モトメンテナンス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年01月11日  comments (4)

絶賛発売中の「絶版バイクス2」や先のブログで取り上げているように
ドロドロでデロデロな割りに、比較的簡単なメンテナンスで
走り出したスズキのAS90。ヤマハHS1やHS90、スズキウルフ90といった
エキサイティングな2気筒勢に対して、目立たず地味な存在ですが、
その代わりといってはナンですが部品の供給状況はなかなか良いみたいです。

ヤフオク落札後の初走行がしまなみツーリングという、恐れを知らぬ準備不足ぶりですが、無事に帰ってきたのでさらなるメンテを……という気もおきたんですね。




例えばこのバッテリートレイ。

左サイドカバー内側にセットされたバッテリーを受け止めている鈑金製のトレイは
40年間のお仕事で当然のように腐っています。購入時に積まれていたバッテリーは
ケースが割れて電解液は全部漏れてしまっていたから、それも致し方ないところ。
さらにバッテリーを押さえるゴムバンドも、金具部分が溶けてなくなり、
タイラップ留めとなっています。

レギュレータの信頼性が今ほど高くなかった1960年代モノの6V車では、過充電でバッテリーが破裂することも少なくなかったようです。また、開放タイプのバッテリーでは排気チューブが途中で折れたり潰れたりして、充電中にバッテリー内圧が高まって破裂することもあるみたいですよ。

幸い、崩れて落ちるほどではなかったので
「まあ、このままでもいいか」とバッテリーのみ新品に交換して終了、
としたかったのですが、しまなみツーリングで想像以上の健脚ぶりを発揮してくれたので
「もうちょっと手を掛けてみようかな」と、パーツを注文してみました。

すると、生産終了にもバックオーダーにもならず、中3日ほどであっさり
新品パーツがやってきたのです。
前にもちょっと触れましたが、このAS90の基本構成はその後のK90と
似たところがあり、外装パーツは別として使えそうなものも多そうな雰囲気なのです。
このバッテリートレイはAS90の部品番号で注文し、どうやらK90系のパーツとして
納品されましたが、形状はズバリAS90と同一です。

来たよっ! って感じであっさり納品。おどろきですねぇ。そういえば、数年前のことですがGS750の新品マフラーが出たとか、1970年代の2本ショックのRM80のパーツが出たというハナシを聞いたこともあります。絶版車オーナーに優しいメーカーなのかも、ススキって。

ボルト穴が1カ所明いていませんが、実用上なんの問題もありません。
さらに驚いたのが、この板金パーツの価格が480円だった! ということです。
ボロトレイのサビを取ったり穴を塞いだり……とやる作業の手間を思えば
まったくもって破格です。おまけにドンピシャの長さのゴムバンドも
新品で供給されました。
絶版原2の中でも、稀少で(少ないだけで人気が高いわけではない)地味?なASですが、実用車っぽいからトクをするってこともあるんですね。

コメント一覧

MOTOさん

01月12日(Mon)

23時16分

ってか、その数年前にGS750初期型のマフリャ? まじ出ましたから? 汗
カワサキの旧車部品供給の悪さは昔からでしたが、ちょっと前まではCB750Fourの新車が組めるほど部品供給の良かったホンダは今は昔の物語になってしまいましたね?
ヤマハますまず、スズキは超?優等生です♪

長年にわたって全バラ御不動尊のハスラー250-5
やっぱ部品環境のイイうちに起こそうかと思案中です。

モトメンテ栗田さん

01月18日(Sun)

21時10分

MOTOさま レスが遅くてスミマセン。
そうです。本文中のGSの件はかつてMOTOさまに伺ったエピソードです。その時にも驚きましたが、実際に自分でもスズキパーツの優秀ぶりを実感して、やはり驚いています。
ヤマハ……う?ん、こないだミニトレの消耗パーツは結構出てきましたが、コンテナに眠るAT90やHS1となると……。
ニコイチ、サンコイチ、ヨンコイチ上等でまとめたいなぁと思っています。

CBXさん

01月20日(Tue)

08時09分

このゴムバンドの番号はわかりますか? 同じような部品を注文したのですが、出てきませんでした。

モトメンテ栗田さん

01月21日(Wed)

00時04分

CBXさま
今回AS90用パーツとしてオーダーしたのは
09462-00007 バッテリーバンド でした。
統合されて別部番になっているかも知れませんが、
この番号でオーダーして出てきましたので
ご確認下さいませ。よろしくお願いします。


コメント投稿




雑誌紹介

モトメンテナンスモトメンテナンス

日々のメンテナンスから不動車の再生、そしてレストアまで「バイクいじり」を幅広くカバーするメンテナンス総合誌。あると便利な工具・ケミカルの紹介から、業者への発注の仕方、そしてアッと驚く工作テクニックまで、いじり好きの編集スタッフが自ら実践し分かりやすく紹介。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ