絶版バイクス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年02月18日  comments (0)

2ストエンジンは空気吸入量で激変!!


↑ARシリーズのエアボックスにも仕様があるらしく、我が80用は最大吸入仕様のようですが、
それでもエア吸入量は圧倒的に少ないようでした‥‥


KX80用ダウンチャンバーなる部品を購入し、どうにか取り付けることができた
(この段階ではリアステーの取り付けはまだ未)。
試運転した結果、なんとなく明るい兆しが見えてきた♪ 
そこで、チャンバー師匠の助言にしたがい、色々と試してみることにしてみた。
「排気効率を良くすることと吸入系の改善は1セットで行うもの」である。
逆に言えば、吸入系の改善もしくは改良無しでは、
大きなパフォーマンスアップを望めないのもチャンバーだと言える。


以前、H2にチャンバーを取り付けたときにも、吸入系がノーマルのままでは、
劇的な走りの変化は得られなかった。
そこで、吸入系システムはそのままに、エアエレメントを抜き取り、象の鼻を取り外したことで
空気吸入量が増し、高回転域でパンチが増した。
海外から里帰りしたH2やH1にチャンバーが装着されている車両の場合、
その多くがパワーフィルター仕様になってますが、それはまさにうなずけるお話しである。
高校生の頃、400SSに乗る友人がデンコチャンバーを取り付けたが、
フィーリングがイマイチだったのでパワーフィルター仕様に変更したところ、
走りが激変したことを思い出した。単にチャンバーを取り付けるだけでは、
その変化が少ないんですね、やっぱり‥‥。

そこでARですが、順繰りに吸入系をいじってみることに‥‥‥‥。

まずはエアボックスに空気を取り込む通路と言えるレゾネーターの取り外し。

口径設定がパフォーマンス振りなら良いが、AR用の同パーツは吸入音用サイレンサーの役割が大きいような気がする。

結果的には、エアクリーナーボックスのフタを取り外すと、そりゃもうレーシー!! 
吸入音がうるさ過ぎるのでその仕様で走る気分にはなれませんが、
間違い無くパンチ力はアップ!! エンジン回転の到達スピードもノーマルとは比較にならない。


そんなこんなで吸入系テストを繰り返していった結果、
やっぱりキャブセッティングが不可欠だと判断。
しかし、各種ジェットが手元に無いので、さ?どうしましょう‥‥‥‥

コメント一覧

コメント投稿




雑誌紹介

絶版バイクス絶版バイクス

「モト・メンテナンス」誌スタッフが送る、新コンセプトの旧車専門誌。70〜90年代まで多くの愛好家を魅了した「あの時代のバイクたち」と末永く付き合うために不可欠な情報を掲載。大型空冷4発はもちろん単気筒、レーサーレプリカ、原付2種、トレールなど魅力の絶版車ワールドがここに。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ