モトメンテナンス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2015年04月24日  comments (0)

「モトメンテ編集部の人間は全員トランポ所有のこと」という鉄の掟の元に購入したステップワゴンRF3。





すでに走行は21万キロを超えておりまして、かなりのご老体であります。

先日、リアハッチの開き方が特徴的な新型が発売されましたことですし、乗換えたい気は山々ですが、いかんせんアイハブノーマニーオールウェイズなので新しい車は買えないのです。壊れるまでは乗るのです。


そんなクタクタのステップワゴンでありますが、エンジン自体はまだ元気っぽい!!
これといって大きな不具合はございません。

がんばってメンテナンスしていますからね!!


こないだはエンジンマウントのひとつを交換!!

車内の振動が消えて走りもスムーズさを増しました。

それから数万キロ走った頃でしょうか?

だんだんとまた不快な振動が出てきまして……。


信号待ちなどで
ドゥドゥン……ドゥドゥン……ドゥドゥン……
といったような体に伝わる揺れが顕著になってまいりました。


このままでは不快極まりないので、渋々とまたマウント交換することにしたのです。



気が付けば来月には車検が控えておりまして、マウント交換と共に様々なメンテナンスをすることにしました。


その模様をポロポロとお伝えしていきたいと思います……。


RF3〜8ステップワゴンのオーナーさんには参考になることがあるかもしれません。





ステップワゴンRF3のエンジンマウントは全部で4つ。


20万キロも走っているので、この際全部まとめて交換したい気もするのですが、全部買うと3万円くらいします……。


そんなマニーは無いですし、いつ深刻なトラブル見舞われて廃車になるともしれない車にそんな投資はできません。


そこで駄目なマウントを探して、それだけ換える作戦を実施します。


ついこの間前側のマウントは交換したばかりですし、もう一つはボンネットを開ければすぐ見て確認できます。

疑わしきはミッションをマウントする2つ。


まずは後ろ側のマウントを外してみてみます。






外すつっても奥まってるし、固く締まっているしで難儀なことこの上ないのです……。






なんとか外れまして、どうやら切れてはいませんでした。





つーことで駄目なのはミッション前側のマウントと推測されるのです。



エアクリーナーの下側です。





エアクリーナーを外して……。





ボックスを外して……。







この機会にスロットルボディにキャブクリーナーを吹いて汚れを落としておきます。





エアクリーナーも非常に汚いですな〜。





ということで某サイトでリプレイス品を購入!!

お値段1000円ちょっと!!





激安なのは良いのですが、明らかに折れ目が少ないですな……。


まあ汚れてるのよりは良いですよね!!!




つづく……。

コメント一覧

コメント投稿