モトメンテナンス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年02月01日  comments (2)

いきなりブン回し、無意味な「空キック」は絶対ダメよ?



そう言えば先日、編集部に問い合わせがありましたので、返答はこの場にてさせていただきま?す。
その問い合わせとは「久々に2スト車のエンジン始動をする際の注意点」などです。
やっぱり手厚く対応してあげたいものですよね。
交換部品が潤沢ならばエィヤ?でやってしまっても良いのかもしれませんが、
ピストンリングひとつ無く、部品探しの世界Web旅に出る機会が多い我々にしてみれば、
可能な限り、順を追って作業していきたいものです。
カワサキ系のオイルポンプ(といってもマッハ系とGAとF系しか知りませんが‥‥)
の場合は、エンジン始動前のオイルパイプ内にオイルを送り込んでおく必要があります。
その理由は、クランクを回さないとポンプが回らないからです。

一方、同年代のヤマハ車の場合は‥‥‥‥


オイルポンプにプリスタート用の「スタータープレート」なる部品が組み込まれており、
クランクシャフトを回さなくても、オイルポンプを強制的に回せる構造になってます。


したがって、エンジン始動前にはオイルポンプ本体のスタータープレートを矢印(明記)の方向に回し、
オイルパイプ内に強制的に2ストオイルを送り込む=エア抜きするのが必須です。
古く変色してしまったオイルパイプで、しかも利用する2ストオイルの色が薄いと、
オイルパイプ内を流れるエンジンオイルの様子が見えませんよね。
だから僕の場合は「赤オイル」が好きです。単に見えやすいからです。
で、エンジンオイルを強制的に送り込む際に、シリンダー側のバンジョーを緩めておく、
もしくは外しておくことで、オイルの流れを目視確認できますので、これはオススメです。
ポンプと反対側のシリンダーは、メンテナンス鏡越しにで確認できますから。


そんな感じでエンジンオイルを送り込み、さらにバンジョーボルトを完全に締めないでエンジン始動。
ポンプが正規に作動していれば、バンジョー締め付け部からアイドリング中に送り込まれる
エンジンオイルがトプ、トプッと漏れ流れてきますから確認できます。


火入れ手順はこんな感じになりますが、
それ以前に、しばらく乗っていなかった2スト車のキックが降りるかどうか?
キックアームを踏み続けるのはご法度ですよ。
まずはプラグを外してプラグ穴からエンジンオイルを流し込み、
それからクランクシャフトが回るかダイナモ側で確認。、
スムーズに作動したらキックアームを踏み込むようにしたいです。

特に、エアクリーナーが付いていなかったり、マフラーが付いていない2ストエンジンの場合は、
放置期間にもよりますが、シリンダー内がサビている可能性が高いです。
無用なキックでサビが食い込んで、シリンダーがガビガビになるケースも少なくないので、
限りあるパーツは大切にいたしましょうね。

それと、エンジン始動を確認できたら、2ストオイルがしっかり入っているか、
再確認もお忘れなく。




コメント一覧

MOTOさん

02月01日(Sun)

22時59分

「久々に2スト車のエンジン始動をする際の注意点」...

?.メインキーは絶対にONにしない
?.キックをゆっくり2?3踏み下ろす
?.スムーズなクランキングを確認する
?.キーをONにして火を入れる

そう、オイルロックやフューエルロックしていないかの確認です。

んなもん、一度経験すれば この儀式をせずにメインキーなんぞ軽々しくONにできませんって (爆)
私のオイルロックの場合、運よく火も入らず、コンロッドも曲げずに気がつきましたが、泣いた方数知れず ... (-\"-;)

たぐちさん

02月02日(Mon)

07時22分

MOTOさま
そうですね。オイルロックは怖?い? @@;)
ピストンバキッ!! コンロッドクニャ!! ってことがありますね。すっありあの事件のことを‥‥ チェックバルブのコンディションには要注意!! 復習的続編を近々リポート(リピート)します。 


コメント投稿




雑誌紹介

モトメンテナンスモトメンテナンス

日々のメンテナンスから不動車の再生、そしてレストアまで「バイクいじり」を幅広くカバーするメンテナンス総合誌。あると便利な工具・ケミカルの紹介から、業者への発注の仕方、そしてアッと驚く工作テクニックまで、いじり好きの編集スタッフが自ら実践し分かりやすく紹介。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ