絶版バイクス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年01月14日  comments (0)

久々にマッハ仲間たちと走ってきましたよ?



絶版車ファンにとって、いつ何時でも「心強い存在」といえるのが“仲間”と呼べる人たち ですよね。
全国各地にZeppanバイクが主体のワンメイククラブが数多くありますが、僕がお世話になっているのは
クラブ活動しているワケではなく、都合が良ければ出掛けて、一緒に走るといった集い。
とあるWeb掲示板で知り合った「仲間」が集うオフ会のようなものですが、
そんなお気楽な仲間たちと走る時間が僕は好きです。
2009年最初の顔合わせ=賀詞交換ミーティングと称される集いが成人の日に開催され、
僕も参加してきましたが、

その日は‥‥‥‥

前夜に小雪が舞い、我が家の玄関前が吹き溜まりになっていまして、
ここんところの乾燥気候が影響してか、吹きだまった雪が解ける様子ナシ‥‥。
朝陽が出てくる頃には、自宅前がアイスバーンになっちゃってまして、
自宅前から数メートルはツルッツルッ。スケーター気分で出発したのでした。

今回の集いには12?13台が参加。ミドルクラスのトリプルはKH400が1台のみで、
新春早々だからなのか? 何故だかH2シリーズの参加が多かったです。

750SS/H2と言えば、71?72年モデルのH2ゴールドレインボーやブルーレインボーが大人気ですね。
僕のH2は73年モデルのH2-Aゴールドで、この年式のS2Tと同じグラフィックパターンの
「ヒゲライン」と呼ばれているタイプで、前フェンダーは同色ではなくクロームメッキなのが特徴。
74年モデルのH2-Bや75年最終モデルのH2-Cは、国内販売されなかったこともあって
あまり知られていない後期モデルですが、やっぱり後期型は間違い無くジェントルで、乗りやすいんでしょうね!?
僕個人的には、以前に所有していたH1-Dライムグリーンと同じ雰囲気のH2-Bも魅力的ですが、
「カタナ」グラフィックのH2-Cも魅力的ですよね?


今度機会があったら、是非「お試し」させて下さいね?!?

コメント一覧

コメント投稿




雑誌紹介

絶版バイクス絶版バイクス

「モト・メンテナンス」誌スタッフが送る、新コンセプトの旧車専門誌。70〜90年代まで多くの愛好家を魅了した「あの時代のバイクたち」と末永く付き合うために不可欠な情報を掲載。大型空冷4発はもちろん単気筒、レーサーレプリカ、原付2種、トレールなど魅力の絶版車ワールドがここに。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ