クラブマン編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

 post : 2009年01月20日  comments (0)

物欲シリーズその2は、「コンデジ」です。

僕はもともとキヤノン派で一眼は40D、コンデジはEXY800ISでした。
普段は気にしてなかったけど、そのIXYが家人に奪われてから、
ナイと意外に不便なことを発見。
ちょっとしたスナップを撮るのに、一眼だと面倒なんですよね。かさ張るし。

サッと出してパッと撮る。レンズのチカラに頼りたいときは迷わず一眼だけど、
ワイド系を中心に撮るならコンデジでもOK。
しかも、最近のコンデジは結構キレイに撮れるからオモシロイ。

でも新品買うのは抵抗があったから、中古を物色していたら、
同じEXY800ISが8000円台で売っていたりと、時代の流れに唖然。
でも今度は違うメーカーを試したいな、と思い、
リコーに手を出してみました。
ほんとはGRシリーズやGXシリーズが欲しかったのだけど、
いいもの見てるとキリがないので「コンデジは2万円」というマイ・ルールの下、
手に入れたのはコイツです↓



R8というモデルで、現行R10の前のモデルになるようです。
RAWデータは撮れませんが、マクロで1cmまで寄れるのがオモシロイ。

で、機能的な話よりも興味深いのは、仕上がりの画像がキヤノンとかなり異なること。
キヤノンの画像はコントラストがきつくても暗部がしっかり発色し、
よく言えばキレイ、悪く言えばケバイ。

対してリコーは、なんと言うか、極端なんですね。
線は細部までシャープに出るんだけど、コントラストがキツくて、
暗部に合わせればシロはとぶし、明るい部分に合わせれば暗部はつぶれる。
でも彩度のある部分は、そこだけ抜けるような色が出たり。
まるで銀塩カメラのようで、撮り方次第ではアートな感じに撮れるんだろうな、という印象です。

でも屋内は弱くて、少ない光量で人の顔を狙うと、変な色になる。
どーもホワイトバランスが取れてないようで、
蛍光灯やら白熱灯やらモードを換えても、変な色。
まだ使い切れてないのだろうけど、IXYのように万能ではないようです。

そういう意味じゃキヤノンは凄い。
誰でも、どんな条件でも、かなりの率でキレイに撮れるから。
実際に「そんな発色してないだろ!?」というような絵が撮れたりして、ビックリします。

リコーはかなり趣味入ってますねー。
好みが極端に分かれるメーカーじゃないかな。
でも意外性があって、空がキレイなときや夕日が美しいときなどは、
いろいろトライしてみたくなるカメラです。

メーカーごとに考え方が異なるのは、バイクもカメラも一緒ですね。
しばらくはコイツで遊べそうです。

コメント一覧

コメント投稿