BMWバイクス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年01月19日  comments (6)

幅広いライダー層に受け入れられているF800シリーズ
ツーリングでも、街乗りでも、サーキットでも、どっこでも楽しめる、
その欲張り感たっぷりな汎用性は、
もしBMWが好きでなかったとしても、
認めざるをえない部分でしょう。

そんな使い勝手の良いF800のS/STの新車販売価格が、
2月20日より値下げされることになりました。


BMW F 800 S 
ActiveLine ? 1,123,500 → ? 1,163,000  (-? 39,500 改定率 -3.39%)
Hi Line*1  ? 1,291,500 → ?1,310,000   (-? 18,500 改定率 - 1.41%)   

BMW F 800 ST
ActiveLine  ? 1,186,000→  ? 1,224,500  (-? 38,500 改定率 -3.14%)
HiLine*2   ? 1,396,000→   ? 1,403,000-?7,000   改定率  -0.49%)
? *1Hi Line にはABS、グリップヒーター、オンボードコンピューター、LED ウインカーが標準装備となります。
? *2Hi Line にはABS、グリップヒーター、センタースタンド、オンボードコンピューター、LED ウインカー、パニアケースホル
ダーが標準装備となります。


実際に購入を考えるとなると、どちらのモデルを、そしてどのグレードを選ぶのか、かなり悩んでしまいそうですねえ。

実際つい最近もF800の購入を考えている方から、
どっちがいいかと相談を受けました。

でも、その悩んでいる時間もたのしいものであり、
さらに乗り出したあとはもっとたのしい世界がまっています。

そんなことを考える時間をもてることが、
ちょっぴり羨ましい(笑)。

ダン@BB編集部

コメント一覧

一介のバイク乗りさん

01月19日(Mon)

19時17分

円高差益還元のつもりかなぁ? その割りには(以下自粛)(謎笑)
ついでに、愛しのRシリーズも値下げしてくれませんかねぇ…**パネット**た価格並みに(笑)

ダン@BB編集部さん

01月19日(Mon)

20時54分

“もう一声!”

という方もいらっしゃると思いますが、
それはディーラーさんと要相談。

確かにジャ××××たか×ばりに、
色々つけてくれるといいのですけどねえ。

ダン@BB編集部

R乗りさん

01月19日(Mon)

21時22分

ちょうど気になっていたんですよねぇ。
これは、「買え」って言われている気がしてなりません。

私も、甲高い声で「これと、あれを付けて、○○円!
金利手数料は、全て無料」な?んて言ってくれる事を
切望します。

ダン@BB編集部さん

01月19日(Mon)

21時59分

R乗りさん

コメントありがとうございます。
この値下げがきっかけとなって、
背中を押される方も
いらっしゃるかもしれませんね。

2/22から新価格となるので、
しばしお待ちを。

ダン@BB編集部

ナガヤマ@BMWBIKESさん

01月23日(Fri)

22時12分

お節介ながら背中をもうヒト押し(笑)。

特にHiLineの装備内容を見ると、実際の値下げ幅よりも実質的な値下げが大きくなってるようですね。
ほかのシリーズの価格改定も輸入元には是非検討していただきたいところですが
今回のF800系に関しては、確か2007年後半に折からのユーロ高で値上げをしたことに対する是正措置なんだと思います。
もともとFシリーズはけっこう抑えた根付けのために
当時も今もギリギリのマージンなのかなあ、と思います。

RやKは、もともと本国でのVAT抜きの価格に近いところの根付けで日本でも頑張っていましたから、そのぶんの吸収をしなくちゃならないのではないかなと思います。これからユーロがもっと下がったりすると、今回のFのように、フェアな態度で価格を是正してく

一介のバイク乗りさん

01月24日(Sat)

14時02分

ナガヤマ編集長、インサイドストーリーありがとうございますm(_ _)m

Japanもこのド不景気でお客の見えないところで何かと大変でしょうが、
そこを何とか、他のシリーズも…ペコm(_ _;m)三(m;_ _)mペコ


コメント投稿




雑誌紹介

BMWバイクスBMW BIKES

テーマは「BMWバイクを慈しみつつも使い倒すビーマーのためのアシストマガジン」。世界で初めて創刊されたBMWバイク専門誌(季刊)です。ドイツ本国をはじめ、アメリカやヨーロッパ各国との強力な連携を持ち、BMWバイクに関する話題を、深く、広く、わかりやすく誌面展開しています。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ