絶版バイクス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2008年08月22日  comments (7)

昨日はお盆に襲われたサニトラのトラブルをお届けしましたが、今日は本題のツーリングネタを。

「地元でも自分のバイクで走りたい」そんな思いから、わざわざサニトラにエルシノアを積んで東京を出発。ただ一気に九州へ飛ぶのはもったいないな、ということで広島に住む友人を訪ねてプチツーリングすることにしました。高速道路をひた走ること10時間、日付が変わりそうな時間にようやく目的地である広島県三原市に到着。その日は友人宅に泊まらせてもらい、翌朝プチツーリングへと出発したのでした。



まずやってきたのは、三原市南部に位置する「瀬戸内海国定公園 筆影山・竜王山」です。国定公園で●●山というと、ものすごーく標高の高い避暑地のような場所を想像してしまいますが、筆影山は標高311m、隣に並ぶ竜王山も標高445mと大して高くはありません(笑)。そのため「登り始めたらキャブのセッティングが合わなくなった!」なんてこともなく、前日にエンジンを組んだばかりのエルシノアも快調に山道を登ります。

同行する友人は、学生時代からのバイク仲間。マシンはW2TT風の左UPマフラーを装着したW650。ダブロク乗りの彼、以前はZ650LTDに乗り、僕に人生初の「Z体験」をさせてくれた人物でもあります。お互いに乗ってるバイクは変わったけど、走り出せばすぐに一緒に走っていた頃の「呼吸」を思い出します。

『地名言われてもどこか分かんないないよ!』という方に簡単な地図を。

僕らが訪ねた国定公園は大雑把に示すとこんな場所にあります。三原市は広島市とから約50kmほど東側に位置する街。造船業が盛んでもあります。

瀬戸内海に面する三原市は、海沿いの道がとっても気持ちの良い場所です。クルマも少ないし、適度に入りくんだ海岸線はとても走りがいもあります。もちろん海沿いの道を走りながら瀬戸内海に浮かぶ島々を眺める景色も最高ですが、筆影山や竜王山のように少しだけ標高の高い山に上がると、その景色はよりダイナミックに。


こうやって見ると、瀬戸内海の島は起伏に富んでいることが分かりますね。

久しぶりに東京を離れて真夏の日差しを浴びましたが、なんだか肌が痛い!明らかに日差しが強い気がします。いつしか都会の空に見慣れてしまった僕にとっては、空もとっても青く見えました(写真では空の青さがうまく撮れていませんが)。

バイク好き同士、やっぱりお互いのバイクは気になるもの。彼のダブロクをしげしげと眺めていましたが、ハンドルにはスクランブラー好きには定番の流用パーツが装着されていました。


さてここでクイズのお時間。コレ何のハンドルだか分かります?

僕と同じくW2TTに強い憧れを抱く彼のダブロクにはブリッジ付のハンドルが装着されていました。「これってやっぱあのハンドル??」と聞くと、彼はうなずきます。このビンテージタイプのハンドル、実は現行のカワサキ250TRのもの。コレなかなか良くできてるんですよ。というのも、クランプ部のストレート寸法や、立ち上がり角度、絞り具合や高さなどビンテージトレール好きも納得のスタイルなんです。実は僕も持ってます。(※現行ダブロクのハンドルはインチバーが標準のため、このハンドルの取り付けのためにスペーサーを介しています)


では2問目のクイズ。僕も先日エルシノアにプチカスタムを施しましたが、それはどこでしょう?

エルシノアのノーマルの姿が分かる人ならお分かりとは思いますが、テールランプを交換しました。とっても小振りなこのテールランプ、TY250S スコティッシュのヤツです。元々ノーマルのバカデカいテールランプがあまり好きではなかったのもありますが(ノーマルが好きな方ゴメンナサイ)、振動でテールレンズに大きなひびが入ってしまったこともあり、潔く交換。ノーマルのように大げさなステーもないので、かなり軽量化できましたし、見た目も超スッキリ!それに合わせてウインカーも小振りなラバータイプーにチェンジ。これなら万が一バイクを倒してしまっても、ウインカーのダメージはナッシング?。

しかしこの日は暑かったです。僕らは記念写真を撮ることを口実に、しょっちゅう休憩を入れながら海岸線のR185を西へと走ります。竜王山を降りてからわずか10分、再び記念撮影の場所に到着。なんの変哲もない海沿いの路側帯なんですが、とりあえずパチリ。

 
今回2台で撮った写真と、鮮やかなブライトオレンジのバイクが写った写真を並べてみます。

ここは僕が広島県に住んでいた5、6年前によく訪れていた場所なんです。オレンジのバイクは、長らく「眠れる猛牛」となっってしまっている僕のF8バイソン。二枚の写真はほぼ同じ場所で撮った写真なんですね?。今回エルシノアでこの場所を訪れたことにより、現在僕が所有している3台のバイク全てが、この場所を訪れたことになりました。他人にはどうでもいい自己満足ですが、これも旅の目的だったり。

そうだ!ここで告知をしなければ!! 8月16日に発売された「モト・メンテナンス79号」の「ウィークエンドパラダイス」コーナーで今回からF8バイソンの連載がスタートしてます!ぜひそちらもご覧ください。バイソンネタもいずれココでUPしようと思います。


さて、そんなこんなで炎天下の中をダラダラと・・・いやのんびりとツーリングを楽しむ僕ら。あまりの暑さにノックアウト寸前です。ってなことで、記念撮影の場所から走ること20分、友人オススメのカフェに立ち寄ることに(ツーリングに出発してからまだ1時間も経ってません。笑)。

 R185沿い、竹原市に位置する<HOXTON CAFE>にて。とってもオシャレなカフェです。

このカフェは海沿いにありました。カフェの目の前には穏やかな瀬戸内海が広がります。きっと夕焼け時は最高に美しい景色を楽しめるに違いありません。そんなロケーションもさることながら、僕らにとって、何よりも素晴らしかったのは『バイクを眺めながらお茶できる』こと!!ダブロク乗りの彼と僕は、かつて「カフェレーサー」の大好きな健全な若者でありました。二人でその語源や歴史を熱心に調べるうちに、カフェレーサーを気取るためには「行きつけのオシャレなカフェがなければいけない」という結論に達していたのです。

「カスタムも大事だけど、俺達にはカフェが必要だ。バイクで乗りつけられて、尚且つ自分のバイクを好きな角度から眺められるカフェが!」

↑のような事を考えながら、来る日も来る日もアチコチ走り回って必死に探していましたが、当時僕らが望むようなカフェに出会うことは遂にありませんでした。


苦節10年、僕らが求めていたカフェにやっと出会うことができました。僕はめったに行けないけど・・・。

信号待ちのたびに「暑い暑い!」と弱音を吐き、ようやくカフェに着いた僕ら。でもカフェの前に停めたバイクを眺めるために冷房の効いた室内に座ることを拒否!無理してオープンテラスへ座ります(笑)。しかし「凪」の瀬戸内海を目の前に、愛車を眺めながら飲むアイスコーヒーは間違いなく今年一番の旨さでした。

こうして遂に見つけたお気に入りのカフェで、バイク談義をしつつたっぷりと休憩を取りました。いま思い出すと、この日のプチツーリングに要した時間の3分の2はこのカフェで過ごしたような・・・。

まぁいっか。



コメント一覧

J'sさん

12月29日(Mon)

17時40分

8月のブログに12月の書き込みお許しください。どうしても気になりますので。

3年前650LTDで検索していて、とあるブログ(ダートマウンテン)に行き着きました。
その中のエストレアとLTDの2ショット写真や海沿いガードレール前のLTD写真などを見て益々興味が湧いてきた時
オークションにまさに写真のバイクが出品されていたのです。京都のお店でした。
購入時は左フロントフォークケースに黒でkAWASAKI切り抜きシール
右のクランクケースに白地に緑のteam greenカワサキの丸いステッカー、NGKの赤いプラグキャップが付いていました。右シリンダフィンに欠けがあります。
つちやまさんのブログ写真のガードレールもそっくりなんです。 もしかして私のバイク、ご友人が手放され

J’sさん

01月01日(Thu)

15時37分

続きです>>
た1台ではないでしょうか?ミラーは黒のZ2ミラーに換えてあります。
ブログには他に赤の250TRバイソンも登場しています。思い違いかもしれませんが。。。

つちやまさん

01月05日(Mon)

13時10分

J'sさんごぶさたでございます。
まさしくそのLTDは僕の友人が手放した650LTDです。多分J'sさん数年前、某誌に出てましたよね(某所のPAにて撮影の・・・)。それを見た直後に友人に電話し、「お前のLTD出てるぞ?!」と話した記憶があります。
それはそうと、京都のお店のオークションも当時チェックしてましたし、シリンダーフィンの欠けの特徴もその通り!J'sさんのは間違いなく僕の友人が乗っていたLTDです。いやーなんか不思議な話ですね。機会あれば今度見せてください。。。

J'sさん

01月05日(Mon)

19時51分

やはりそうでしたか
いつでもいいですよ^^場所は海沿いのカフェがよさそうなんですが、こちらから遠いんですよね?
家から三崎町までは30分程ですので今度お伺いしますね!

つちやまさん

01月06日(Tue)

21時55分

J'sさん
念のため昨日、元LTD乗りの友人に電話したところやはり「間違いナイ!」とのことでした。笑
ちなみに、彼はシートの破れをEEARL'Sステッカーで誤魔化していた、とも話してましたヨ。

ご自宅近いんですね?。撮影で不在のことも結構ありますが、お越しの際は一声おかけくださいね。それとも走りにいきますか??(僕のバイクが復活したら・・・ですが)
お会いできるのが楽しみデ?ス。

J'sさん

01月07日(Wed)

09時00分

了解です、バイクの調子もいいんですよ!ご友人にも宜しくお伝え下さい

バイク復活走りがいいですね^^
ご都合に合わせますので、メール送って下さいね。

つちやまさん

01月08日(Thu)

11時30分

J'sさん
エルシノア、バイソン、どちらの復活が先かはまだ未定ですが(バイソンかなぁ・・・)、プチツーリングに行きましょう。その際はご連絡差し上げマース!


コメント投稿




雑誌紹介

絶版バイクス絶版バイクス

「モト・メンテナンス」誌スタッフが送る、新コンセプトの旧車専門誌。70〜90年代まで多くの愛好家を魅了した「あの時代のバイクたち」と末永く付き合うために不可欠な情報を掲載。大型空冷4発はもちろん単気筒、レーサーレプリカ、原付2種、トレールなど魅力の絶版車ワールドがここに。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ