絶版バイクス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年01月20日  comments (2)

取り敢えず走れそうな雰囲気に回復?♪



昨年末に大阪から引き取ってきて、正月休みを利用してメンテナンス&磨き込みを進めてきたAR80?ですが、
先日、ついに黄色のナンバープレートを取得してきました!! 自賠責は5年で1万4千ナンボ!! 原2ブラボ?!!
とはいっても、極寒ツ?に出掛けるには、まだいくつか手を付けなくてはいけない部分があります。
現段階ではかなりイイ線まで作業を進めていますが(帰宅後、夜な夜な真夜中いじりが‥‥)、
第一に確認しておきたいのが「6Vの電装系」ですね。

まずは6Vのバッテリーですが、購入しようとして気がついたのが‥‥‥‥

すでにAR80用バッテリーというか、この年代のカワサキ6V車が多く採用していた
6N6-1Cというバッテリーはフツーに流通していないようで、絶版扱い。

仕方ないので、ブリーザー位置や端子形状は異なるものの、
外寸が同一な6N6系バッテリーを購入し、リード線を新規製作して取り付けました。
ところが、バッテリーが新しいのに、ランプ類が点灯しない‥‥。
ニュートラルランプ、ヘッドランプ上下、テールランプ、メーター照明‥‥ 点灯しません。
かろうじてウインカーインジケータとウインカー本体のみ点灯。
仕方ないので6V球を全交換しようと思ったら、ガレージ在庫ですべてが揃わない‥‥。
ということでパーツ量販店で各種バルブを購入し、全て新品6Vバルブに交換しました。

ここまでバルブが切れているということは、電気系トラブルで乗らなくなったのか?
オイルタンクの割れだけじゃなかったんですね。なんて考えながらエンジン始動。
すると、灯火類はすべて正常作動。エンジン回転をギンギンに上げても、
テールランプやヘッドランプが異常に明るくなること無いので、大丈夫そうな気がします。

推測するに、バッテリーがダメになったままで乗り続けてバルブ類がことがとく切れ、
しかもオイルタンク割れでオイル漏れを起こすといった状況になったため、
前オーナーさんはこのAR80?を手放されたのではないかと思います。

僕の経験からすると、6V車の場合は、まずはバッテリーのコンディションが重要で、
同時に充電系回路に組み込まれるダイオードも要チェック。
このダイオードがパンクして整流回路が無くなると、バッテリーコンディションが低下しやすくなります。
ただでさえ弱りやすい6Vバッテリーだから、液量チェックと同時に、
必要に応じて補充電をするように心掛けたいものです。
電気系が回復したので、いよいよ走行開始ですが、エアクリーナーを点検したら案の定‥‥ 
このあたりは「モトメンテブログ」にてご報告いたします?。

【マフラーはタッチアップ!?】

2ストマフラー特有の赤サビが発生していたので、不織布シートでサクッとテキトーにサビ取りして、
余っていた耐熱ブラック缶スプレーを軽くシュ?ッとして取り付けちゃいました。
でも、もともとの程度が良かったので、イイ感じに見えますよね!?

【シートは極上なんですが‥‥】

シートレザーは家庭用お掃除汚れ落しスプレーを吹き付けてウエスで吹いただけでこの通り?♪ 
アンコの腰抜けも無く、程度バツグンですが、個人的な趣味というか好みで、
ローソンレプリカと言うかゼファー400というか、あの感じに張り換え依頼したいと思ってます!!

コメント一覧

ハルさん

01月20日(Tue)

11時27分

ナンバー取得おめでとうございます。いよいよ公道デビューですね。
シート張り替えたら、カウルも欲しいですね。もう入手済みなのかな?
完成しましたらテストコース・餃子ツーでも行きましょう。

たぐちさん

01月21日(Wed)

19時29分

ハルさん毎度です?♪
反応遅れてゴメンナサイネ?。
取り敢えず登録は済ませましたが、
日々色々とありまして、登録後の走行は十数キロ程度です‥‥
シート張り替えても、カウルはこのままです。
タンデムできないと、娘に文句言われてしまいます?
相手にしていただけるうちがハナですからね。
ARのウミ出しを終えたら、ツ?しましょう♪


コメント投稿




雑誌紹介

絶版バイクス絶版バイクス

「モト・メンテナンス」誌スタッフが送る、新コンセプトの旧車専門誌。70〜90年代まで多くの愛好家を魅了した「あの時代のバイクたち」と末永く付き合うために不可欠な情報を掲載。大型空冷4発はもちろん単気筒、レーサーレプリカ、原付2種、トレールなど魅力の絶版車ワールドがここに。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ