モトメンテナンス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年01月23日  comments (0)

気がつくとこうなっていたりしますね?


黄尻ナンバーを取得して公道デビューを果たしたAR80ですが、
気持ち良くビュビュ?ンと走るには、やらなきゃいけないことがまだまだあります。
気持ち良く走るには、視覚的にも機能的にも「コンディション良くありたい」というのが僕的考えですが、
本格的に走り出す前にやらなきゃいけないことのひとつにエアエレメントの点検がありますよね。

この年代のモデルで、しかも2ストロークモデルと言えば‥‥‥‥

湿式エアエレメントを採用している例が多く、AR80?に関してもそれは同じ。
この湿式=スポンジタイプのエアエレメントは、専用のフィルターオイルを湿らせたり、
2ストオイルを湿らせて使うのがお約束ですが、長年ノンメンテナンスで放置したり、
乗っている車両でもノーメンテナンスで走り続けると、
スポンジが劣化してボソボソ=カステ?ラ状態になってしまいます。
このAR80の場合も、エアエレメントのフタを外してスポンジをつかもうと思いましたが、見事に空振り‥‥
完全乾燥状態のカステ?ラ!?のようにボロボロになっていました?。

こんな状況のままフル加速し、キャブレターから空気が大量に吸い込まれようとしたその瞬間
(見たこと無いのでよくわかりませんが‥‥)、スポンジが破壊して
キャブレターに吸い込まれてしまった!!(事後確認でそうだと推測)と言ったお話しは何度か聞いたことがあります。
乾式濾紙タイプのエレメントの場合も同じで、いずれにしても著しく吸入効率が悪くなるようです。

ということで、近所のパーツ量販店へ出掛けたら、機種不明だけど使えそう!? な湿式スポンジタイプが
売っていたので迷わず購入。エアクリーナーボックスのエレメント取り付け部形状を見本に型紙を作り、


その型紙を購入したスポンジエレメントに押し付け、ハサミでカットして代替品を流用自作しました。
ちなみに後日、カワサキ純正パーツの在庫を確認したら、
AR80用エアエレメントはまだ販売中止になっていませんでした?♪



その確認ついでに、欠品していた車載工具や工具バンドの在庫を確認したら、
まだ在庫があったのでこちらは購入!! 某オークションで販売されていた中古工具セットよりも
ずっと安値で「新品セット」を購入することができました?


↑↑使う使わないではなく、車載していないと不安になってしまうのが車載工具です。僕の場合↑↑

コメント一覧

コメント投稿




雑誌紹介

モトメンテナンスモトメンテナンス

日々のメンテナンスから不動車の再生、そしてレストアまで「バイクいじり」を幅広くカバーするメンテナンス総合誌。あると便利な工具・ケミカルの紹介から、業者への発注の仕方、そしてアッと驚く工作テクニックまで、いじり好きの編集スタッフが自ら実践し分かりやすく紹介。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ