絶版バイクス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2008年08月01日  comments (3)

フルレストアではなく「フル磨き込み」によって、当時の雰囲気というか
「ヤレ感」を演出しつつ、それでいて快調に走ることができる完成形を
目指している桃尻リトルツインの復活リポートですが、いくら「磨き込みで!!」とはいっても、
絶対に譲れないの「スポークホイールの輝き」である。



 ホイールを分解して、スポークを一本一本磨き込んで組み直すこともできますが、
それではユニクロメッキ特有のあのフラットな感じの輝きにはなりません。
ということで、迷うことなくスポークに関しては新品部品に交換しました。

 分解バラバラで磨き込みによる組み立てを実践するとは言っても、
黒色ペイントや銀色ペイント、そして、ユニクロメッキはできる限りやり直すことで、
完成車の輝きが実にイイ感じになります。
 ペイントプロショップでお馴染みのドリーム商會代表でホンダミニファンの小島さんも、
大好きな70sホンダミニの仕上げ時に、いつもそうしているお話を聞いていました。
そもそものベース車の程度がそこそこ良ければ、そんな仕上げが可能になりますので、
やっぱりベース車選びは重要ですよね。

 ということでタイヤを取り外したところビックリ!! 



リムの内側に目立ったサビがまったく無し!! おそらくパンク経験が無かったのでしょう。
タイヤ交換も無かったのかな?

 で、肝心のスポークですが‥‥‥‥


ヤマハ純正部品の在庫有無を確認する前に、
スポークのプロである茨城のフェイスを主宰する鈴木さんに相談してみた。
すると、僕が伝えた実測寸法に、ほぼドンピシャのスポークの在庫が、
偶然にもフェイスにあったのでそれを購入させていただいた。


 リアはヤマハの純正部品。AX125の部番ではありませんが(H3の様子)、
段付き、寸法、首角度もばっちり。フロントに関しては、スズキコレダのK50系を流用することに。
コレダ用はスポークの寸法的にはバッチリでしたが、ニップルが太くてリム穴に刺さらない。
そこで、ニップルのみ旧部品を磨いて再利用することにした。
黄色クロメートの再ユニクロメッキに出そうかとも思いましたが、
マグロ症候群の僕は作業優先で組み立てを進めてしまったのであります。


 ということで、スポーク&リムの分解前にハブセンターに対して
リムセンターが合致しているかを実測確認。前後ともまったく問題無く「センター」だったので、
そのままバラして鉄リムは洗浄&花咲かGワックスで磨き、
ハブに関しては、ディスクグラインダー+3M製不織布ディスクでサクッと汚れ取りをして、
さらに自家製バフで磨いてなんちゃって鏡面仕上げに、そして、組み立て開始した。

 振れ取りに関しては、リアはサクッとセンターが出ましたが、フロントは段差に乗り上げた雰囲気で
リムがやや変形気味。リアは±0.2mm以内に入りましたが、フロントは±0.6?0.7mmの振れ。
ちょっと残念でしたがそれで良しとしました(安全走行に関する許容範囲には入っていると思います)。

 タイヤに関してはアジア製ミシュランのM35を迷わずチョイス。
サイズは前2.50-18、後2.75-18で、何より現在入手可能な同サイズのタイヤの中では、
個人的にもっともパターンがカッコイイと思ってます。
その昔、クラシックレースで使っていたミシュランM38PZ2コンパウンドのイメージと
オーバーラップする感じが懐かしいです。HS90にも履いていますが、
何ら問題なく前後で7千数百円も超嬉しいっす♪
 

このタイヤ交換時に大活躍してくれるのが「エアバルブ通し」工具だ。
幅細リムは特にチューブバルブの取り回しが大変なので、
この工具は絶対便利かつ、チューブにダメージを与えないのでお勧めです。
価格もリーズナブルなので、超オススメです。
静岡の大和工業さん で取り扱ってますので、ご購入をオススメします!!

 そんなスポーク張りを楽しんでいたら、原2仲間でB級グルメ部長のハルさんが
ガレージに遊びに来て下さった。愛車はガンマ400。スズキ系メーカー純正流用カスタムで
イイ感じに仕上がってましたね♪ 結構乗り込んでいるのにエンジンから異音も無く絶好調の様子でした。


 ということでリム組み完成。絶版車いじりでは、このリム組みが本当に楽しいです♪ 
↑撮影byハルさん↑


コメント一覧

なーべーらーさん

08月11日(Mon)

21時15分

はじめまして。いつも拝見させていただいてます。
M35のパターンは気に入ってるのですが、WEBなどで見ていると17インチだけだと思ってました。
私もちょうど2.50-18でいいタイヤ探していたので、近所のバイクショップに聞きに行ってみます。タイヤ専門店等でないと手に入らないんでしょうか?

たぐちさん

08月13日(Wed)

07時53分

なーべらさま
こんにちは。このタイヤは、いわゆるタイヤ専門店などでは販売されていないようです。私はアジア系パーツを扱うショップで購入しました。ネットオークションでも出品例はあるみたいですよ。

たこんぶさん

08月14日(Thu)

13時05分

こんにちは。
進んでますねぇ。

> M35
私も思わず、え?、なぜー?
と言ってしまいました。
サイズの関係でM45にしたのですが前後で9,000円を越えました。
かなり個性的なパターンで、お盆明けには換装できるかな?
と言う感じです。
それはそれで楽しみなんですけど。


コメント投稿




雑誌紹介

絶版バイクス絶版バイクス

「モト・メンテナンス」誌スタッフが送る、新コンセプトの旧車専門誌。70〜90年代まで多くの愛好家を魅了した「あの時代のバイクたち」と末永く付き合うために不可欠な情報を掲載。大型空冷4発はもちろん単気筒、レーサーレプリカ、原付2種、トレールなど魅力の絶版車ワールドがここに。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ