BMWバイクス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年01月09日  comments (7)

先日のブログでも掲載していますが、
この連休は【ヒミツ集会】2本立てです。

写真はイメージであり、実際にはこんなに盛大ではありませんチューリップ

■明日、10日はBMWモトラッド正規ディーラーの
『モトラッド鈴鹿』さんにて19時スタート。
いつもの通りこんな時間にはじめるくせに、
晩御飯肉はご用意しておりませんm(_ _)m。

■11日は、浜松ガーデンパーク駐車場で
13時スタートとなっています。
寒いですよ?。ぬくぬくした格好でご参加ください。



↑は純正エクイップメントに用意されているアンダーウエア。
冬のツーリングに是非欲しいギアです。

そういえば、
「LTは風が当たらないしグリヒーも装着しているので、
歩いているよりもあたたかい」
と、タケさんに言っても信じてもらえません(笑)。

ちなみに自分は、
多分このままヒミツ集会に参加するのだろうなーと思い。
すでに準備をして会社にきました。

手袋と
マフラーと、
ホッカイロと、
やっぱりパッチ(爆)。
あ、モザイクは気にしないでください。

昼のヒミツ集会は朝6時の天気予報で、
開催地の降水確率が60%以上の場合には中止とさせていただいています。
でも今週末は大丈夫そうですね太陽
それと現地に近い方がいらっしゃいましたら、
天候の情報をコメントしていただけると助かります。

場所や開始時間などの詳細は、コチラをご覧ください。

ヒミツでお会いしましょう。
では?。

ダン@BB編集部

コメント一覧

メタボRTライダーさん

01月09日(Fri)

22時48分

浜名湖ガーデンパークは浜名湖の奥にあたりますが、遠州特有の海風が強いため当日は天気予報の気温より寒くなります。バイクでの移動中は橋の上などは特に注意して走行して下さい。後、バイクから降りても寒いと思いますので防寒と出来れば暖かい飲み物をケースやバックに持参されると良いかと思います。

カメラ小僧さん

01月09日(Fri)

23時14分

ダンさん、こんにちは。明日10日の鈴鹿方面の天気は伊吹山方面から流れてくる雲でパラパラっと時雨れる天気です。
特に夜は雪が混じる可能性があり、夜ヒミ終了後の帰りは気をつけましょう。11日日曜の浜名湖周辺は風が出ると寒いですが、陽射しがあるので普通に過ごせそうです。
しかしグリップヒーターがあると、本当に助かりますね。
元旦ツーリングでも日の出待ちで降りている時は走行中より辛かったです。

ダン@BB編集部さん

01月09日(Fri)

23時17分

メタボRTライダーさん

現地情報ありがとうございます。
浜松ガーデンパークに行くには、
いくつかの橋を渡らなくては行けないのですよね。
横風や橋のつなぎ目など、皆さん気をつけておこしください。
BMWは数あるバイクの中で、
そういった場面で最も安全な部類だと思いますけど。

それと、あたたかいドリンクも
用意したいですねえ。

ダン@BB編集部

ダン@BB編集部さん

01月09日(Fri)

23時26分

カメラ小僧さん

どうもどうも。

グリップ+シートヒーターで、
どんな寒さの中でも鼻歌を歌いながら、突き進んでいきたくなってしまうBMWですが、
いかにせん雪中ツーリングはきついです。

ご参加を考えている方は、
天候をよく見て、
ご無理をなさらないようお願いいたします。

ダン@BB編集部

zoo@さん

01月10日(Sat)

08時25分

初めて参加させていただきます!

zooさん

01月10日(Sat)

08時31分

間違って途中なのに送信してしまいました。
浜松の昼集会に伺う予定です。

10日現在の浜松の天気予報では晴れて降水確率も10%です。
ただ、午前中は若干雲が出るらしく、10℃を下回るかもしれません。

みなさんおっしゃるように風がそれなりにあると思います。
さらに会場は風除けになるようなものがほとんどない場所なので覚悟が必要かと。


みんなでジョギングしたくなるかもorz

ダン@BB編集部さん

01月12日(Mon)

01時52分

zooさん

コメントありがとうございます。
アップが遅くなり申し訳ありません。

いただいたコメントのように
風除けが無い場所でしたが、
日当たりがよく、いい陽気に恵まれましたね。

次のヒミツは少し暖かくなってきた頃に行う予定。
またご参加ください。

ダン@BB編集部


コメント投稿




雑誌紹介

BMWバイクスBMW BIKES

テーマは「BMWバイクを慈しみつつも使い倒すビーマーのためのアシストマガジン」。世界で初めて創刊されたBMWバイク専門誌(季刊)です。ドイツ本国をはじめ、アメリカやヨーロッパ各国との強力な連携を持ち、BMWバイクに関する話題を、深く、広く、わかりやすく誌面展開しています。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ