絶版バイクス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年02月07日  comments (2)

レース専用タイヤですが見逃せません。自己責任にて使ってます。



AR80ブラック号には新車当時からのタイヤが装着されていて、
さすがにその状態のままで走る気分にはなれません。
タイヤは山の「あるなし」だけではなく、賞味期限も重要です。
ちなみにあくまで個人的な印象ですが、現代的ラジアルタイヤと比べれば、
絶版旧車系に似合うバイアスタイヤも方がまだ賞味期限が長いような‥‥
だからていって20年前のタイヤで気持ち良く走れるワケありませんので、
今回は、前後ホイールのタッチアップ風オールペイントついでに、
前後タイヤを交換しました。

前後18インチのフルサイズで‥‥

現代的高性能タイヤと言えば、
誰が何と言おうとブリヂストンのBT39SS/2.50-18しかありません。

そもそもホンダコレクションホールの往年のファクトリーレーサーが
実動テストをするのに履けるタイヤが無いということで開発されたレース用タイヤなので、
その作り込みに妥協が無くグリップは最高!! 


↑↑1997年発売のドリーム50も立派な絶版車ですねもはや!!!! かなり衝撃!! 今気がつきました‥‥
今度サーキットじゃなくて、ドリーム50で公道ツーにでも出掛けますか!? ほとんど黄尻でしょうね!?↑↑↑


パターン的には現代風ですが、
ドリーム50でレースしていた当時は、このタイヤ以外考えられませんでしたね。
レース専用なのでnot for 公道ですが、次のタイヤまでのツナギですね。

実は、ガレージにはBT39SSの「レースでの賞味期限切れ」に近いタイヤが
過去に何本もありまして、不用になったそれらは友人達にも渡ったりしていました。
実際にマッハ&原2仲間のヤマハAS3にも装着され、ワインディングを気持ち良さそうに走っている
様子を見ていて、僕自身もBT39SSを装着してみたい!! なんて思っていたのでした。

で、AR80がガレージに仲間入りしたので、「ここで使わなければいつ使う!!」って感じで、
AR80ブラック号に装着したのであります。



でもって、このタイヤ交換時に友人製作の「井桁」を使いましたが、
こりゃもう最高!! ディスクローターがまったく気になりませんでしたね。
タイヤ交換時にダストシールがダメになっていることに気がつきました。
さすが20年選手なのでリップが完全にチビてました。
また、本気で走る前に足周りのグリスアップも徹底的に実践。
そのあたりの詳細はモトメンテ本誌次号の企画に合致したので、
そちらにてリポートさせていただきま?す。

程度極上だからこそグリスアップです!!



 

コメント一覧

newgascookerさん

02月10日(Tue)

12時34分

タイカワサキのKH125に乗ってますが、タイヤサイズはAR80と全く同じです。
18インチの原2はタイヤの選択肢が少なくて困りますね。
17インチであれば、よりどりみどりなのになぁ…。

こんなページを見つけたので、AR80の脚回り移植を夢見ていますが、先立つ物がないので夢で終わりそうです。
http://haruka.saiin.net/~riderspark/kh125_custom_s_s.html

たぐちさん

02月10日(Tue)

20時14分

cookerさま。カキコありがとうございます。
確かに、17インチに比べれば18インチはタイヤチョイスが難しいですよね。でも、僕がAR80を選んだ理由の大部分に「18インチ仕様」がありますので、これでヨシと思ってます。KH125も魅力的ですが、僕らの年代にとっては、90ccスラス最強の装備を誇った(70年代当時のお話しです)KH90が超魅力的です。KM90も大好きですが(レストア計画中断中)、この当時のカワサキ・ロータリーバルブ90シリーズは本当に速かったです!!


コメント投稿




雑誌紹介

絶版バイクス絶版バイクス

「モト・メンテナンス」誌スタッフが送る、新コンセプトの旧車専門誌。70〜90年代まで多くの愛好家を魅了した「あの時代のバイクたち」と末永く付き合うために不可欠な情報を掲載。大型空冷4発はもちろん単気筒、レーサーレプリカ、原付2種、トレールなど魅力の絶版車ワールドがここに。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ