BMWバイクス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年02月09日  comments (3)

みなさんこん○○は! ナガヤマ@BMWBIKESです。

今朝がた編集部に戻り、帰宅し爆睡。
昼過ぎに復活しました。

HP2SPORTは快調そのもので
さきほどトリップ計をチェックしたら、今回は1600kmほど、走ってました。
厳寒のこの時期に長距離を走ったことで
1年前のスペインでのテストで得た感触とはまた異なる魅力も見えてきました。



まず第一に、空いたハイウエイを
クロスした4?6速を使いながらテンポよく走るとかなり気持ちいい。

中域から高回転域までの吹けのシャープさはスペインで感じた以上。
丹精こめて組み上げられたツインカムボクサー最大の魅力です。

そして、いわゆるスーパーバイクのベース車になるようなマシンたちのように
乗り心地やポジションがタイトに過ぎないのも、やっぱり公道でパフォーマンスを味わうにはかなりのポイント。
ソフトでしなやかなサスが印象的でした。
しかも軽い。テレレバーのおかげもありますけれど、ハンドリングに頑固な部分がなく、
超のつく高速でも切り返しなどがとても楽です。
あとこれはあくまで“夢の中での話”ですが、デジタル表示の速度計は“ふうやkm”までは確認できました。

ここらへんは、ブログで書くとなんなので、
誌面で詳しく報告しましょう。
念のため、次号BB46号は3月14日発売です(笑)。

それから、気になる燃費を計測しました。

クルマの流れに乗りながらの、120kmぐらいでの高速巡行では、リッター17km中盤まで伸びました。
ナラシが終わるともう少し良くなるかもしれません。

タンク容量は約16リッターですが、例の残量表示はかなり正確で、1度などは15.5リッター入ったので
あとちょっとでガス欠寸前でした。そのときの「RANGE(残り走行可能距離)」表示はなんと1km。
実際にはトリップが200kmぐらいで燃料残量警告がつき始めます。
高速道路のリエゾン走行では、この200kmが給油&休憩インターバルの区切りになるでしょう。

ほかのツアラーの航続距離に比べ短めなのは、HP2エンデューロなどと同様ですね。

さて、そんなHP2Sportでもう少し開けて走るとどうかというと、
中国道の山口県西部あたりの屈曲路線を、かなり面白がって走ってみたんですが、
そのときは150kmも走ると警告灯がつきました。
いざ燃費を計ると、リッター13.9km。警告灯がついてからはおとなしくSAまで巡航したので
サーキットやワンディングなどで飛ばしたときには、12km以下を覚悟したほうがいいかもしれません。

つまり、スロットルの開けかたで燃費の変動の度合いが大きい傾向ですが、
とりもなおさず、開けて面白いエンジンだから、ついついそうなってしまう、ということだと思います。

それから、リエゾン走行では気になった寒さやシートクッションの硬さも
ちょっとその気になって走るとちょうどいい感じなんです。
伏せるとあの小さいカウルのウインドプロテクションがけっこう優れていて
あっという間にワンタンクぶん走ってしまいました。
左右ミラーの間隔が狭く、視認性はあまりよくありませんでした。
ゴアスーツなどの着ぐるみが太るものでは、ミラーの半分以上が腕で隠れて、
○面パ○カーなどが来てもよくわかりません(失笑)。
しかし、伏せた姿勢に角度をあわせると、これがまた、視界が向上するんです。

まるでそのためのミラー位置のようでした。
が、真相はたぶん、レザースーツのようなタイトなウエアでテストされているからではないかと思います。

さて、そんなHP2Sportですが、
もう少し暖かくなってから、
東名の都夫良野トンネル周辺とか
中央の相模湖周辺とかを快走しつつ、
ワンデーツーリングで
海や山の幸をほうばって帰ってくる、
なんて使い方が癖になりそうなモデルだと思います。

でもこれって、ちょっと前まではスーパースポーツバイクの当たり前の姿でしたよね。
いつからかハードでタイトでストイックな完全なホモロゲモデルがスーパースポーツであるかのようになってしまいましたが、
ロンツーにはいけないけど、ちょっと早起きして東西南北、あちこちの山や海に繰り出すっていう、
80年代のバイクブームの頃の仏の楽しみを、もう一度、今の自分の年齢なりにやってみたいなあ、なんて思います。


あ、まるでオーナーになっちまったかのような言い方ですね。失礼しました(笑)。

それから、モード変更で2D製メーターパネルはすぐにラップライム表示メインの画面にかわります。
これもかなりそそられます。
サーキットランをしてから自走で帰宅、なんて使い方も、かなり濃いバイクライフですね。

ディーラーさんに聞いたら、残数極少ながらまだ予約可能なようですよ。

よ?し、また宝くじ買いに行こ?(笑)。


ではまた!
RideSafe!
ナガヤマ@BMWBIKES



コメント一覧

PUNKYさん

02月09日(Mon)

19時30分

キャノンボール取材行、お疲れ様でした。
土曜日は某お店でお世話になりましたm(_ _)m
取材などで忙しかったようで、ゆっくりお話できませんでしたが、
福岡某所で展示されていた某国産4輪超弩級モデルを拝めなかった分(謎笑)、
HP2 Sportのオーラをライヴで堪能することが出来ました♪(どげな比較や??)(笑)

また「シミツ集会(?)」などではよろしくお願いしますm(_ _)m

びーごさん

02月10日(Tue)

16時31分

気持ちよさそうですね?。車両価格はイケませんが。
自分はKのモデルチェンジで在庫処分の12GTの安さにつられて、12RTから乗り換えてしまいました。
BIKESのリポートで気分だけでも楽しみたいと思います。

ナガヤマ@BMWBIKESさん

02月11日(Wed)

19時51分

>PUNKYさん
コメントどうもです。そうですねドタバタしてゆっくりお話しできませんでした。でも相変わらずお元気そうでよかったです。またどこかの道でお逢いしましょうね。

>びーごさん
コメントどうも! RT→GTは、ある意味正しい乗り換えですね。実際に愛車にして長旅や普段の足に使ってみてこそ両者の持ち味の違いが出てくると思います。ぜひ比較比較レポート送ってください。


コメント投稿




雑誌紹介

BMWバイクスBMW BIKES

テーマは「BMWバイクを慈しみつつも使い倒すビーマーのためのアシストマガジン」。世界で初めて創刊されたBMWバイク専門誌(季刊)です。ドイツ本国をはじめ、アメリカやヨーロッパ各国との強力な連携を持ち、BMWバイクに関する話題を、深く、広く、わかりやすく誌面展開しています。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ