モトメンテナンス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年02月22日  comments (2)

ひとつの鍵でイグニッションとステアリングロックが操作できるようになって
ひとまず日常の不都合はなくなったAS90を、
さらに便利に使えるようにするために、ヘルメットロックを追加します。


以前、田口編集長も触れていましたが、スズキ車用の汎用部品として
用意されているロックASSYは、ハンドルバーにクランプできるタイプです。
最近であれば、スズキチョイノリの純正オプションにあったような記憶も
ありますが、今回はK90用パーツリストから注文しました。
すると、つまみ部分がかまぼこ型のキーで出てきて超ラッキー♪

具体的にどこに付けると使いやすいかを試してみた結果、
ハンドルバーの右側に付けるのが良いんじゃないだろうか、ということに
なりました。


ちょっと「付いてる感」はありますが。

ヘルメットロックを標準装備する機種では、車体の左側に装備するのが
一般的なようですが、ハンドルバーの左側に付けるとヘルメットがタンクに
ガチ当たりになってしまいます。左側のグリップにヘルメットをかぶせれば
車体に当たることはなさそうですが、不安定感は否めません。
またステアリングロックを開閉する時に、車体の右側からキーを差し込むため
そのついでにヘルメットもロックすると考えれば、動作的に無理はないように
思えます。

というわけで、こんな感じになりました。



ところでこの作業中、新たな発見がありました。
ヘルメットロック取り付け位置の検討中、ハンドルスイッチの隣はどうかと
仮付けすると、クランプを締め切ってもまだ緩い。
そこでパイプ径を測ってみると、トップブリッジのクランプ部分では
標準的ミリバーサイズであるφ22.2mmなのですが、

そこから端部に向かって徐々に直径が小さくなり、両端のハンドルスイッチ部分ではφ18.9mm

となっていたのです。
スイッチハウジングもグリップゴムも純正パーツなので
新車時からこうだったようです。1960年代のテーパーバーなんでしょうか。

ということは転んでハンドルを曲げたり、スイッチボックスを破損すると
他機種からのパーツ流用での補修は面倒ということになります。
このところ頼りにしているK90も、さすがに全面ミリバーだと思うので
ハンドルやスイッチ周りのパーツは確保していた方が良さそうですね。

コメント一覧

CBXさん

06月07日(Sun)

08時09分

このヘルメットホルダーの番号わかりますでしょうか?
是非使いたいなと・・・。

モトメンテ栗田さん

06月08日(Mon)

20時42分

CBXさんお待たせしました。
部品名はロックASSY ヘルメット
部品番号は 95700-04113 です。
2009年2月現在の標準価格は税抜き2600円でした。
よろしくどうぞ?。


コメント投稿




雑誌紹介

モトメンテナンスモトメンテナンス

日々のメンテナンスから不動車の再生、そしてレストアまで「バイクいじり」を幅広くカバーするメンテナンス総合誌。あると便利な工具・ケミカルの紹介から、業者への発注の仕方、そしてアッと驚く工作テクニックまで、いじり好きの編集スタッフが自ら実践し分かりやすく紹介。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ