BMWバイクス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年02月02日  comments (12)

BMWジャパンよりK1300に関する情報が届きました!
今入手したばかりのピチピチネタです。
なんと、早くも発売日価格が発表されましたよ。

●発売日
2月28日

●価格
◆K1300S
Active Line 2,017,000
High Line 2,248,000
Premium Line 2,426,500

◆K1300R
Active Line 1,805,000
High Line 2,036,000
Premium Line 2,214,500

◆K1300GT
High Line 2,246,000
Premium Line 2,638,500


なんと、2月末での発売スタートです!
シーズン開幕と共に新モデルに乗れるなんて…(感涙)
これならゴールデンウィーク前に慣らしも終了できちゃいますね!?

ただいま製作中のBMW BIKES 46号でも、インプレッションをお届けする予定です。
こちらもお楽しみに?。

待てないかたは、コチラでグルグルしててください(笑)。

コメント一覧

つまさきSさん

02月03日(Tue)

00時10分

2月末とは早いですね。イギリスのサイトにはちょっと前から出てましたけど、左通行は今回早いデビューですね。BMW Japanには円高パワー全開で行って欲しかったのに残念です。今回は車台番号入りの特別記念品のプレゼントも廃止ですか??ゴールデンウィークに試乗して、シルバーウィークにゲットしたいです(望み)

K1300購入希望さん

02月03日(Tue)

23時30分

つま先Sさん同様に値づけに不満ありです。
BMWは高額車になればなるほど他先進国とくらべ何らかの諸費用が大きいのか?誰かがずるかしこく利益を得ているのか?円換算で高くなっていると思います。
(今回も、他国の売値に関税×2で乗せてもお釣りがあるほど高い気がします。)

雑誌でこんな特集を組んでみて頂けないでしょうか?
・主要各国の乗り出し価格比較(本体+各オプション+その国の税金とその他諸費用)
・BMW JPNの値づけ(裏)事情。

G/Wには契約しようと思っている私が、他国の人と比べて損してないと実感できる結果であると良いのですが・・・。

ちょっと違うんぢゃないですか?さん

02月04日(Wed)

16時29分

円やユーロ相場には常に変動が付きまといます。
いつ何時突然、急激な円安に転じるとも限りません。
その時のBMW Japanの為替損失をあなた方が面倒みる、と仰るならそれでもいいでしょうが(笑)
Kシリーズが欲しい、と仰る方なら、それ相当の大人なんでしょうから、
感情論に流されず、もう少し経済の勉強もして欲しいモノです。

それとナガヤマ編集長、この手のウラ話も「ヒミツ集会」でお聞かせ願えないでしょうか?m(_ _)m

欲しいバイクがないさん

02月04日(Wed)

17時51分

発表文に「デスモドロミックの採用によるガス交換特性の改善。」とあります。これってドカのデスモの事?
特許が切れるとの噂もありましたが本当でしょうか?
だとすると、4気筒初のデスモ!?

ナガヤマ@BMWBIKESさん

02月05日(Thu)

00時55分

為替の件、値付けの件などで物議を呼んでいますね。

どうしてこの価格になったのかは、もちろん部外者である小生の知るところではありません。
ただ、以前F800値下げのブログでもちょっと書きましたが、
為替変動リスクをある程度想定しながら、輸入販売価格というものは設定されていると思います。そういう意味で、「ちょっと…」さんのおっしゃる部分はまさにその通りだと思います。

これは車両のみならず、部品や用品の価格などにも言えて、確かに現地価格をそのまま換算すると、為替によってはどう考えても高いなあ…と思わざるを得ないこともままあります。これは在庫リスクや管理の手間、補修品準備などの上含みのコストを想定に入れたものだと思われます。

(続く)

ナガヤマ@BMWBIKESさん

02月05日(Thu)

00時58分

次に「欲しいバイク…」さんの疑問について。これはバルブではなく、スロットルのことです。アイドルステッパー(冷間時温間時とわず適切なアイドリングにするためにスロットルとは別流路でコントロールする機構)とともに、K1300の特徴でもあるステップモーター併用ケーブル開閉スロットルが、強制的にオープン側もクローズ側もコントロールされているので、デスモドローミックと表現しています。「…ガス交換特性の改善」というのは、BMWジャパンの直訳リリースの文章でしょうが、最適な燃料噴射とスロットル作動によってレスポンスも燃料消費率も両立してますよ、ということだと思います。
ちなみに余談ですが、デスモドローミックのバルブ開閉システムは19世紀末には世に出ていました。ギリシア語のデスモス(制御)

ナガヤマ@BMWBIKESさん

02月05日(Thu)

00時59分

(続き)
とドロモス(軌条)の2語の造語のようですが、誰が命名したのかは私は知りません。
その後イギリスやイタリア、ドイツなどで応用されています。メルセデスのF1(ルマン大事故でも有名)や300SLRなどもそうです。
ドカのデスモ生みの親タリオーニは、前に在籍していたモンディアル時代、戦前にイタリアで実用化されていたデスモ機構を会得していたので、ドカでレーサーを開発する段になって躊躇なく(というか固執して)デスモを採用しています。
これらのデスモは、デスモドローミック・バルブ・システムのことですが、今回のBMWの件は、デスモドローミック・スロットル・システムのこと、というわけですね。ですので、BMWBIKESとしては、誌面では誤解を招きやすいのであえて触れていません。言って

ナガヤマ@BMWBIKESさん

02月05日(Thu)

01時00分

(続きの続き)
言ってみれば、CB750K0もすでにデスモなわけで…。

でも、S1000RRのバルブはデスモだったりして???

ではまた!

ナガヤマ@BMWBIKESさん

02月05日(Thu)

01時06分

(追伸)
さきほどの価格設定の件ですが、いずれにしても、読者の皆さんが興味をもたれているのは事実だと思いますので、「K1300購入希望」さんのアイデアは、誌面で企画にならないか、ちょっと考えてみます。ご提案、ありがとうございます。

蛇足ながら、装備内容を考慮すると、K1300系、けっして安くはありませんが、他の国の同等の仕様と比較し格段に高いということはないと思いますよ。
また、日本が同じ北半球(=シーズンが一緒)で、ヨーロッパから一番遠い場所にある事情も大きいです。つまり、ニーズが集中する時期に、ロジスティックの手間が掛かる唯一の国が日本(と韓国)なのです。

あとちょっとだけ仕事して今日は帰ります(笑)。

K1300購入希望さんさん

02月05日(Thu)

07時55分

ちょっと違うんぢゃないですか?さんへ
経済の知識はありませんが、私はあえて他国と書きました。
(本国でない)他国もそれなりに為替リスクはあるハズですよね?
感情論は、確かに少しあります。ごめんなさい。

また、ナガヤマさんのおっしゃる通り、ロジスティック的に不利なのはわかりますが・・・。

ナガヤマさん、企画楽しみにしております。
外圧で潰されない様、よろしくお願いします。

Keiさん

02月05日(Thu)

13時06分

ナガヤマ編集長、遅くまでお疲れ様です。そして丁寧なご説明ありがとうございます。
2年ほど前にフランスに行ったときに、帰りの空港でフランス語のバイク雑誌(読めないのに)を買いましたが、そこに載っていた日本車の高価格に驚いた覚えがあります。
やはり輸出入や移動が絡むと高くなるってことですね。(笑)

つまさきSさん

02月07日(Sat)

20時08分

まあHP2Sより安いので購入予定なのに、白が無くなって銀になってるのでちょっと一旦停止です。(R1100S,10年車検受けるべきかな)ドイツオプション?のタイヤ空気圧センサー付きがほしいです。電波法なんとかならないの???(あ、また物議をたててる?)


コメント投稿




雑誌紹介

BMWバイクスBMW BIKES

テーマは「BMWバイクを慈しみつつも使い倒すビーマーのためのアシストマガジン」。世界で初めて創刊されたBMWバイク専門誌(季刊)です。ドイツ本国をはじめ、アメリカやヨーロッパ各国との強力な連携を持ち、BMWバイクに関する話題を、深く、広く、わかりやすく誌面展開しています。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ