バイクブロス・マガジンズ編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年01月21日  comments (0)

いよいよMotoGP日本GPのチケット販売が開始されましたね。

昨年の日本GPはシーズン終盤の第15戦で、決勝は9月28日でした。MotoGPクラスのチャンピオンシップの行方は大方決まっていたとは言え、シーズンを通して抜群の安定感を誇ったフィアット・ヤマハのバレンティーノ・ロッシが王座を奪還する瞬間をツインリンクもてぎで目撃した幸福な方も多かったのではないでしょうか。

そして、今年の日本GPは4月24日から行われる第2戦(決勝は4月26日)! 

ということは、日本のMotoGPファンは昨シーズンの決定的なシーンを目撃して、さらに今シーズンの行方を占う重要な序盤戦を見るチャンスにも恵まれたということに他なりません。こりゃ、行かなきゃソンソンってカンジですね?。

個人的にもっとも気になっているのが、今季からドゥカティに移籍したニッキー・ヘイデン(元レプソル・ホンダ)。2006年シーズンの最終戦バレンシアGPで3位に入り、8ポイントをリードして首位に立っていたロッシを逆転。2006年シーズンのチャンピオンシップを獲得しましたが、MotoGPマシンの排気量が800ccになった2007年以降、どうもホンダのRC212Vを相手に乗れていないというか、チグハグなライディングが続いていたように思います。私としては、前々からヘイデンのダイナミックなライディングスタイルは、ホンダよりもドゥカティにマッチしているように感じていたし、自分もドゥカティに乗り始めたところなので本当に楽しみです。

コメント一覧

コメント投稿