絶版バイクス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2008年08月02日  comments (0)

ようやくモトメンテ本誌79号の締め切り峠を越えることができました。
この週末は、思いっきり眠るか? それともいじり倒すか!?
答えは誰もが想像つくことでしょう。


79号の制作佳境を迎える前に、おおまかな作業はほぼ終え、
おおよそ2週間の作業タイミをフル磨き込みを終えましたが、
今後、色々と不測の事態が起こるんでしょうね!?
まぁ、バイクいじりの醍醐味のひとつがトラブルシューティングである僕にとっては、
この時期が一番楽しいのかも知れません。ちなみに2番目に楽しいのが
発注した部品が納品されるときの喜びでしょうか。
えっ!! こんなものがまだ買えるの!! といった驚きがドキドキですよね。


でも、やっぱり無いものは無い。バイクの顔である外装パーツはもちろん、
メーターに関しても当然の如くパーツはありませんよね。
今回は程度が良かったからイイのですが、文字盤が「マスクメロン」になっていたら
ガックリですからね。でも、ガラスの内側にダンパーオイルが飛んで汚れているので、
そのうちガラスのカシメを起こして、ガラス清掃と指針への蛍光ペイント塗りくらいは、
D.I.Yで楽しんじゃおうと思ってます。

写真を見ての通り、今回は‥‥‥‥


タウンメイト用の角型ウインカーをチョイスしました。
HS90の丸型ではなくこちらを選んだ理由は、何となく。

実は、70年代に流行ったカスタムアイテム、旧メイト角型ウインカーを
装着したかったんですが、さすがに現在は手に入らない様子。
この角型ウインカーよりも僅かに大きく、レンズデザインが特徴的で、
当時のカスタムZ2やカスタムCBには必須パーツでしたよね。
40代後半以降のカスタム好きオヤジライダーには懐かしいパーツだと思います。
そのうち中古パーツを見つけて、ボディーを再メッキして
何とか取り付けてみたいと思ってますが、なかなか無いですね。
で、こちらの角型ですが、レンズ&ボディーともに左右があって、
ハーネス線はウインカーステーの付け根の下側から出ています。
そのまま結線してもイイんですが、ここはこだわりで中空ボルトから接続する、
スポーツモデル一連の仕様にしました。
もともとAS3に付いてきた丸型ウインカーをボルトを引き抜き交換。
ハーネスを通し直してこのようなフィッティング方法にしています。



↑タイヤはアジア系ミシュランのM35。
ややスポーツ系実用絶版車には最適グルービングデザインです。



↑マンダリンオレンジが飛んでいなかったリアショックカバー。
ダンパーもバッチグ?!! 今のところは‥‥


↑ユニクロからあがって来たパーツの中にこれが‥‥。
何か他モデル用を一緒に出したんだっけか? 用途不明。でも見覚えが‥‥

コメント一覧

コメント投稿




雑誌紹介

絶版バイクス絶版バイクス

「モト・メンテナンス」誌スタッフが送る、新コンセプトの旧車専門誌。70〜90年代まで多くの愛好家を魅了した「あの時代のバイクたち」と末永く付き合うために不可欠な情報を掲載。大型空冷4発はもちろん単気筒、レーサーレプリカ、原付2種、トレールなど魅力の絶版車ワールドがここに。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ