絶版バイクス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年02月14日  comments (0)

チャンバー作りのプロフェッショナルから見れば
実にバカげたお話しではありますが‥‥‥‥



チャンバー作りでは重要な要素がいくつもあることは、当然わかっているつもりですが、
そんな数値的要素がどう重要なのかは、経験者にお話しを聞きつつ、
自分でチャンバー車を走らせてみて、実体験するのが一番だと思います。

今回のチャンバー作りで僕が考えていたのは、
?ノーマルを上回るパンチ感とスピード
?ピーキーなエンジン出力特性にならないこと
?ノーマルよりもカッコ良い
?チャンバー付きのままでギヤオイル交換可能
上記って感じです。

??については、実際に走ってみればわかると思います。
ちなみに、エンジン特性に関しては、
そもそもそのエンジンの性格=ポートタイミングに大きく依存するそうで、
そもそもピーキーな特性のエンジンにチャンバーを取り付けると、
そのピーキーさが助長されると聞きます。
例えば、以前にH2/750SSでチャンバー仕様を楽しんでいた時期がありましたが、
そもそもノーマルからしてトルクフルなので、以前にH1/500SSで
チャンバーテイストを楽しんだ時と比べて、やっぱりそのような印象を受けました。
500とナナハンでは、明らかに500の方がパワー曲線がピーキーですからね。
そんな意味でも、AR80はそもそもトルキー特性なので(デザインに反して)、
チャンバーを取り付けることで超ピーキーにはなりにくいような気がしますが、
プロが作るとまた違ったエンジン特性になるのでしょうね‥‥

そんなこんなで‥‥‥‥

カワサキKX80用ダンウチャンバー(と呼ばれていたモノ)をベースに、
AR80?ブラック号に「物理的に合致させる」作業を開始しました。


スプリングで引っ張るフローティングマウント式にしようかと思いましたが、
汁モレしてしまうと気分的にナエテシマウのと、
フランジ製作も面倒だった(都合が良い材料が無かった)ので、
ノーマルマフラーのエキパイフランジを流用することに決定。
でも、程度極上のノーマルマフラーの口金をカッ飛ばして使うのは忍びないので、
AR80と同じエンジンを搭載するサビサビのKS-?マフラーを頂戴してきて、
そのエキパイ口金をカット&流用することにしました。


ノーマル口金なので、汁モレの心配も無いし、口金口径が著しく絞られた設計ではないので、
無駄なロスも少ないはず。事実、切り取った口金をヘッドに締め付けて内部を覗き込むと、
排気ポート口径がやたらと小さく、エキパイ口径の方が断然太かった‥‥ ということは!?
まぁ「ヘンな想像」は、フツーに走れるようになってからにしましょう。


次に、ダウンチャンバーの口金をカットします。
もし本当にこのチャンバーがKX80用だとすると、
実に口径が太いことがわかります。やっぱりコンペマシンは違いますね!!

口金部分をカットしたチャンバーを車体に当てがうと、
排気ポートの角度とまったく合致していません。
そこでエキパイに金ノコでV字カットを入れてクイッと曲げ、排気ポートの角度と合わせました。


さらにKS-?ノーマルマフラーの口金をセットすると、違和感無い感じになり、
口金からエキパイへの流れも極端な段差は無く許せる程度の段差。
しかも前述したように口金口径がポート断面と比べて明らかに大きいので、
今後のエンジンチューニング=ポート拡大!? にも対応できることは明らか‥‥



そんな口金とV字カットのエキパイを溶接し、
取り敢えずは「車体に装着できるようになりました?♪」
実はこのエキパイ形状、なんとなくマッハの‥‥
そう勝手に思い込んで密かに喜んでいるワタクシであります。

コメント一覧

コメント投稿




雑誌紹介

絶版バイクス絶版バイクス

「モト・メンテナンス」誌スタッフが送る、新コンセプトの旧車専門誌。70〜90年代まで多くの愛好家を魅了した「あの時代のバイクたち」と末永く付き合うために不可欠な情報を掲載。大型空冷4発はもちろん単気筒、レーサーレプリカ、原付2種、トレールなど魅力の絶版車ワールドがここに。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ