バイクブロス・マガジンズ編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年02月19日  comments (2)

BMW BIKES 編集部ブログで近々試乗速報が伝えられると思いますが
プレス試乗会当日にデスクワークをしていたので(泣)
読者さんと同じくいろいろ想像しながら誌面を愉しみにしています。


で、たまたま BMW Mortorcycle の古いカタログを見ていたら
K1 (1989年) のページで手が止まりました。



当たり前の話ですが、いまとなっては旧車の類となっている K1 も
当時は最先端技術を投入したスーパースポーツマシンだったんですよね。

とくにフェアリングに関してはそのボディを見てのとおり
開発には相当な時間とコストをかけていたようです。





1983年の K 100 シリーズにはじまり
K1100、K1200 と排気量が拡大していき
さすがにこれ以上はないだろうと思っていたところに K1300 の登場。


はたしてどんなんだろう…?

コメント一覧

ごパンダさん

02月21日(Sat)

01時39分

ゼンさん
ホントに気になります。・・・・・・・・

どうなんでしょう?!

日曜日・時間が合えば・・・・東雲ライコ

見て、触って、スリスリ(笑)したいです。

バージン・バイク:ゼンさん

02月23日(Mon)

20時21分

ごパンダさん
やっぱ、気になりますよね?

ただでさえ持て余すほどのパフォーマンスなのに、さらなる排気量アップでどのような乗り味に仕上げてくるのか?

「さすがBMW」となるのか、「ホントにこれでいいの?」となるのか、実際に乗ってみないとわかりません。

ま、そのあたりは専門誌に任せるとして(笑)、いまの自分はK1の方も気になってます。

そろそろ程度上のお値ごろ車輌が…う、イカンイカン(汗)。

今後バージンBMWでも、もちろん記事展開する予定ですので、こちらもよろしくお願いします!


コメント投稿