モトメンテナンス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年01月12日  comments (1)

シフトアップの絶版車スタンドは使えます!!



僕が開発に参加させていただいたシフトアップ製「絶版車スタンド」ですが、
おおかた好評に販売されているそうです(同社WEBにはアップされてないようですが‥‥)。
マフラーのレイアウトによっては、利用できない=使えないモデルもありますが、
(例えばスイングアーム下にマフラーがレイアウトされるマッハ500やW1シリーズ)
AR80のような小排気量原2モデルでも使うことができて、



ホイールの脱着も容易にできそう。やっぱり、サイドスタンドだけっていうのは
何かと不便ですよね?。

例えば、カワサキZ1/Z2と言えば‥‥‥‥

多くのユーザーが集合管、特に「70年代スタイル」のストレート管を取り付ける例が多いですよね。
70sスタイル仕様だとスイングアーム近くにマフラー出口がレイアウトされている関係で、
一般的に販売されている普通の「レーシングスタンド」や「メンテナンススタンド」では、
ほぼ利用することが不可能でした。このような状況だと、パンクしたときの修理が大変だし、
汚れたリムをウエスでピカピカに磨くにも苦労してしまいます。
そんなユーザーニーズもあって「絶版車にも使えるメンテナンススタンドを!!」となったワケです。
モトメンテ本誌でもリポートしていますが、4本マフラーのノーマルZ1/Z2やCB750Kシリーズでも使えます。
カワサキ3気筒に関しては、H2では使えますが、H1では使えませんでした。
大型車ばかりではなく、「後輪=18インチモデル」であれば、400ccクラスでもオフロードモデルでも
使えることは確認されています。
バイクを真後ろ&真上から見て、スタンドを掛けるスイングアーム下&リアアクスルシャフトのちょっと前部分付近に
「マフラー出口が重なってなければ」ほぼ使えると思います。
気になる方は、バイクを真後ろ&リアアクスル周辺を真上から見てご判断くださいませ?。


バイクが直立するのってイイですよ?♪ 
これで集合管を取り付けたい気分になりました?♪

コメント一覧

ギム?も原2さん

01月14日(Wed)

21時29分

悔しい・・・が、引き続き有難う御座います!

何が悔しいかって、ブラックボンバー号は着々と復活!!
で、川崎と言えばのライムグリーンボンバー号は、、、

とてもアップできるような状態では御座いません。。。
はい、画像は既にファンライドなぎらさんから頂いておるのですが?

無理です!でも楽しみです!!
ん?と言う事で、本年も引き続きの意味不明をご勘弁下さい。

感謝感謝感謝・・・


コメント投稿




雑誌紹介

モトメンテナンスモトメンテナンス

日々のメンテナンスから不動車の再生、そしてレストアまで「バイクいじり」を幅広くカバーするメンテナンス総合誌。あると便利な工具・ケミカルの紹介から、業者への発注の仕方、そしてアッと驚く工作テクニックまで、いじり好きの編集スタッフが自ら実践し分かりやすく紹介。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ