかなってしまう可能性があることに気がつきました。


↑左/上がCB750用で下がマッハ用マスターです。
右/インナーキットの下は、カップシールが1個足りませんが、上がマッハ用で下がCB用になります。似てます?


マッハ用は、加工後にWディスク用Φ5/8インチサイズのインナーキットを組み込めば
そのものズバリですが、CB用もカワサキ用インナー+αのセットアップにて、
使えるような気がしますが、断言はできません。


↑こちらはマッハ用加工マスターとΦ5/8インチサイズのカワサキ純正インナーキットです。

ちなみに、スーパースポーツGL1000時代やコムスターのCB750F2/F3時代のWディスク用マスターは、
Φ5/8インチよりももっと太かった(Φ17mmくらいだったような‥‥??)気がします。

何故今こんなお話しを、というと、先日、
「CBナナハンをWディスク化したいのだけど‥‥」といったお話しがありまして、そのお方は、
ブレーキマスターにノーマルを使うと言ってました。
僕の経験では、CB純正キャリパーをWで使って&ノーマルマスターシリンダーでは、
レバータッチがスポンジーでNGだった経験がありまして‥‥ 
で、画像をごそごそやっていたら、このようなものが出てきました。

あくまで可能性ですが
「なんとかイケそうな気がするぅ?♪ あると思います!!」 って感じです。

コメント一覧

コメント投稿




雑誌紹介

モトメンテナンスモトメンテナンス

日々のメンテナンスから不動車の再生、そしてレストアまで「バイクいじり」を幅広くカバーするメンテナンス総合誌。あると便利な工具・ケミカルの紹介から、業者への発注の仕方、そしてアッと驚く工作テクニックまで、いじり好きの編集スタッフが自ら実践し分かりやすく紹介。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ