モトメンテナンス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年02月04日  comments (5)

新品バッテリーをつないでみると、妙にハイフラッシャー気味だったAS90。
点滅しないよりはいいか、と思いましたが「チカチカチカチカ……」と
規定の85回/分に対して120回/分は打ってる感じです。
これではどうにも気ぜわしくて仕方ないので、オークションで買った
同じスズキのセルペット用新品リレーを装着してみます。

AS純正が単1電池ぐらいで、セルペット用はカメラ用電池のCR123ぐらいです。さすがスズキ車同士なので、ハーネス色も同じです

すると、これでバッチリOK。おまけにセルペット用は、ウインカースイッチを入れた途端にランプが点く、レスポンスの良いタイプのようです。でもしかし、昔ながらのCRリレーって、「ジー……、チッカンチッカン……」と、コンデンサへの給電分だけ「溜め」があるのがフツーのような気もします。
だとすると、40数年前の新品はもしかしてすでにお疲れ気味なのかもしれません。

そこで、もうちょっと現代的な6Vリレーはないかと探してみます。本体がアルミ製の汎用リレーなら、
オークションでも発見できますが、純正パーツとして買えるものはないかと。
一番最後まで市販されていた6V電装車が何なのかは分かりませんが、よく知られたところではHONDAジャズが6Vでした。
同じような格好をしたマグナ50が12Vでセル付きだったのに、ジャズはキック始動で6Vだったので、
その違和感だけで記憶に残っています。
身近なところなら、田口編集長のAR80も6V。もう1990年代を目前にした80年代終盤モデルですが、6Vです。
でも、結局たどりつくのは、手元にパーツリストがあるK90です。僕が持っているのは1991年発行のリストですが、
ここに掲載されているK90-8/10/11/12/Jタイプはどうやら6V電装のようです。そこでこのリレーを注文してみると


来ました。もう、今風の樹脂ケースのウインカーリレーが。
メインフレームの中に入っていて外から見えないから見栄えはどうでもいいんですが、こんなモダンなカタチで、
当たり前のように作られていることにちょっと驚きます。
おそらく、同じ部品番号で輸出用小型モデルに今でも使われているのでしょう。

こんなサブハーネスもついてきました。バッテリー側の配線色が昔の赤からオレンジになっていますが、ランプ側は今もオレンジ色ですね。

ついでに、車体に取り付けるためのブラケットも注文しておきました。タイラップで引っ張っておくよりスマートですからね。フレームの内側だから見えませんが。

ちなみにスイッチを入れると、「ジー……、チッカンチッカン……」と、正しくもノンビリした動きでした。

コメント一覧

ハルさん

02月04日(Wed)

14時06分

今ほぼ同年代のTS90Tをやっているので参考になることが沢山あります。
エンジンが縦と横の違いくらいかな?同じロータリーディスクバルブですし。
今がモトメンテ次号に向けて大変な時期かと思いますが頑張って下さい。

たぐちさん

02月04日(Wed)

14時34分

ハルさま
クリタんところですが、ハルさん
ハルさんもTS90/12V化やるんですか?
クリタがササやんのとこを見て気にしていたようですが……
ちなみにモトメンテは今日明日が峠って感じです?
週末軽く走りますか???

モトメンテ栗田さん

02月04日(Wed)

14時35分

グルメ部長サマ、今日の昼ご飯は王将でした。
え?と、TS90ってロータリーで縦シリンダーなんですね。って、オフ車はサッパリな私です。
もしかして、バルブまわりのシールなんかも共通なんでしょうか? ちなみにキャブ口径はどれくらい??

ハルさん

02月05日(Thu)

09時06分

おはようございます。峠を越えたらまた違う峠が見えてきたりして?
編集長さま、
電気関係はサッパリですので僕には無理ですね?。
TSで早くARのように公道デビューしたいな?。
大きいのでも小さいのでもいつでも出撃OKですよ。

副編集長さま
ディスクカバーの裏に直径10センチくらいの
Oリングがありましたね。共通なのかな?
TSにはVM19のキャブが付いてましたよ。
GT100が20でバンバン90で17だったかな。

モトメンテ栗田さん

02月05日(Thu)

12時08分

キャブ口径はASと一緒ですね。たぶん
ちなみに、昔YB50でレトロ50レースをしてたとき、
編集長のチカラワザでディスクカバーのアダプターを
太くして、デロルトのφ22を付けてましたが、
うまくハマるとえらい速かったですね。

うまくハマったのは10回に4回ぐらいでしたが……。


コメント投稿