絶版バイクス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年01月30日  comments (3)

チューブ径が違っても構造はほぼ一緒みたいですね。




ヤマハ、もしくはカワサキの60年代後半から70年代初頭のモデルに詳しい方、
教えていただけませんか?

AS3のインナーチューブがどうやら限界なので、交換もしくは再メッキ処理したく考えています。
取り敢えず、要加工でOKですので、物理的に取り付けられそうな部品、可能性のありそうな部品を
ご存知な方、いらっしゃいませんか??

年末に原2☆ツ?に出掛けたとき、カメラマンさんがAS3に乗っていったのですが、
フォークオイルが通常走行でジャブジャブしているのを目の当たりにしちゃいました‥‥。
購入時、インナーチューブはサビが少ないからラッキー♪


なんて思っていたのですが、ダストブーツをはぐってガッカリ‥‥ 強烈な虫喰い状態でした。


で、インナーチューブ交換しようと思って‥‥‥‥

パーツ探しの「ネット旅」に出ましたが、なかなか見つかりません。
共通モデルとしてAS2/AS3(AX125)は間違い無く部品番号が同じなんですが、
もちろん販売中止の絶版部品。
そこで、色々調べてみると、同年代のカヤバ製フォークは、メーカー&機種に関わりなく、
似たような構造で部品にも互換性があるような様子。
つまりインナーチューブのΦ径が同じであれば、あとはトップブリッジ部分の接続方法だけで、
仮にそのあたりの寸法が若干違っていたりしても、旋盤を回せば何とかなってしまうような気がします。

そこで!!
カヤバ製フォークでインナーチューブ径Φ28mmのモデルをご存知な方、情報を下さい!!
特徴としては、オイルシールホルダーが鉄製ボトムケースと別体タイプのフロントフォークです。


情報よろしくお願いいたします?。

コメント一覧

くど?ちゃんさん

02月01日(Sun)

02時38分

とりあえず手持ちで調べてみましたが、FS50:Φ26mm・90H3C:27mmでした。この年代のヤマハは排気量ごとに1mm刻みで違うフォークを使ったいたのか!?

たぐちさん

02月01日(Sun)

12時51分

くど?ちゃん、ご無沙汰っす。
そうなんですよね。どうやらその後の調査でも明確になりましたがΦ28mmはAS?RD125までの2ストツイン125ccモデルのみみたいですね。50/90ccはΦ27mm以下、CS?RD200系はΦ30mm。間違えてΦ30mmの未使用CS3/5?用を買ってしまいました‥‥。

なごやんさん

02月05日(Thu)

20時15分

名古屋の早矢仕さんはどうかなと?


コメント投稿




雑誌紹介

絶版バイクス絶版バイクス

「モト・メンテナンス」誌スタッフが送る、新コンセプトの旧車専門誌。70〜90年代まで多くの愛好家を魅了した「あの時代のバイクたち」と末永く付き合うために不可欠な情報を掲載。大型空冷4発はもちろん単気筒、レーサーレプリカ、原付2種、トレールなど魅力の絶版車ワールドがここに。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ