BMWバイクス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年02月04日  comments (4)

昨日、バレンシアでのテストレポートをお伝えした
WSBK参戦のBMWモトラッドS1000RR(愛称募集中)ですが、

たった今到着した最新の情報によると、
市販車両の生産ラインはすでに稼動しているということです。

999ccの4気筒エンジンのシリンダーヘッドは非常にコンパクト。
F1で培ったテクノロジーをフィードバックしたカムシャフトを備えます。
専用のダイナミックトラクションコントロールシステム(DTC)は、4つのモードをセレクトでき、ABSもスポーツ走行に優れたものを新設計しています。
車重は183kgということ、一体このマシンはどんな走りをするのでしょうか?

2009年初夏の市販開始を目指し生産が始まっており、
ドイツでは、15.150ユーロの予価となっています。
これって思っていた以上に安いとおもいませんか??


トロイ、ルーベンの両選手、
そしてそれをサポートするBMWチームスタッフも非常にポジティブな心意気で、
3月1日の開幕戦(フィリップアイランド/オーストラリア)を心待ちにしているようです。

ちなみに、昨日とは別のカット、
手元のスイッチ類、フロントブレーキのセンサー、クランクケース中心が両車で違う点など、気になる部分がたくさんあります。





ボクなんか実際はそんなに速く走れませんが、
こういったマシンを見るとやっぱりワクワクしてしまいます。
WSBKで活躍してくれるといいですね。

ダン@BMWBIKES

コメント一覧

一介のバイク乗りさん

02月04日(Wed)

16時16分

…「ワンマイル・タンデムシート」がつくあたりが…( ̄へ ̄|||) ウーム
ナガヤマ編集長のかつての言葉を借りれば「BMWはパンツを脱ぎきっていない」感が…
考え直してみれば予価も含めてR1、1000RR、R1000、10Rにモロにぶつける設定かと…

うらりん2さん

02月05日(Thu)

00時43分

かっちょええですな。

素直に欲しいです。

でも確かにこの造りでBMWならタンデムシートは無くても納得すると思いますが・・・

ナガヤマ@BMWBIKESさん

02月05日(Thu)

01時21分

(補足ですが)
日本仕様の内容や価格、導入などは現時点ではまだまったく決まっていません。ということを留意願います。一応ドイツ以外の一部の国ではエンバーゴがかかってますんで、そのあたりは紳士協定でお願いします。
くれぐれもディーラーさんや輸入元さんに問い合わせるのはご遠慮くださいね。

それから、SBKのホモロゲのために、急ぎ生産しなければならない状況にあるもので、すぐにそれを輸出につなげるかどうかは不明です。

いずれにしても、日本製SSとガチンコの価格設定、車両仕様設定で、今までのBMWでは考えられなかったチャレンジですね。
ホントにこれは狼煙です。みんな心血注いで開発してます。
このあとどう市場が推移し、どうSBKで勝ち星がつくか、年末が見ものです。

一介のバイク乗りさん

02月05日(Thu)

16時02分

逆に言うと、日本車に事実上ライバル不在で、BMW Motorradで一番の売れ筋のR1200GSには、
利益率高めで強気の価格設定が出来たりして…(^m^☆\(--;;;バキッ

別トピにあった、S1000RRはデスモドロミックかも?って話ですが、
バルブマチ…いあ、バルブトロニック積んでるかも♪と思うと、メカ的にも興味津々ですね(((o(^。^\")o)))ワクワク


コメント投稿




雑誌紹介

BMWバイクスBMW BIKES

テーマは「BMWバイクを慈しみつつも使い倒すビーマーのためのアシストマガジン」。世界で初めて創刊されたBMWバイク専門誌(季刊)です。ドイツ本国をはじめ、アメリカやヨーロッパ各国との強力な連携を持ち、BMWバイクに関する話題を、深く、広く、わかりやすく誌面展開しています。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ